12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-06-13 (Mon)
とある方からのご厚意でGMサーベイメーター TGS-121(ガイガーカウンター)をお借りすることができたので、中野区内の数ヶ所を計測してみました。

まずは、測定機について。

下記リンクにあるTGS-131より一世代前の機種ですが、基本的な性能はほぼ同一と思われます。
http://www.hitachi-aloka.co.jp/products/data/radiation-002-TGS-131
アロカ社 日本製。

数値の表示方法もアナログ針で、僕が最初イメージしていたよりアナログな雰囲気の機械でしたが、後継機種のTGS131も含めてネット検索してみると、公共機関や学者に採用されていたり、値段もウン十万するという噂があったり、意外と悪くない機種であるようです。

下記リンクにも、各種の測定機の解説が載っています。
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/sokutei/sokutei.html

先日お会いした共産党の浦野区議が中野区内での放射線測定をしたというので話をうかがってみたのですが、中野区内で数値の高い場所では0.2μSv/hぐらいが出たということでした。

しかし、この機種で測ると、高い場所では0.4μSv/hぐらいの結果が出ることがよくあります。それにしても高いなと思ってさらに調べてみると、TGS131について、下記のような記載がネット上にありました。

ALOKA TGS-131で 0.6μSv/h、RADEXで0.30μSv/h。ALOKA TGS-131の測定値が他の倍になっていますが、TGS-131がβ線とγ線を計るタイプであるのに対し、他の2つはγ線のみを計るタイプであるからだと思われます。TGS-131はもっとも低い測定レンジが3μSv/hまでなので1μSv/h以下を測定するのに向かないという方もいますが、自分が行った2μSv/h までの測定では、TGS-131は常にγ線のみの測定機種の2倍くらいの値がでるので、レンジの問題ではないと思われます。TCS-171 とRADEX も測定値の2割程度の違いがあります。測定器の点検・校正をしないと、残念ながらこのようなことはあるようです。http://www.fm-iwaki.co.jp/cgi-bin/WebObjects/1201dac04a1.woa/wa/read/sq_12f8f2e5f83/
結局どういうことなのかはよくわかりませんが、機種の特性として、高い数値が出やすい傾向にあるということなのでしょうかね。

今回お借りしたカウンターについては、2010年の前半に検査機関で校正済みです。

また、先日都内でガイガーカウンターの持ち主が集っておこなわれた「ガイガーカウンターミーティング」にも出席し、いろんなタイプのガイガーカウンターとの計測数値を比較検証してきたそうです。その結果、1割ほど、高めの数値が出る傾向があるようです。

というわけで、やや高めの数値が出る傾向が強いようですが、特に補正はせず、数値はそのまま扱います。

・測定位置は基本的に自分のヘソあたり。地表1メートル強ぐらい?
・写真は、数値が高く出た瞬間の写真が多いので、常時その数値を示し続けているわけではない場合があります。
・γ線を測りました。
・単位はμSv/h

miyanodaijidoukanhoushanou8.jpg
今日は児童館がお休みです。ブログにはまだ書いていませんが、最近中野区教育委員会から「ブログを削除しろ」という手紙が来て、現在争っている最中です。児童館は教育委員会の管轄ではありませんが、この上また児童館とトラブルを起こすと面倒くさくなりそうなので、児童館が休んでいる今日、館庭をこっそり測らせてもらうことにしました。

(ただし、今日のブログも、あとになってから、中野区から「削除しろ」と言われる可能性を否定できません…。ブログ掲載時点では存在しなかった規則をあとから作り、その「事後法」をタテにして「ブログ削除しろ」と言うのが中野区教育委員会のやり方です。事後法で区民の言論を規制するなんて、そんなのアリ?)

中野区立宮の台児童館の館庭です。6月13日午後3時頃。朝まで雨が降っていた日。風はあまり強くなかったんじゃないかな。

miyanodaijidoukanhoushanou4.jpg
アンパンマン前0.2。下の黒い目盛りの1目盛りが0.2です。上の目盛りは気にしないでいいです。

miyanodaijidoukanhoushanou6.jpg
砂場の上0.4

miyanodaijidoukanhoushanou5.jpg
事務室の外側0.4弱

以下は、隅っこを中心にいろいろ測りました。
miyanodaijidoukanhoushanou7.jpg
0.4
miyanodaijidoukanhoushanou3.jpg
0.3
miyanodaijidoukanhoushanou2.jpg
0.2
miyanodaijidoukanhoushanou1.jpg
0.3ぐらい

大雑把な傾向として、敷地の隅っこに行くと数値が高くなる傾向があります。0.1強~0.2弱ぐらいの数値は、常時どこでも観測されます。築30年ぐらいの木造住宅である小宮山家では、室内でも0.2ぐらいでした。

狭い館庭ですが、測定数値は一定ではありません。放射線量の高いところもあれば低いところもある。同一の場所でも、高い時もあれば、低い時もあるようです。

同日同時刻に、新宿で計測された放射線量は0.059であると、東京都は発表しています。

そして、中野区では、隣の新宿区で計測をしている数値を参考にするので、中野区内では計測しないそうです。

繰り返します。

東京都発表の数値    0.059
宮の台児童館の最大値 0.4

約7倍近い差がついています。


もう一度繰り返しますよ。いつもならケチョンケチョンにこき下ろすところですが、今回は、冷静に、事実だけを伝えます。

中野区では、隣の新宿区で計測をしている数値を参考にするので、中野区内での独自計測はしないそうです。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(12) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。