12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-08 (Sat)
ウチの子はまだ1歳4歳なので、小学校や中学校に進学するのはまだ先の話です。

しかし、この先、どう考えても、中野区の公立小学校(たぶん本郷小学校)に進学することは確実です。そして、中野区の公立中学校(たぶん二中)に進学することもほぼ確実です。

さまざまな教育問題を解決するためには、長い時間が必要です。我が子のために、そして中野区の子ども達のために、中野区の小学校・中学校の問題も、自分自身の問題として、当事者の1人として、真剣に取り組んでいきたいと思っています。

まだウチの子は小さいので、小中学校の問題について、これまで、「政治家」として考えたことはあっても、「当事者」として真剣に考えたことはあまりありませんでした。しかし、ここ最近、いろいろと調べていくうちに、教育問題を真剣に考えるならば、まず教育委員会をなんとかするべきではないかというところにたどりつきそうな気がしています。

下記は2008年の新聞記事です。

「学校信頼されてない」 橋下知事が府教委を批判
 大阪府の橋下徹知事は26日、府の教育委員と意見交換し「公立小中学校は保護者から信頼を得ていない。
教育委員は認識が間違っている」と述べ、府教委を厳しく批判した。
 橋下知事は学力向上に向け9月から小学3年生からの習熟度クラスの導入などを打ち出したが「本来は教育
委員から対策が出るべきだ。具体策を出してほしい」と主張。
 委員長の生野照子神戸女学院大名誉教授は「人間教育は評価されている」と反論。評価の高い私立学校に
教員を派遣するなど人事交流を進める考えを示した。
 東京都杉並区の和田中学校で有料の特別授業「夜スペシャル」を始めた藤原和博前校長の府特別顧問の就任
をめぐっても、橋下知事は「府教委は反対したと聞いた」と不快感を表明。生野委員長は「大阪で何をどうする
のか聞かないと賛成も反対もできない。話し合いの場を持ってほしい」と、逆に橋下知事の“独断専行”を批判
した。
 終了後、橋下知事は記者団に「全く意見がかみ合わない。教育委員には何もビジョンが感じられない」とばっさり。 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008082601000536.html
2008年。

「公立小中学校は保護者から信頼を得ていない。
教育委員は認識が間違っている。」


こんな発言をしてくれる政治家が中野区にもいれば、さぞかし痛快でしょうね。

「教育委員には何もビジョンが感じられない」

たしかに、昨日掲載した中野区教育委員のコメントを見ても、ピンとくるコメントはほとんどなく、ビジョンらしいビジョンはあまり感じられませんでした。

wadachu1.jpg

文字数の少ない不動産広告に
「和田中学区」と、書かれる杉並区立和田中学校とはいったいどんな学校なのでしょうか?

・主要教科のコマ数を最大限に増やし、通常より多い授業時間を確保している。
・放課後には希望者を対象とした英語の講習などが実施されており、中学英語を超えた発展内容の先取りも可能である。
・土曜日には土曜日寺子屋(ドテラ)が実施され、教員志望の大学生・院生ボランティアの支援により勉強をサポートしている。
・よのなか科の実施(現在はよのなか科ネクストとなり、3年生向けが中心。1・2年生への実施回数は少ない)。校長自らがメインティーチャー兼コーディネーターとして授業を展開する。外部講師を招聘しての授業も実施されている。学校で習った知識を、実際の世の中で役立てることを目的とする。
・校長室が開放されており、生徒の出入りが非常に活発である。「校長文庫」と呼ばれる本が常時置かれているほか、小柴昌俊などの著名人がたびたび訪れる。
・2008年3月、PTAの2007年度限りでの廃止を発表。公立校では初めてのことであった。これに伴って区PTA協議会はもちろん、全国の公立小中学校PTAで構成される日本PTA全国協議会からも脱退した。学校は保護者有志の作った独自の「和田中学校地域本部」に編入された。
・杉並区と連携し学校行事以外の地域活動にも積極的に参加する。
・「和田中学校地域本部」が主催する『夜スペ』と名付けた補習授業が、2008年1月26日より実施されているが、3年生が対象である。
これは公立中学校では難しいとされる学力上位層の学力伸張を目指し、都立の進学指導重点校や私立の中上位校を目標とするものである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E4%B8%A6%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E5%92%8C%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1より抜粋引用


下手な私立以上に魅力的な学校のようですね。杉並区立和田中学校。

僕はいつも疑問に思うんです。
お隣の杉並区にできることが、どうして中野区ではできないんでしょうか??なぜ?どうして?
魅力的な公立学校を作ることに、いったい誰が反対しているのでしょうか???

誰かが、魅力的な公立学校を作ることを、邪魔しているのでしょうか???
いったい誰が?なぜ?何のために?


現在、中野区には、私立小中学校に子どもを通わせる家庭もたくさんあるそうです。その進学率を、今度、区役所に行って調べてみたいと思っています。

言いたいことはたくさんあるし、政治家としてやりたいことがたくさんあるので、ついつい話がそれてしまいますが。

話をもとに戻します。

そもそも「教育委員会」って何なの?そこから話を始めなければなりません。

つづく
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。