12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-31 (Thu)
「選挙をやっている場合ではない」というご意見もよくわかりますが、都知事選が始まった以上、中野区議会議員選挙も予定通り始まることでしょう。

この自粛ムードの中、「自粛選挙」をするとしたら、4年間の実績がある現職が圧倒的に有利。何らかの方法で自分をアピールしなければならない新人は圧倒的に不利です。

また、たとえ新人候補でも、選挙活動しようとしまいと投票をしてくれる、盤石の組織のある政党候補者は圧倒的に有利です。まともな組織の無い無所属候補者は、不利どころの話ではありません…。

投票率もきっと落ちるでしょうから、やはり、雨が降ろうと槍が降ろうと投票に行く、盤石の組織のある政党候補者が圧倒的に有利になってしまいます…。

無所属は不利、新人は不利という情勢の中で、元区議会議員候補者の自分にとっても、相当厳しい選挙になることは間違いありません…。






そろそろ選挙関連のいろんな準備を始めています。

選挙用の公式掲示板に貼られるポスターには、ポスター作成代のほぼ全額がまかなえてしまうほどの公費補助が出ます。

いくら補助金が出るとはいっても税金なので、なるべく無駄遣いはしたくないと思っています。なので、前回区議補選で、僕は、安い紙のポスターを作って、裏面に自分で両面テープを貼って、四隅を画鋲でとめて、掲示板に貼りました。

ところが、選挙告示から数日目に雨が降って、紙製のポスターがシワシワにゆがみまくってしまいました。

ゆがんだところから破けてしまったポスターも多く、選管から連絡が来るたびに、僕が自分で貼り直しに行ったり、スタッフが貼り直しに行ったりしました。

ちなみに、僕以外に区議補選・区長選に約10人の立候補者がいましたが、僕以外の候補者は全員、安い紙ではなくて、高いビニール紙製のポスターを作っていました。僕のようにゆがんだり破けたりしている人は、誰ひとりいませんでした。「あのポスターは、見ていて涙が出てきた」と、僕の身内は今でも言います。


でも、さすがに今回は、僕も、前回の教訓を生かし、ビニール紙製のポスターを作ろうと思います。

裏面に両面テープを貼るのはかなりの手間がかかりますので、裏面全面シール貼りにしようと考えています。

前回もお世話になったデザイナーさんを経由して、中野区近辺の印刷会社に見積もってもらったところ、30~40万円ぐらいかかるということでした。(計算ミスであったことが後日判明。でも10万円以上でした。)

さすがに高いな…。と思ってためらったのですが、念のため、インターネットの印刷会社を適当に検索してみると、同じような品物が5~10万円程度でできることがわかりました。

しかし、さらに細かく調べてみると、裏面シール貼りの紙の在庫がどこにもないのです。

ただでさえ、ポスター需要の高まる選挙の時期であることに加えて、震災によって、シール紙製造に関する何かの工場が被災してしまったようなのです。なので、どの印刷会社も、手元にある在庫分のみを受け付け、新規依頼の受付は中止しているような状態でした…。

あわてて10件以上の印刷会社を調べましたが、どこも軒並み在庫切れ。「もうどこにも無いと思いますよ」とまで言われてしまいました…。

むむむ。困った…。また、両面テープ貼りの夜なべ仕事をしなければならなくなりそうです…。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。