12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-21 (Mon)
itoumasanobu4.jpg
少し前のニュースですが、東京都でも、救援物資を受け付け始めました。(その後、中野区でも、東京都への中継を始めました。)

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3hd00.htm

受付に関するお問い合わせ
 受付に関するお問い合わせ(受付品目や送付先等について)は、<救援物資受付コールセンター>までご連絡ください。
 【電話番号】03-5320-4585(平成23年3月18日から)
 【受付時間】午前9時から午後6時まで


1 受付品目(新品未使用のもの)
赤ちゃん用品
熱さまシート、紙おむつ(新生児S、M、L、ビッグサイズ)、おしり拭き、ベビーローション、ベビーオイル等
高齢者用品
大人用紙おむつ、介護用ウェットシート、介護食用とろみ剤等
生活用品
コンタクトのケア用品(洗浄液、コンタクトケース)、使い捨てカイロ、生理用品、紙コップ、サランラップ等
飲料水
※一度開封した物は、受け付けできません。
※食料品、衣料品については、現段階では受付を行っておりません。

2 受付場所
(1) 個人の方
 東京都庁第二本庁舎1階中央「東北地方太平洋沖地震救援物資」受付窓口
 〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1
※個人の方の受付は、上記窓口のみとなります。


都庁まで持って行くのが面倒だという方は、思い出洋品店までお持ちいただければ、僕が責任を持って都庁まで運びます。

また、この記事を書いた後、中野区でも、東京都への物資提供の中継を始めたそうです。



個人レベル、組織レベル、行政レベルなど、さまざまな段階で、いろんな人が動こうとしています。

僕も個人で募金活動を始めようかと思ったこともありましたが、募金活動をする時間があればその分働いて、稼いだお金をどこか信用できるところに募金した方がいいということに気づき、募金活動はしませんでした。

今、募金窓口はそこらじゅうにあるので、あえて、駅前などに立って募金活動をすることに、それほど大きな意義は無いと僕は考えています。駅前で募金活動をする時間があれば、その分働いて、日本経済を前進させ、金を稼ぐべきです。

政治家として、こんな時にどう動くべきなのかということを、この数日間ずっと考えていました。今の僕は、政治家ではあっても、区議会議員ではありません。僕はこれまで、区の指揮系統や区の方針に割って入ってケチをつけるという活動をずっとしてきましたが、今は政治批判や行政批判をしている時ではないと判断し、中野区のすることをじっと見守っています。

区議会議員であれば、区の中枢から、正確で最新の情報を引き出し、それを広めるといった広報的な役割もできると思いますが、今の僕が区にいろんな問い合わせをすることで、区の業務の妨げをすることは避けたいと思い、あえて、中野区に直接的なコンタクトはとっていません。

中野区では、廃校になった東中野小学校跡地に、150人収容可能な避難施設を設けたものの、現在の利用者は7名とのこと。杉並区に娘さんがいらっしゃる一家族だそうです。ここの現状がどうなっているかも気になるけれど、今、区議会議員ではない僕が野次馬的な動きをすることで被災者の平穏やプライバシーを崩すことは避けようと思い、こちらも動いていません。

今は、アレコレ批判をしている場合ではありません。「まず、今何ができるのか」を考えて、できることをやっていくべき時だと考えています。

とりあえず、今は、アレコレする権限を実際にもっている区議会議員さんに、がんばってもらいたいと思います。なので、僕は、今の段階では、あまりアレコレ言わないようにしようと思っています。今は、在野にいる僕がスタンドプレーをして、区の業務の邪魔をするべき時ではないと考えています。

今は、ガンバレ日本!ガンバレ東北!ガンバレ中野区議会議員!

自分は、一区民の立場から、自分にできることをしていきたいと考えています。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。