12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-06 (Thu)
今朝も中野駅で街頭演説してきました!

中野区議会議員には、年間一人当たり最大180万円の政務調査費が支払われています。

その政務調査費の詳細を、杉山さんという一区民が独自に調べて、ウェブ上に公開してくれました。

http://nakano-seimu.tank.jp/

あまり重箱の隅をつつきすぎると、僕自身が政務調査費を使う立場になった時に何も使えなくなってしまいそうなのでほどほどにしておきますが…(笑)

新年会や忘年会など宴会への出席費用、資格試験の受験費用、資格講座の受講費用、政治活動報告レポートの発行費用、レポートの発送費用、新聞チラシの折込代金、ポスティング代金、移動時のタクシー代、パソコン、プリンター、デジタルカメラ、ビデオカメラ、パソコン周辺機器、HP作成管理費用、携帯電話本体代金、携帯電話通話料、人件費etcのお金が、政治活動のために必要な出費として計上されているようです。

ビラやチラシの代金が税金で支払われるとは、率直に言ってうらやましい役得ですね。僕のような新人の元区議会議員候補者が、ビラやチラシを作ろうとすれば、すべて自前で作らなければなりません…。「選挙活動」と「政治活動」の境界線が非常に曖昧であることは、大きな問題ではあるんですが、むやみに制限すると、必要な政治活動まで制限されてしまいますし…。

ビデオカメラ代金を出費しているからといって、youtubeや自己HPに動画を公開している現職区議会議員は、私の知る中では1人ぐらいしかいません。「ビデオカメラで視察先を記録して、自宅でゆっくり研究している」とか、別に動画の公開はされていなくても、何とでも言い訳はできるんですが…。でも、そのビデオカメラで、政治活動とは関係のない自分の家族や子どもを撮影している議員がいないと、本当に言い切れるのかどうか…。

たとえば、僕はカメラやレンズを購入する際には、カメラ1点10万円以上、レンズ1点10万円以上するものを購入する場合もあります。それを、政務調査費から支出するとしたら、妥当なのかどうか…。このあたりをあんまり厳密に突っ込みすぎると、僕自身が政務調査費を使えなくなってしまいそうなのですが…(笑)

でも、僕は、政務調査費の使い道は、自ら公開するつもりでいます。プロ用の高級カメラや高級レンズを購入する際は、代金の一部を政務調査費から支払うかもしれませんが、残りは自己負担するつもりです。

宴会にやたらと出席している議員が多いのは、政務調査費から宴会費用を出すことができるという理由もあったんですね…。宴会=政治活動ってどうなんだろう?と僕は前から疑問に思っていたのですが…。

僕は無所属の一匹狼ですから、誰に対しても、「おかしいことはおかしい!」と言いますよ。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いであった長妻昭厚生労働大臣に対して、「子ども手当てより保育園を作ってください!」と500人の観衆が見守る中で発言をしたこともあります。
http://1188nakano.blog49.fc2.com/blog-entry-8.html

これが、政党所属の若手議員であれば、政党のすることや、先輩議員・同僚議員のすることにはなかなか口出しできないはずです。まして、一地方議員が、飛ぶ鳥を落とす勢いの現職大臣に対して、大観衆の面前で苦言を呈したら、政治生命を失ってもおかしくありません。でも、僕は組織や政党とは何のしがらみもありませんから、自分の信念のおもむくままに発言・行動することができます。

僕の政治生命は、政党や組織のものではありません。僕の政治生命は、僕自身と、僕を支持してくれる人たちのものなんです。政党に金玉袋を握られているような政党所属議員にはできない発言を、僕はこれからもバンバンしていきますよ!

政務調査費180万円はアリなのかナシなのか、現状の出費は本当に妥当なものなのかどうか、考えてみたいと思います。

といっても、僕は「区議報酬を現在の1千万円から、区民の平均年収と同額の400万円にするべし」という、区議報酬の大幅削減を訴えていますので、政務調査費まで削ることは、多分、今のところ、しないと思います。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。