12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

2011-06-07 (Tue)
放射線測定割れる対応
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110603-OYT8T00050.htm

福島第一原発事故を受け、23区や武蔵野地区で、独自に放射線量などを計測する自治体が増えている。都は「健康に影響を与える数値ではない」としているが、住民から不安の声が上がっているためだ。大田区の住民有志は2日、区に独自測定を求めて要望書を提出した。一方、あえて測定を行わない自治体もある。
 「大田区より原発から遠い神奈川県で、茶葉から基準値以上の放射性物質が検出された。親 としては不安になる」


 同区南六郷の会社員、山田豊さん(40)が訴える。山田さんは8歳と3歳の兄弟の父親 。賛同する区内の保護者約10人とともに、区による独自測定を求め、先月20日から署名活動を始めた。1800人分以上を集め、2日に区や区議会へ要望や陳情を行った。


 署名では、区内の学校や保育園などの土壌、給食で使われる食材、水道水などに含まれる放射性物質などの調査を区独自に行い、結果を公表することなどを求めている。


 区環境保全課は2日、読売新聞に対し、「これ以外にも様々な要望が来ている。区独自に測定することを検討している」と話した。


 住民の不安の声を受け、23区と武蔵野地区6市を合わせた29区市のうち、測定をすでに始めているか、今後予定しているのは18区市に上る。足立、葛飾区、武蔵野市はすでに測定を始めており、調布市は3日から始める。渋谷、世田谷、杉並、練馬区、狛江市なども今後予定している。


 これに対し、中野区は5月26日、田中大輔区長が「現在のところ、独自に放射線量を測定するつもりはない」と記者会見で述べた。田中区長によると、中野区に隣接する新宿区に都の観測地点があり、結果が公表されているため、その数値を参考にするという。


 新宿区や、独自調査をしている東大が区内にある文京区も同じような理由で測定しない。荒川区は「都や東大、独自測定している足立区の結果を参考にする」とし、三鷹市は「職員に測定のノウハウが十分にあるわけではない。的確な分析をしないと、かえって不安を残す」として調査しない方針だ。


 一方、北区では「簡易な計測器で測定した結果が、かえって混乱を招く恐れがある」として独自に測定するかどうかまだわからないという。目黒区や墨田区も、区独自に放射線量の計測が必要かどうかを現在、検討している。


(2011年6月3日 読売新聞)


新宿では地表18メートルで測定しており、比較的低い数値が出やすいこと。

放射能は、下記に述べるように、まだらに広がる性質があるため、地域ごとに測定することが望ましいこと。

何はともあれ、区民に正しい情報を与えること。

たいした経費はかからないこと。

などの理由から、私は、中野区でも放射能測定をするべきであると考えています。

下記記事は武田邦彦中部大学教授のブログからの転載です。
http://takedanet.com/2011/06/post_a0b0.html



3つのホットスポット 




放射線を発する元素を「ホットアトム」と言います.もう少し専門的に言うと、放射線を出した元素は、その直後は特別な状態にありますので、それを「ホット」と呼びます(学問的用語).


一方では、福島原発からの放射性物質は重さ形も「火山からの噴煙(灰)」のようなものですから、風にながれて、まだらに地表に落ちました。これを「ホットアトムが多い場所」という意味で「ホットスポット」と呼びます.

4月からこのブログでも呼びかけて来ましたが、それを整理してみました。

・・・・・・・・・


【ビッグ】


今回は福島原発から西北に流れ、福島市まで行ってから南に流れ、二本松、郡山に達しました。


学問的には今後の研究によって明らかになると思いますが、4月初旬に放射線の増え方を見ていたら、その後、白河や宇都宮の横を流れ、柏市から松戸、三郷、葛飾、浅草、文京から新宿まで流れたような感じでした。


4月にこのような地域から「地面の放射線が強い」など読者からのメールをいただきました。


・・・・・・・・・


このような放射性物質の流れは、1000メートルということではなく数100メートルの高さのようで、山は越えられないようです。また、下降気流や雨、ビルへの衝突や気流の乱れなどで、ときどきまとめて地表に降りたようです.


このような場所を「ホットスポット」として意識すれば、被曝を少なくする手段があることになります。


・・・・・・・・・


【ミニ】


さらに、地表に降りる時に、これもまた気流の関係で「まだら模倣」になり、福島の小学校でも校庭の放射線が強い場所と弱い場所がありました。


5月になると、さらに地表に落ちた放射性物質が雨、風や人間の靴などによって運ばれて「二次的に集まる」ようになり、そこに「ミニ・ホットスポット」が出来ました。


つまり、


1) ビッグ・ホットスポット


2) ホットスポット


3) ミニ・ホットスポット


の3つがあります。このことを先日、「女性自身」(週刊誌)で説明しました。


・・・・・・・・・


【被曝の下げ方】


本当は政府(自治体ではない)がやらなければならないのですが、国会がああいう状態ですから、市民と自治体が「命を守るため」に緊急出動しなければなりません。


子供は誰かが守らなければならないからです。大人が犠牲(大した犠牲ではなく、法律的にできないとか、自分の職務ではないという程度のもの)になったほうが良いでしょう。


1) ビッグ・ホットスポットに入っている人たちは、「除染する」、「コンクリートの建物にいる時間を長くする」、「時々、日曜日などは日本海側に休みに行く」などが大切です.


2) ホットスポットの中にいる人で、サラリーマンは朝、出勤してホットスポットからのがれますが、家庭におられる人は、「できるだけ放射線の少ないところに買い物や遊びに行く」、「家の回りだけでも雑草を取り、土の表面を少し削り、掃除をする」などが良いでしょう.


3) ミニ・ホットスポットは地図を作り、特に危険な箇所には黄色い枠などをするのも良いかも知れません。これには自治体や地域のご協力がいるでしょう。表土を除いて校庭の放射線が10分の1になった郡山市の小学校でも、溝の舛のところは、私が測ったら10倍もありました。こんなところは黄色い枠でもしておくと、児童が気をつけるでしょう。


問題もいくつかあります。


ビッグ・ホットスポットのご家庭はある程度、掃除をしたら周囲に全体的に放射性物質があるので、線量が下がらなくなります.その後は、少しずつミニ・ホットスポットを見つけて除染すること、「法律では放射性物質を取り扱う責任は国にある」ということをことある毎に国に言うことでしょう。


ホットスポットにあたるところは、自治体や商店街が中心になって除染を進めることです。


「どこが汚染されているか判ったら客足が止まる」など大人の都合を優先せず、「被曝する子供達を少しでも少なくするために、大人が犠牲になる」ぐらいの気持ちになってほしいものです。


また、正確な測定値ではないとなどと、理屈をこねていると、その間に子供達が被曝します。少しいい加減でも実行が大切です.


・・・・・・・・・


いずれにしても、放射性物質は「噴煙の灰」ですから、それが目に見える(本当は見えませんが)ようにお父さん、お母さんが感じることができれば、今後も状態が変わっていきますから、良いと思います.


なにしろ、郡山の小学校のように、「除染したら何分の1」、「溜め舛に近寄らなければ何分の1」になるのですから、積極的に考えて「被曝しない貯金」を増やしてください。


・・・・・・・・・


空気中の放射線は激減しましたので、マスクは要りませんが、「かつて空気中にあった粒は、同じ量が地面に落ちているのですから、


1) 子供を地面に近づかせないこと、


2) 風の強い日は地面の放射性物質がまき散らされるのでマスクをする、


3) 雨の日は地面の粒が流れて水たまりに移動するので子供が水たまりで遊ぶのを注意する、


4) 母乳の人は自分が吸い込むと赤ちゃんに行きますから、気を配ってください。放射線は注意をすれば怖がることもありません、


などが必要です。


(平成23年6月3日 午前8時 執筆)


武田邦彦


上記によると、新宿まで、強い放射能が流れてきた可能性がありそうです。新宿に来たのであれば、当然中野区にも来ているでしょう。

下降気流や雨、ビルへの衝突や気流の乱れなどで、ときどきまとめて地表に降りるのであれば、中野坂上あたりのビル群などは不安を感じます。でも、中野区は、都心に近い割には、意外と高層建築は少ないですね。

谷のような、窪んだ地形のところがあやしいという話も、どこかで読んだ気がします。ということは、下記の「中野区洪水ハザードマップ」の危険地帯と、ホットスポットがほぼ同一になる可能性も否定はできません。
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/508000/d002981_d/fil/hazardmap.pdf

と、私が上に書いたような、根拠のない不安、憶測、デマ、妄言虚言をこれ以上広めることなく、正しい情報にもとづいた正しい行動をとることが必要だと思うのですが、正しい情報が入ってこない以上、憶測でモノを言うことしかできません…。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。