12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-16 (Mon)
2008年(平成20年)3月。仲町小学校が廃校になりました。

2009年(平成21年)12月。跡地利用の基本方針が決まりました。

それに基づく大規模なリフォーム期間を経て、

2010年(平成22年)7月。中部すこやか福祉センターが開設されました。

小学校が廃校になることは何年か前から決まっていたのですから、跡地利用方法を決定するまでの1年半は無駄な時間だったのではないのでしょうか???

あそこには、有効活用されていない空間がたくさんあるように思われるのですが、何かもっと有効活用できる方法はないのでしょうか?認証保育所の誘致などできないのでしょうか???




最近、「中部すこやか福祉センターにあるフットサルコートみたいなのはどうすれば使えるの?」と、知り合いに聞かれました。

知り合いの知り合いか、または知り合いの知り合いの知り合いがフットサルのコーチみたいなことをしていて、各地を巡回しては子どもたちにフットサルを教えているそうです。

中野区にフットサルのコートがあるのなら、そこで子ども達にフットサルを教えることができないだろうか、と考えたそうです。

早速、中野区の学習スポーツ分野のスポーツ担当者に連絡をとってみました。

あのコートはどうすれば使えるんですか?

「検討段階です」

検討段階って、あの施設ができてからもう1年近くたってるでしょうが。

「震災の影響で…」

は?震災の影響って、どんな影響?

「夏場の電力需要が厳しいので…」

夜はともかく、昼間のフットサルコートに電気は使わんでしょうが。

「現在調整中でして…」

だから、さっきも言ったように、あの施設が完成してから1年。計画段階から数えればもう2年ぐらい経ってるはずでしょうが!いったいいつまで調整してるんですか????

じゃあ、いったい、いつになったらその調整が終わるんですか?

「いつになるかもわかりません…」

フットサルコートの隣には体育館もあるのですが、その体育館も、原則として貸し出しはしていないそうです。

仲町小学校の廃校から3年。

中部すこやか福祉センター開設から11カ月。

いったい何をモタモタしてるんですか??


すでにある施設を有効活用できないのは、金銭的な出費がなくても、税金の無駄遣いであると僕は考えています。

あのコートを整備するには、多分1千万円単位の税金が投入されているはずです。それなのに、1年近くも利用することができないなんて、おかしいんじゃないの????

議会での発言力が極端に弱い無所属議員に何ができる!ということを言われることがたまにあります。

でも、こういう重箱の隅をつつくような問題点の洗い出しが、僕は大得意なんです。

フットサルコートの貸し出しには、議会での議決は必要ないはずです。

今後も引き続き、フットサルコートと体育館の開放に向けて、動いていきたいと思います。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。