12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-08 (Sat)
政務調査費とは、区議会議員の、政策調査研究等の活動のために支給される費用です。もちろん税金です。

年間約1千万円の区議報酬とは別に、年間上限180万円まで使うことが可能です。

http://nakano-seimu.tank.jp/

上記サイトに、杉山さんという志ある一区民が、中野区議会議員の政務調査費の使途詳細をUPしてくれました。

こういう、志ある区民や、区議会議員自身の調査活動をバックアップするためにこそ、政務調査費は使われるべきであると僕は考えています。もし、杉山さんが今後も同じ調査活動を続けていくつもりなら、将来的に僕の政務調査費から調査費用を支出しても構わないとさえ僕は考えており、杉山さんにもそう伝えさせていただきました。

杉山さんに迷惑がかからないようにことわっておきますが、杉山さんと僕とは、路上で立ち話を2回ぐらいして、メールを2~3往復ぐらいしただけの仲なので、僕と杉山さんに深いつながりはありません。

現在、杉山さんが作成したような資料を作成するためには、中野区に情報公開請求をしなければ、資料を入手することができません。情報公開請求をする手続きは、決して難しくはありませんが、かといって誰もが気軽にホイホイできるようなものでもありません。

政務調査費を誰でも簡単にチェックできるように、
政務調査費の使途明細を、中野区ホームページ上で公開するべきであると僕は考えています!


その中野区議会議員の政務調査費を、ここ数日、チラチラと見ているのですが…
とある区議会議員が政務調査費=税金で購入した
事務用イス一脚 11万5785円ってのは何かの間違いなんだろうか?

aeron2_01.jpg

11万円のイスといえば、ハーマンミラーのアーロンチェアあたりですか?

アーロンチェアと特定できたわけではありませんが、アーロンチェアとは、1990年代後半においてインターネット・バブルの象徴であり、ビジネスの成功者や名士のオフィスに、さりげなく部屋に置かれたグラビアなどが多数みられた。テレビドラマなどにおいても成功者の象徴として、経営者役などの部屋にはアーロンチェアが置かれていることがある。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A2という、成功者のみが座ることのできる由緒正しいイスです。

これを税金で購入した区議会議員が重度の腰痛持ちで、この高級イスがなければ職務を遂行できないような状態が続いているならば、引退を検討するべきです。

僕も、今は何ともありませんが、1人暮らしをしていた若い頃、ギックリ腰になって救急車を呼んだものの、アパートの構造上救急隊員だけでは僕を搬出でず、レスキュー隊に救助してもらったことがあるほどの腰痛持ちなので、腰痛持ちの人の気持ちはよくわかりますが、それにしても税金で11万のイスを買うことは、どう考えてもありえないと思うのです。

また、島忠で5万円も出せば似たような機能のイスは買えると思うんですが…。(てか5万円でも高すぎます)

区民の税金で11万円のイスを購入した区議会議員の個人名(や政党名)をここに出しても、何も問題は無いと思うんですが、「出る区議は叩かれる」ということわざがあるように、下手な個人攻撃をすると僕自身も足を引っ張られてしまう可能性があるので、とりあえず、今、選挙前のこのタイミングで個人名(や政党名)を公表することはやめておきます。知りたい方には個人的にお伝えしますので、お気軽にお問い合わせください。

僕自身、今まで40年間生きてきて、独身時代は選挙に行かなかったこともあるし、友人のカメルーン人から国際クレジットカード詐欺団に勧誘されたこともあるし、路上を不法占有して写真販売をしていたこともあるし、交通違反はつい最近したばかりですし、決して、清廉潔白な人間というわけではなく、前科こそ無いものの、叩けばホコリの出る身なので…。

ライバルとはいえ、中野区を良くしていきたいという気持ちはきっと一緒のはずなので、他人のことはアレコレ言うまいと決意したところだったのですが、それにしても、11万円のイスで中野区が良くなるのかと…。

それに、今回、すべての資料を精査した上で発言をしているわけではありませんから、たまたま見つけてしまった人だけを槍玉にあげることはフェアではありませんので、現段階では、個人名(や政党名)は公表しないことにします。

僕自身は、政務調査費の使い道を自ら公表する予定です。僕の政策調査研究活動にカメラは欠かせませんので、もしかしたら、僕も、将来的に、1台10万円以上のプロ用カメラを買ったり、1本10万円以上のプロ用レンズを買うこともあるかもしれませんが、その場合は、費用を按分して、一部を政務調査費で、残りを自腹で購入するつもりです。

それにしても、事務用イス一脚 11万5785円とは…。

区議会議員のイスのすわり心地は、さぞかしよろしいんでしょうな…。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。