12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-26 (Sat)
23日に保育園の入園審査発表がされました。

いい機会なので、約1年前の当ブログに書いた「中野区立保育園必勝法」を、長くなりますが再掲載(正確には再々掲載)します。

保育園の入園審査基準は、22年11月にマイナーチェンジしていますので、一部、現状と合わない部分がございます。近日中に、マイナーチェンジに対応した「中野区立保育園必勝法 改訂版」を掲載します。

------------------------------------------

AERAの「保活」に関する記事がネットに載っていたので、長くなりますが全文引用します。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100308-00000002-aera-soci

「保活」勝った人負けた人
AERA3月 1日(月) 12時10分配信 / 国内 - 社会
──まさか自分が、あの人が、という落選が続出している。
就活よりも婚活よりも、いま最も難しいのは「保活」かも。
第1希望の保育園に入れた人は、何をしたのか。──

 出勤前、覚えたてのバイバイを子どもとやりあっている夫に、1枚の紙を差し出した。
「写すだけだから」
 区立保育園の入園申請の書類につける手紙の下書きだ。
「専門知識を持ち指導的立場にある妻が仕事を続けるため、ぜひ入園を……」
 しめて400字からなる、夫からの嘆願書。
 文京区に住む会社員のマリさん(34)は、手紙が審査にプラスになるという噂を妊娠中に知った。ところが、最近はみんなが添付するから差がつかないらしい。夫婦それぞれ1通ずつ手書きするべし、というのが最新情報。働く妻を応援する夫の手紙は効果大らしいが、夫に書けるはずもないから自作自演。昼休みにスタバで清書してもらう。
「印象が悪くなるかもしれないから、修正液は使わないでね」
 と念押しした。

■育児ノイローゼのふり

 文京区の入園審査はポイント制で、「両親がフルタイムなら20点」などと指数化されている。手紙は指数に関係ないとわかっているけど、0・01%の可能性にも賭けたい。いま通う事業所内託児所は保育料と交通費で月10万円を超える。区立だと月3万円台になるし、子連れ電車通勤ともサヨナラできる。
 厚生労働省によると、保育園に申し込んだのに入園できていない子どもは、昨年4月1日時点で2万5384人。不況で働く親が増えた影響などで前年より3割も増えた。ただ、これはあくまで国が定めた基準を満たす認可保育園の空きを待っている人数で、認可外の保育施設に預けている人は含まれない。働きたいので預けたい、という潜在的ニーズも合わせると、待機児童は85万人とも推計される。
 さらに今年は「昨年より厳しい」という声があちこちで聞かれる。2月下旬、4月入園不可の通知に落胆した親は少なくない。わずかな定員に滑り込むには、就活ならぬ「保活」で万全の準備をしなければ──。職場の上司の一筆、役所の保育課への日参はすでに常識。ペーパー離婚してシングルマザーになる人、育児ノイローゼのふりをする人までいる。
 選考基準を公表する自治体が増える一方で、自治体によって何が入りやすいかの基準が異なるから余計に混乱する。都内のある区は「居住期間の長さ」を考慮するが、高齢出産が優先される区もあれば、「区長が特に必要と認める場合」は指数に関係なく優先される区もある。

■ライバルの持ち点推計

 公表されている選考基準を冷静に分析して保活を制したのは、江東区に住むマキさん(32)。
「毛玉だらけのユニクロのフリースで保育課に通った」
 という先輩ママの武勇伝が通用したのはひと昔前まで。江東区は共働き世帯が増え、夫婦ともフルタイムでポイントが満点でも安心してはいられない。同点の場合、ひとり親や双子といった事情に応じてつく「調整指数」で順位が決まる。とにかく調整指数を稼がなければ。
 希望する園に兄姉が通っていれば調整指数が2点つく。1人目の子は不利だ。児童館に集まるママたちから、狙う園や兄姉の有無をさりげなく聞き出した。ブログやツイッターもチェックして、ライバルの「持ち点」を推計。第1希望の園には、兄姉がすでに通っている人が多く申し込みそうだと突き止めた。
 どうすれば勝てる?
 子どもを預けて復職していれば2点。これしかない。職場復帰を早め、半年だけ認可外の保育園に預けた。ギリギリ、第1希望の区立園に滑り込めた。
 園によってはマキさんより指数が高くても入れなかった人もいる。江東区は待機児童数が都内ワースト1になった2007年から、38園を新設して定員を約2000人増やした。それでも共働きや人口の増加に追いつかない。
“合否”発表直後、区役所には内定をもらえなかった親たちが詰めかけた。電話も鳴りっぱなし。速水俊成保育課長は、
「これからどうすればいいか、と尋ねられるが、解決法がない。生活が変わってしまうのは本当に申し訳ない」
 子どもを預けられなければ親は働けず、職場にもしわ寄せがいく。
 社内No.1営業マンとして表彰されたこともある、リクルートエージェントの森本千賀子さん(39)でさえ、保育園に入れないせいで職場に戻れなかった。
 次男が8カ月のとき復職しようと昨年12月、中央区の区立園に申請したら、すでに400人が待機中。入園がかなうまで会社には復職を待ってもらった。
 4月の入園でようやく内定を取れたのは、第6希望の私立園。復職のめどはついたが、自宅から遠いのが悩ましい。
「育休前は7時半に出社して仕事を消化してきたけど、これからどうなることか……」

■高い年収が不利に

 杉並区のサトミさん(40)も第3希望の区立園まですべてダメで、育休を延長せざるをえなくなった。会社の制度で育休は2歳まで取れる。次女が1歳半での復職を予定していたが、年収の高さが不利になった。
「働いて稼いだほど不利だなんて。税金も多く納めてるのに」
 子どもが2人いる同僚にこぼすと、叱られた。
「甘いわよ。時代が変わったんだから」
 彼女は第1希望の区立園に内定し、9月までのはずだった育休を切り上げるという。国や会社が制度を整えても使えないなんて矛盾してる、と思う。
 しかし、不況で企業にも余裕はない。昨年は「育休切り」も表面化。いつ戻るかわからない社員のポストを空けておくわけにはいかない。戻る職場がなければ保育園の内定も返上だ。もはや育休切り上げしか保活に勝つ方法はないのかもしれない。
 生活も職場も、保育園に振り回される。認可外の園をいくつも押さえて「保険」をかける人が多いから、内定を取れなかった人でも「繰り上げ当選」や「滑り込み」もありうる。そして保活は第2ステージに突入する。
〈保育園全滅!〉
 人材会社を経営するエツさん(41)が友人にメールすると、すぐ返信がきた。
〈区役所に電話して何番目で落ちたか確認を。希望した園に入れた人の最低指数も聞いて!〉
 自分の「偏差値」を探り、二次選考に向けてただちに保活せよ!との指令だった。
 住んでいる世田谷区では、入園を希望する0歳児が昨年より約100人も増えた。早めに認可外の園を押さえればよかったのだが、昨年から会社の経営が厳しくなり、妊娠中も仕事に追われた。「保育園やばいよ!」と友達に言われて見学したのが出産直前。4月に数人できる空きを100人近くが待っていた。めぼしい園は予約で溢れ、見学すらすぐにはできなかった。
 家で子どもを預かる保育ママも11人に断られ、残るは幼稚園教諭の免許を持つ知人に預かってもらうぐらい。仕事との両立だけで不安なのに、保活を続ける気力を保てるだろうか。

■出産嬉しいはずなのに

 2月に復職した弁護士のカナさん(33)の財布からは、千円札が瞬く間に消えていく。保育ママ宅まで長女を送迎するタクシー代は片道3500円。区立園に入れるまで2カ月間の投資だと割り切っていたが、内定を取れなかった。このままだと交通費だけで月15万円。長女を抱いてタクシーを降りるとき、領収書を必ずもらってオムツ入れの内ポケットにしまう。区役所に直談判するつもりだ。
 育休に入ってから保育園の見学を始めた港区のヨシオさん(37)は、出遅れた焦りから、引っ越すしかないと思い詰めた。港区がダメなら、入園しやすいのは? 6カ月の長男をあやしながらインターネットで200倍のUR賃貸住宅に申し込み、当選したときは夫婦で喜んだ。でもよく考えると、これで区立園に入れる保証はないし、2万円アップの家賃もキツい。結局、住宅はキャンセル。冷静さを失っていたと今ならわかるが、とにかく必死だった。
 第5希望の区立園の内定が取れ、ひと安心。自転車で20分かかるが、入れただけで御の字だ。でも、ふと思う。
「なぜ戦いなのか?」
 子どもが生まれて嬉しいはずなのに、この1年は不安と焦りでいっぱいだった。情報に踊らされ、心身ともに疲れ切った。
 保育園に入れない。そのことが生活や職場、人間性まで変える。ある区の入園相談窓口では、
「火をつけてやりたい」
 と吐き捨てた母親もいたという。(文中カタカナ名は仮名)
ライター 三宮千賀子 編集部 小林明子 写真 今村拓馬
(3月8日号)


この記事の評判をインターネットで見てみると、「極端な例を大きく取り上げすぎだ」「そんな話は聞いたことがない」という意見も一部にはありました。まあ、たしかに「職場の上司の一筆、役所の保育課への日参はすでに常識。ペーパー離婚してシングルマザーになる人、育児ノイローゼのふりをする人までいる。」というあたりなんか、自分の周囲では聞いたことがありませんし、ちょっとあやしいなという感じはします。

aera1.jpg

それはさておき、ちょうど保育園の入園審査結果が出た時期なので、中野区の保育園や、ベビーサロン中野や、大吉が通っていたベビーメイトや、マメールなど、民間の保育所などの情報を求めてこのページにたどりつく人もいらっしゃるようです。

この時期に民間保育所を探す方は、希望していた保育園には入れなかった方がほとんどだと思います。さぞかしお困りのことでしょうし、ウチも以前は待機児童の1人でしたので、その不安な気持ちはとてもよくわかります。何か力になれることがあればと思い、中野区の保育園待機児童問題については、以前からこのブログで取り上げています。

以下は、以前このブログに書いた記事なのですが、AERAの記事を長文引用してしまったため、バランスをとるためにも再掲載しておきます。
aera3.jpg
大吉は、中野区立宮の台(宮ノ台)保育園に通っています。宮の台(宮ノ台)保育園は、自宅から一番近い保育園です。

大吉は9月生まれですから、育児休暇を1年とって、満1歳になった頃に保育園に入れたいというのが理想でした。

大吉が満半年を過ぎた頃、中野区立保育園について調べ、入園申し込みをしてみました。
申し込み自体は、ほぼ毎月のように受け付けています。

大吉の時の数値は忘れてしまいましたが、本日現在のところ、中野区立宮の台(宮ノ台)保育園1歳児クラス(定員12名)に入園希望をしている児童(=待機児童)は25人。25人といっても、他の園とかけもちで入園希望をしている人もカウントされていますので、全員が宮の台(宮ノ台)保育園を第一希望にしているとは限りません。

定員の倍の人が入園希望をしていますが、この待機児童が入園できる可能性はまずありません。誰かが1人入るためには、誰かが1人保育園を辞めなければならないからです。せっかく入った保育園を辞める事情といえば、引越しか、失業か、その他のトラブルぐらいしか思いつきません。引越しや失業やトラブルを抱える人は1クラス12名のうち、年に1名もいればいい方でしょう。

なので、定員12人のところに25人が入園希望しているわけではなく、実質的に定員1名のところ、25人が入園希望していると考えていいと思います。年度始めの6月でこの状態ですから、年度末になると、その人数や倍率は相当な数に増えているはずです。

こんな状況の中で、大吉が、年度途中から宮の台(宮ノ台)保育園に入るのは絶望的でした。
次年度には、定員が3人増えて15人になりますので、次年度の4月の入園可能性は少し高くなります。

aera5.jpg

中野区立保育園の入園審査は、いろんな状況を点数化して、点数によって行われます。
居宅外で週5日昼間7時間以上働いていると1人10点。夫婦で20点。たいていの共働き家庭はこの条件をクリアしているはずなので、ここではまったく差はつきません。


その他、長期入院中の人や、障害手帳を持っている人や、災害で家屋が損傷している人なども点数は上がりますが、それはやむを得ないことなので、ここでは特にふれません。

意外と大きいのが、兄弟姉妹がすでに同じ園に入園している場合の1点です。この1点は、シングルマザー世帯や、シングルファーザー世帯や、生活保護世帯よりも優先されるはずなので、まず、ここで大きな差がつきます。

今回、春子の保育園入園が決まったのも、この1点のおかげだと思います。

-------------------------------
と、今まで思っていたのですが、読者の方からのご指摘を受けてあらためて調べてみたところ、下記のような加算調整指数があることが判明しましたので、訂正させていただきます。訂正内容がわかるように、過去の記述はあえて残しておきます。前後の文脈に少しかみ合わない部分がありますがご了承ください。ご指摘ありがとうございました。

加算調整指数
1 ひとり親世帯及びこれに準ずる世帯 1世帯当たり+2点
2 生活保護世帯及びこれに準ずる世帯 1世帯当たり+2点

父又は母が死亡、行方不明、離婚、単身赴任その他の状況により不存在と認められる場合は、当該父又は母の指数は、1人当たり10点とする。

------------------------------

次に、差がつきやすいのが、点数化されない諸事情の勘案です。
・生活保護世帯(上記のように、現在は点数化されているようです)
・ひとり親世帯(上記のように、現在は点数化されているようです)
・同居児童がすでにどこかの園に入園済みの世帯
・認可外保育室等に当該児童を預けている世帯
・保育料の階層が低位の世帯
・課税額が低位の世帯 
ほか略

といった諸事情です。

シングルマザーやシングルファーザーは最優先されるものと思っていましたが、点数にはカウントされないんですね。アエラに書いてあるようなペーパー離婚などのケースが実際にあったのでしょうか?

上記の中で、「認可外保育室等に当該児童を預けている世帯」だけは、唯一、努力次第でクリアできる条件です。なので、大吉はそれを狙うことにしました。

4月入園分の申し込みは12月末に締め切られますので、妻が12月から仕事復帰して、大吉を認可外の保育所に預けることにしたのです。

認可外の保育所なら、お金さえ出せばいつでも入れるだろうと思っていました…。

…ところが。そうじゃなかったんです。

aera2.jpg

早速、自宅からそう遠くない場所、新中野の杉山公園近くにある東京都認証保育所「ベビーサロン中野」に、話を聞きに行ってみました。大吉1歳の秋のことです。

ですが、すでに定員いっぱいで、大吉が入ることはできませんでした。

今年度の場合、今、6月の時点で定員いっぱいになっているようなので、秋の段階で入れるわけがありません。

困りました。お金さえ出せば民間の保育所に入れると思っていたのに、お金を出しても入れないのです。本当に困りました。

区役所に行って、他の民間の無認可保育所の情報を貰ってきました。

我が家から無理なく通える範囲にある無認可保育所は、中野新橋エリアに2軒ありました。

ひとつは中野新橋にあるマ・メール。平成18年に開園したばかりの民間保育所です。

施設は新しく、webカメラなどの施設も充実しています。先生方もたしか若かったような気がします。新しい園だけあって、イベントや行事も多く、やる気を感じます。マンションの一室にありますが、マンション前の駐車場を園庭がわりにして、夏にはビニールプールを出して遊べたりもします。食事は栄養士さんが作ってくれます。設備やスタッフが充実しているだけあって、料金も安くはなく、1ヶ月預けると、8~9万円かかったような気がします。

もうひとつは、同じく中野新橋の駅の近くにある、ベビーメイトです。2DKのマンションの一室にあります。元気のいいベテランのおばちゃん先生が、暴れる子供たちを容赦なくしかりとばす雰囲気の、おおらかな感じのところです。長年営業しており、学童保育所的な役割を果たしているため、放課後の小学生がテーブルで宿題をしたりしています。宿題を終えた小学生や、他の年長さんが自発的に小さな子の遊び相手をしてくれますので、子供同士による一種の「自治」があります。

若くて、設備がキレイでやる気があるマ・メールか。
ベテランにお任せできて、値段もマ・メールよりは安いベビーメイトか。

迷いに迷いましたが、結局、大きな決め手もないまま、駅から近いのと、値段が安いので、ベビーメイトにお願いすることにしました。

ベビーメイトの料金は、昼間1ヶ月預けて5万5千円程度でした。

というわけで、入園審査のポイント稼ぎ&妻の仕事復帰のために、大吉は中野新橋のベビーメイトに預けました。

大吉が1歳2~3ヶ月の12月頃のことです。

12月の新年度申し込みには、ベビーメイトに預けているという証明書?領収書?を発行してもらい、申し込み書類に添えて申し込みました。

ウチの場合、収入が高くないため、点数化されない諸事情のひとつである「課税額が低位の世帯」「保育料の階層が低位の世帯」にも該当しますので、それも審査の際には考慮してもらえたのかもしれません。

本当は、両祖父母が遠方にいることも考慮してほしかったのですが、近くにいても頼れない場合があったりするそうなので、それは考慮対象にならないそうです。雨が降ろうと槍が降ろうと、夫婦が風邪で共倒れしようと、何があっても夫婦2人だけで育児している我が家としては大いに不満があったのですが、他の自治体でも祖父母遠方を考慮する例はあまり無いそうです。

そして、春がきて、大吉は、晴れて第一希望の宮の台(宮ノ台)保育園に入園が決定しました!!待機児童が数十名いる中で、定員3人の枠に入れたのですから、本当に本当にラッキーでした。

とはいえ、ウチが喜んでいる陰で泣いている人も大勢いるはずです。当事者にしかわからないつらさも、自分はよく知っているつもりです。なので、このブログでは、これからも、中野区の待機児童問題について取り上げていくつもりです。
aera4.jpg

---------------------------------------

ここから先は2011年に加筆するものです。

意外と大きいのが、兄弟姉妹がすでに同じ園に入園している場合の1点です。(中略)まず、ここで大きな差がつきます。

今回、春子の保育園入園が決まったのも、この1点のおかげだと思います。


ということを、上記文中に書きました。

そして、春子がいる0歳児クラスのクラスメイト9人のうち、兄姉が在園中の人は、4~5人います。兄姉が在園していない状態で0歳児クラスに入るのは、本当に狭き門なのです。

ちなみに、宮の台保育園の総定員は93名ですが、宮の台保育園を利用している世帯数は77世帯です。

何を言いたいかというと、2人目3人目を計画していて、なおかつ、うまいこと保育園に入れた人は、上の子が保育園在園中に、2人目、3人目を作るようにした方がいいということです。

保育園入園の悲喜こもごもを知らない人の中には「そんなことまでしなくちゃいけないのか!?」と言う人もいるでしょうが、そんなことでもしなくては、安心して保育園に入ることもできないし、働くこともできないし、働かなくては生活することもできないのです…。

こんなの絶対におかしい!!と僕もそう思います。
dragonball1.jpg
中野区を、もっと子育てしやすい街にするために、「みんなオラに元気をわけてくれ~!」
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。