123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-02-22 (Wed)
【基本情報】
・住所:中野区南部
・子:0歳、第一子
・親:共働きフルタイム、42点
・希望園:認可1園≧認証2園>>認可>認証>認可外
・結果:認証1園入園承諾


【2017年以降保活をする方へ】

STEP1:認可に入れるか分析しよう
別の方のレポートにもあったように、保活で最初に行うべきことは
「我が家は認可に入れそうか/入れなさそうか」を見極めることだと思います。
中野区の場合、同点の世帯間での優先順位は区民税所得割額のみですので、
収入以外の要素を加味する自治体よりは予想しやすいはずです。

STEP2:認可が難しい人は素早く切り替えよう
いくら本人が希望しようとも入れないものは入れません。
認可の望みが薄いと判断される場合、次にすべきことは
「行きたい認証or認可外の入園方法・審査について把握すること」です。
認証・認可外は園ごとに入園プロセスが異なりますので、
自分自身で動いて正確な情報をできるだけ早く収集してください。
4月でも5月でも、妊娠中でも構いません。今すぐ電話してください。

STEP3:何度も電話しよう
2016年度、5月あたりは認証・認可外共に見学会の受付はまだ余裕がありました。
「余裕がある」ということは逆にいうと「すでに予約が入っている」ということでもあり、
新年度が始まったばかりですが次年度の保活は既に始まっているのです。
また秋口にならないと受付が始まらない園もあるので、
そういった園は定期的に電話して情報漏れがないか確認することも大切でした。
一方、夏を過ぎると一気に見学会すらも予約が取りにくくなります。
保活は情報戦、そして早く動いたもの勝ちだと今回痛感したので、なるべく早く動くことをオススメします。


【保活記録の詳細】

■見学受付
保育所側の新年度のバタバタが一段落する4月下旬から保活開始。
我が家は点数的にも標準報酬月額的にも認可はかなり厳しいことが予想されたため、
認証、認可外も積極的に見学する方針で情報収集&問い合せ架電を実施しました。

電話すると各園ごとに多少対応は異なるものの
・見学受付開始日/見学受付方法
・申込開始日/申込方法
を教えてくれます。
電話対応の雰囲気も大事な評価ポイントでした。
なお、問い合せに際しては妊娠中でも全く問題なかったことを補足いたします。

また同時に区公式サイトの保育所リストを印刷してチェックリストとし、
電話をかけたか、見学受付時期はいつかなどをメモしていきました。
さらに見学でもらったパンフレットやパパママ学級でもらった資料などと合わせて
専用の保活ファイルを作成して整理しました。


■見学
各園の見学はできるだけ夫婦揃って行きました。
父親母親で評価するポイントやチェックポイントが異なるためです。
その擦り合わせをする意味でも一回ぐらいは二人で見学することをオススメいたします。

母親が妊婦検診の際は父親だけで見学に行くことも何度かありました。
その場合は事前に質問事項をリストアップし、漏れがないように気をつけました。
またその場で許可を得て保育所内外観を撮影し後ほど共有の材料にしました。


■希望園以外の入園金支払
秋までで初回の問い合せや見学はひと通り終了。
その間に認可外2園に入園金(計30,000円)を支払っておき、
「育休が明けるまでにどこにも入れない状態」を回避しました。
※2園に支払ったのは先に見学し入園金を納付した園の後に、
より条件が良いと感じた認可外に出会ったためです。

結果的にその2園にお世話になることはなさそうですが、
母親が安心して育休期間を過ごすための(そして心置きなく復帰するための)必要経費として割り切りました。


■最終候補の絞り込み〜入園承諾
通園可能な範囲に1園を除きめぼしい認可がなかったこと、
母親がフルタイムで復帰することから融通の利く認証の方がむしろメリットが大きいことから、
第一希望は自宅最寄の認証2園となりました。
そのうちの認証1園から入園承諾をいただき、認可も無事(?)落選したことにより我が家の保活は無事終了しました。


【参考にしたwebサイトリンク集】

夫→妻に送ったメールをそのままお送りします。
小宮山さんに関することもそのままです笑

ーーメールここからーー

もう知ってる情報あるかもだけど、中野区の子育て情報まとめ。
参考にしてるサイトなどあれば教えて。

中野区子育てナビ
http://tokyo-nakano-city.mamafre.jp/
中野区が運営するサイト。
保育園の情報とか区の公式サイトの中から1ページずつ探しだして読んでたけど、
このサイトにリンクがまとまっていて分かりやすい。
(ただ最終的には区のサイトに飛ばされる笑)

ファミリー・サポート事業
http://tokyo-nakano-city.mamafre.jp/archives/service/family-support-center/
保育園の送迎が間に合わないときの保険として。
一時間800円でサポート会員の自宅で預かってもらえる。
細かい規則は自治体によって違うみたい。
屋外活動の制限とか車の送迎の可不可とか食事は保護者支給のものしか与えられないとか。


東京都福祉サービス第三者評価
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/hyoka/hyokatop.htm
都の事業として公益財団法人東京都福祉保健財団が運営するサイト。
そこに第三者機関が調査した福祉サービスに関する評価が年度ごとに公開されている。
.htmlじゃなくて.htmなんだね。

サービス分類:子ども・ひとり親
サービス種別:認可保育所、認証保育所A型・B型、認定こども園
地域:中野区
でソートしたページ
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/controller?actionID=hyk&cmd=hyklst&S_MODE=service&SVCDBR_CD=22&STEP_SVCSBRCD=031&STEP_SVCSBRCD=032&STEP_SVCSBRCD=332&H_NAME=&J_NAME=&DISP_YR=&SVCDBRCD=&SCHSVCSBRCD=&SVCSBRCDALL=&NAME=&AREA1=&AREA2=&AREA3=&HYK_YR=&SCHHYK_YR=&HYK_ID1=&HYK_ID2=&HYK_ID3=&HYK_ID4=&HYK_ID5=&JGY_CD1=&JGY_CD2=&JGY_CD3=&JGY_CD4=&JGY_CD5=&MODE=multi&ROW=&MLT_SVCSBR_CD1=&MLT_SVCSBR_CD2=&MLT_SVCSBR_CD3=&MLT_SVCSBR_CD4=&MLT_SVCSBR_CD5=&MLT_SVCSBR_CD6=&MLT_SVCSBR_CD7=&MLT_SVCSBR_CD8=&COLOR_FLG=&COLOR_HYK_ID=&BEFORE_FLG=&TELOPN001_NO1=&TELOPN002_NO1=&TELOPN003_NO1=&TELOPN001_NO2=&TELOPN002_NO2=&TELOPN002_NO3=&TELOPN001_NO3=&TELOPN003_NO2=&TELOPN003_NO3=&MLT_AREA=13114
各園に実際に通わせている保護者のレポートが読めてすごく参考になる。
あとURL長過ぎ。


産後がはじまった
http://konagona1050.hatenablog.com/
個人ブログ。0歳児で認証園→1歳で認可園に転園できた人。
本人曰く「認可園に通う権利を金で買った」。
ふつうに文章がおもしろいので読み物としてもアリ。

「保活」はマジでクソ
http://konagona1050.hatenablog.com/entry/2015/04/22/124750
上記ブログを見つけるきっかけになった記事。
クソな理由第三が参考になります。



中野区議会議員 小宮山たかし ベビー用品&子ども服リサイクルショップ 思い出洋品店&思い出写真館店長ブログ
http://nakano1188.blog10.fc2.com/
川島商店街で子ども用品のリサイクルショップを営み、現役中野区議員・小宮山さんのブログ。
中野区の子育て支援とか行政の問題点とかこれを読むとわかる。
中野区の保育園入園手続きはこのブログが一番詳しいと思う。

中野区保活講座2016 ~初級編~
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-entry-1745.html
初級編とあるけど中級編も上級編もない。*小宮山注 誰も気づいてないと思ってました(笑)
しいていうなら次のリンクが続編。

保育指数が20点台でも、保育園に入れる裏技が実はあるんです。
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-date-201510.html
どちらかというと番外編?
上記2エントリは2015年秋の投稿。*小宮山注 2015年なので、一部の情報が古いです。

2015年度保活を振り返って「これを言っておけばよかった」という反省など
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-entry-1752.html
これが中野区保活事情の最新動向かな。

ーーメールここまでーー

皆様の保活が親子にとって実り多きものになるようお祈り申し上げます。


スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。