123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-03-12 (Sun)
・2016年7月生まれ、0歳児4月入園
・中野区南部エリア
・両親フルタイム42点
・世帯年収は1,200万円強

 出産前の6月頃から動き出し。中野区の認証保育園で通える
範囲のところをリストアップし、電話で見学会申込。この時点
で見学会がいっぱいのところが多く、9月に2園、10月に2園、
見学を実施。見学なしの申込みが1園で、申込みは合計5園。
見学会予約の為に電話したが通じなくて諦めたのが2園。
この時点で非常に厳しい印象。動き出しも遅かった位に感じた。
また、イメージ的に杉並区や新宿区の方が競争が激しそうと判断
し、全くアプローチをしなかった。実際は新宿の認証の方がまだ
入りやすいようで、結果的にこの判断が首を絞めた。

 12月の認可申込みの前に6園ほど見学を実施。優先順位を
夫婦で話し合い、通える範囲の小規模認可以外の13園を記載。
1次の結果は不承諾。不承諾になる可能性もあるとは思っていた
が、待機児童にはならないような、何とかなるかな、という根拠
のない見通しを持っていたので、不承諾通知にショックを受けた。
上記で申し込んでいた認証は100人待ちがざらで、放っておいて
通るはずもなく、冷静に考えて4月入園は絶望的な状況であるこ
とを理解した。

 不承諾通知が来てから、中野区の認可外、新宿区、渋谷区の認証
認可外に広げてリストアップ。このリストアップでは、下記サイト
がとても役に立った。

https://23kids.tokyo/

一通りリストアップし、約15園にテレアポ。5園見学。大体が100
名近く待ちで絶望的。そんな中、新宿区と中野区の認可外で枠を押さ
えられることが分かったが、新宿のA園は保育料が高く、
中野のB園はあまり評判が良くなかった。認可2次の
結果が出てから判断することとした。

 認可2次に関しては、どうせ書いても無理でしょ…と思っていたが、
小宮山さんのツイッターで、2次締切のリマインドが何回か上がって
いて、一応申し込むか…ということで、締切日に12園追加申込み。
小規模でも遠くてもとにかく書くことにした。1次に落ちてから、
すぐに認可外にアプローチして、入れそうな保育園の条件はかなり
厳しいという現実を知ったことで、とにかく書け!という行動になった。

2次の結果は、どうせダメだと思っていたが、第17希望の小規模
認可に採用決定。

 結果的には、1次申込みから書けるだけ書けば通っていたので、
やはり選り好みをせずに書きまくれば良かったと思う。見学も、
希望順位の高いところばかり行っていたので、意味がなかった。
最悪ココなら預けられるか?という観点で、ギリギリのラインの
園を見学に行くべきだった。ただ、前述の通り、1次の結果が出る
まではそこまで深刻な状況とは認識出来ていなかった。

最後に、最悪の事態を考えて保活せよ、という教訓は頭にあったが、
保活は「どこまでやれば良いのか」が良く分からない。入試のように
偏差値があれば、どこを狙うのか、どの程度努力するのかの指針にな
ると思う。そんな制度化は難しいと思うので、自分でやれることとし
ては、自分の世帯年収で、昨年実績に照らすと、どの園に入れる可能性
があるのか、ということを、区役所で聞くということでしょうか。
(そもそも教えてくれるのかわかりませんが)この辺りの情報への
アクセスが容易になると、無駄な労力をかけずに済むのではないで
しょうか。
スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。