12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-02-06 (Mon)
どなたかの参考になればと思い、私の保活のまとめを送らさせていただきます。

〜保活のまとめ〜

☆2015年12月生まれ(1歳4月入所) 上高田在住

基本情報
1.第○希望で入所
  第16希望(保育ママ)
2.申請した希望園数
  17
3.申請時の点数
  42点
4.審査時の子の保育状況
  自宅保育(育休中)
5.審査時の親の契約勤務形態等
  両親共フルタイムで夜勤あり
(父は公務員)
6.祖父母の状況
父方 都内居住別居
母方 都外居住別居
7.審査対象年の世帯年収
1000万超

・2015年10月頃から保活スタート。

・区役所の窓口にて前年度の「保育施設等のご案内」を入手しよく読み込む。書類の記入方法や調整指数等、疑問があればその都度区役所の窓口で確認し、子の指数や必要書類(記入要領も)、園の場所等を確認。

*小宮山注 募集要項は例年6月と11月に更新発行されます。

・区のHPで、過去の「入園時の最低指数」や「一次審査の結果」を入手。保育園を希望する際の参考にする。

・2015年11月。中野区と新宿区の認証園や無認可園のうち、通えそうな園に入園審査について電話で問い合わせ。全ての園で「2016年4月以降でないと対応出来ない」との回答。合わせて新宿区の園からは、「区からの指導で新宿区民優先です」と言われ新宿区は断念。※実際は分かりません。

*小宮山注 新宿区の園からそう言われるケースは多いようですが、新宿区の認可園増設にともない、実際は他区民も在籍している認証も、中にはあるようです。新宿区の認可園発表後(今年は2月17日)に問い合わせれば、入園の可能性もあるかもしれません。

・2016年4月。東中野の某無認可園(評判は…です)に見学し、その場で入園について説明を受け、後日入金し2017年4月の入園確約をもらう。また、目星を付けていた中野区内の認証保育園へ見学の予約連絡。

・2016年5〜8月。認証保育園にとにかく見学へ。入園審査の方法等を聞く。

・2016年11月。認可申し込み。
認可の申し込みにあたり、我が家は1歳4月かつ加点無しなので、とにかく自転車で10分(通勤経路と逆方向も含む)で通える範囲の保育園、小規模、保育ママは全て記入。

・認証保育園への申し込み
各園毎に様々な時期、方法ですが、見学した保育園にはだいたい申し込みました。


まとめ
今考えると、無認可園を確保していたとはいえかなり無謀な考えでした。しかし、うちの子は食物アレルギーや喘息があります。それらに対する対処法を、親が知る為にも大事な1年間で、結果として1歳4月でよかったと感じています。子どもと過ごす時間、職場復帰出来ないプレッシャー、通いやすい保育園への入園等々、色々と考える事はありますが、悔いのない決断をして保活していくことが大切だと思います。
スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。