12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-12 (Sat)
全国の地方議会のうち、首長が提出した議案をこの4年間で一本も修正や否決していない「丸のみ」議会は50%、議員提案の政策条例が一つもない「無提案」議会が91%、議員個人の議案への賛否を明らかにしない「非公開」議会が84%――。朝日新聞の全国自治体議会アンケートで、こんな議会のていたらくがはっきりした。いずれにも当てはまる「3ない議会」は全体の3分の1に及ぶ。

 アンケートは1月、都道府県と市区町村の計1797の議会を対象に実施した。回収率は100%だった。

 2007年1月からの4年間で、首長提案の議案数は1議会あたり平均414本。修正または否決が3本以下の議会が全体の82%を占めた。

 地方分権に伴い、議員には住民のくらしに即した条例づくりが求められるが、4年間で議員提案の政策条例の制定数が1本以下の議会が98%にのぼった。

 個々の議員の議案への賛否は、議員の評価に不可欠な情報だが、公開している議会は16%しかなかった。
2011年2月12日5時8分 http://www.asahi.com/politics/update/0211/TKY201102110247.html

地方議会は大統領制だとよく言われます。区長が圧倒的な権力を握っていて、区議会議員は区長の提案を承認するだけであると…。

政治家は立法家であるはずなのですが、中野区議会で、法学部や法律学科出身で、人並み以上の法律知識があると思われる区議会議員はあまり多くありません。

前回区議選の選挙公報に掲載してある、現職区議会議員の最終学歴を見てみると、

和光大学
跡見学園短大生活芸術科
記載なし
記載なし
東洋大学文学部中退
武蔵野女子学院大学短期大学部文科英文学専攻
東京女子大学
記載なし
記載なし
中央大学法学部法律学科
立正大学文学部
創価大学経済学部
日本学園高等部
上智大学外国語学部フランス語学科
法政大学法学部法律学科
東京電機大学大学院
都立第一商業高校
創価大学
創価大学法学部
秋田経済大学付属高等学校
東京写真大学短期大学部
創価大学
記載なし
東京経済大学経済学部
明治大学大学院(公共政策)
東京農大第一高等学校
中央大学経済学部
工学院大学
都留文科大学
青山学院大学
愛知学院大学歯学部
日本大学
青山学院大学
法政大
大阪学院大学法学部
記載なし
東京農業大学中退
日大理工建築学科
中大法
東京都立荻窪高校
(前回区議選の選挙公報に記載どおり、片っ端から順不同に抜粋。誤引用はご容赦ください)

と、明らかに法律学部や法律学科を卒業している人は、たったの5人しかいません…。

僕は法学部政治学科を卒業していますが、政治学部や政治学科を卒業している人は1人もいません(明治大学大学院(公共政策)を、議員になってから修了された方は1人います)。

僕は、カメラマンとかフリーライターとかリサイクルショップとか、学歴がまったく通用しない実力社会で長いこと生きてきましたので、学歴は屁のツッパリ程度にしかならないことを、嫌というほどよく知っていますし、学歴がなくても優秀な人がいることもよく知っています。また、世の中にはいろんな人がいますので、政治家にもいろんな人がいるのはいいことだと思っています。

なので、学歴だけを重視する気持ちはほとんどありませんが、それにしても、法律的な素養があるのかどうかあやしい学歴の現職区議会議員や、学歴を公表していない区議会議員がこんなにもたくさんいるとはちょっと驚きです…。繰り返しますが、政治家の本業は法律(条例)を作ることです。







中野区の区議会議員は42人。区議会議員になったところで、42分の1の発言権しかありません。さらに、中野区議会は自民党や公明党などの与党会派が圧倒的に有利になるように仕組まれているので、無所属議員の発言権は、42分の1を下回る可能性もかなりあります。

しかし、無所属でも出来ることはきっとあるはずです。たとえば、ある区議会議員が、政治活動費という税金で11万円の椅子を買っているという「不正」を告発することには、与党も野党も関係ありません。

また、伝え聞くところによると、中野の区議会には、他区では無制限のこともある質問時間がたったの16分しかないなど、いろんなおかしな慣習があるようです。そして、その慣習を作り上げてきたのは自民党&公明党です。

こうした中野区議会の不条理を暴き、広く知らしめていくことも、議員の大切な活動だと考えています。

無所属でできることとできないことがあるはずですが、他の党派や会派との連携も僕は視野に入れていますし、無所属でもできることはきっとあるはずだと、今は考えています。

「選手交代!」というキャッチフレーズを、今日、他区の候補者のポスターで見かけたんですが、僕もちょっと気に入ったので、たまに使ってみようと思っています(笑)

選手交代!小宮山たかしです。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。