12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-02-08 (Wed)
【基本情報】

・中野区北部在住

・2016年2月出産、1歳児申し込みの第一子

・両親フルタイム+実親と同居
祖父65歳以上の自営業
祖母フルタイムのため点数は42点

*小宮山注 保育をすることができる65歳未満の同居の祖父母等がいる場合はマイナス1点

・認可小規模保育園の承諾をいただきました。

【保活記録】
出産予定日が生後57日前だっ たので、妊娠時の2015年12月の時点で0歳申し込み。
一歳児の保活が厳しいと思いギリギリで悩んだが申し込みを決意。
しかし
予定日を過ぎての出産になり間に合わず断念。

産後2016年6月頃から保活を開始。
無理を承知で認可途中入園を申し込んだがやっぱり無理。
申し込み順位も40人中22番あたりでどの園も真ん中あたり。
認可保育園の見学は通える範囲4,5か所のみ。

認証保育園は見学は二か所のみ。
家の周りや通勤圏内に認証保育園があまりなかったので。
また、
とある認証保育園が自分と兄弟が2?年前に通ってたので園長を知ってたことと
知り合いのベテラン保育士さんがいたのでそのコネ が多少なりともあるかなぁ~
もし認可がダメだったら入れてもらえるかな~とちょっと甘い考えあり。

認可も地元の友達の出身だったり、知り合いが通ってたりの口コミがあったのであまり見学もしませんでした。

保活をするうえで思ったことは
区役所の人は点数がすべてだというが、いろんな噂があるということ。
私が聞いたのは
・区長に手紙を書くと第一希望に入れる
・議員の知り合いがいれば有利
・年が若いことをアピールするといい
・家族に医療関係者がいると有利
もちろん間違ってますよね!?

*小宮山注 もちろん間違ってますw 議員の子でも落選したケースがあります。

私は実家で二世帯という形で住んでるので
保育園の情報や知り合いの 数という面では強かったと思います。
親がいても高齢者とフルタイムなので特にマイナスにはならず
点数42点、親との世帯を分けてるので世帯年収も普通くらい。
しかし親がいることはマイナスになるのかな。*小宮山注 選考上はなりません
数年実家を出て同じ区内に住んでましたが3?年中野区在住です。
主人も8年くらい。
*小宮山注 区内在住歴によって有利不利がある自治体もあるようですが、中野区の場合区内在住歴は関係ありません。

また、
申し込み後に妊娠がわかり区役所に相談。
復職して届け出さえ出せれば就労として保育園を申し込めることを教えてもらったので
短期間ではありますが入園のために復職を予定。
(2人同時なんて不可能なことは避けたいため。)
点数も変わらず。
第二子は7月生まれなので0歳で申し込めることにホッとしてます。

【最後に】
周りの1歳児入園は同じ42点でも3割くらいが落選してる印象でした。
受かっていても小規模園がほとんど。
保育園増えたといっても募集人数がわずかなので
全然保活が楽になったとは思えませんでした。
また認証や無認可もなかなか空きがないので加点のための入園も厳しい印象でした。

あまりうまい文章ではありませんが
中野区は2世帯の方が結構いると聞いたので参考になれば幸いです。
第2子も小宮山さんの情報を参考にさせていただきたいと思ってます。
スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する