12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-02-06 (Mon)
保活をしていく中で小宮山さんのFacebookを見つけ、ずっと拝見させていただいていました。

今回、4月入園で第2子の転園、第3子の1歳クラス入園が決まりました。

体験談を集めているということで、私の経験もお役に立てればと思い、メールさせていただいていました。

【保活内容】
我が家の場合は少しややこしいので、状況を説明させていただきます。

2015年に練馬区から中野区へ引っ越してきました。

・第1子…小1。それまでは練馬区で保育園児でした。(0歳年度途中~今でいう小規模保育→認可保育園)
★第2子…練馬区の認可保育園の3歳クラス在園中。(0歳4月入園)
★第3子…2017年2月末生まれ。今回の保活のメイン。

私の保活自体は3回目なので、一般的な保活のノウハウは持っているつもりでしたが、「中野区では初めて」「0歳4月入園の申し込みが対象外の早生まれ」ということで、かなり覚悟を決めた保活となりました。

「1歳クラスの4月入園」を最終目標にしつつ、「0歳クラスの年度途中入園」にも可能性をかけていました。

最初は第2子を練馬区の保育園に継続通園、第3子のみの保活と考えていました。
(我が家は江古田周辺で保育園が少ないので、年度途中の申し込みでは練馬区も含んでいました。)

そのため、第2子の保育園を経由して通える範囲にしぼって中野区内5、6ヵ所希望。

並行して認証保育所も探しましたが、中野区内には通える範囲に1つもないため、練馬区の認証保育所2ヵ所にエントリー。どちらも中野区民の利用があり、有利不利はないようです。
*「A認証園」では4月入園の選考の際、認可の合否連絡をしてくれた人からの先着順になるそうです。私はエントリーの段階で40番目くらいでしたが、練馬区の発表が2月中旬なので、中野区民はかなり有利だろうと思っていました。これが最大の安心材料だったと思います。

*小宮山注 今後園の方針が変わる可能性もあるため、不特定多数に園名を公開するのはやめておきます。知りたい方はお問合せください。

そして、4月開園の新設認可保育園が、通える範囲にあることが分かりました。
その時には第3子の練馬区での入園が絶望的と分かったので、第2子も転園希望に変更しました。既存園ならほぼ無理だった4歳クラスの転園も、新設園ならほぼ決定になります。そうすることで、中野区で通える範囲が変わり、「青梅街道以北→西武新宿線周辺」になりました。

最終的に、中野区内のみで10ヵ所希望出しました。結果は第1希望の「B認可園」に二人揃って入園が決まりました!

保活中は最悪のことも想定しました。第3子が全滅だと第2子が4月末に退園、幼稚園に入り直し。と言っても2月から探して見つかるのか?最悪4、5歳で家庭保育?なんて考えて泣いていました。

システムに改善の余地はまだまだあるはず、と物申したい気持ちにもたくさんなりました。(点数のこと、選考のこと、新設が進まないこと…)

でも、これから保活をする人にアドバイスをするとすれば、「自分たちの方向性を明確にすること」「モヤモヤしてることはできるだけクリアにすること」でしょうか。

絶対に入りたいからたくさん書くのは当然と思いますが、通うのは毎日です。雨の日も風の日も。雪の日はどうする?預けて仕事へ向かうルートや時間のこと…各家庭で許せる範囲は違うと思うので、「限界がどこなのか」を明確にすることをオススメします。

私は認可の見学は1ヵ所も行きませんでした。ただ自転車で場所だけ確認に行きました。保育内容は「認可である以上最低限のことは大丈夫」と信用しました。だから、新設園でも怖がらず第1希望にしました。
もちろん、認証、無認可、小規模、保育ママなどの許容範囲も含めてのことですが、上を見ればいくらでも見ることができるけれど、保活には「これ以上は無理」の方が大事だと思います。

それと、何かをすれば保育園に入れる、ということはないと思うので、発表までの間、少しでも落ち着いて待っていられるようにという意味で、やるだけのことをやった方がいいと思います。

窓口の方たちは思ったより、というと失礼ですが親身になってくれます。私は気になることがあるとこまめに聞きに行っていました。
私の場合、3人目であっても兄弟加点もなく、区外からの転園も園が近くて加点なし、となかなか有利になりませんでした。

自分で計算した上でさらに聞いてみたり、どうやって選考しているのか、同点の場合はどうしているのか、下の子が入れなくて上の子が退園した人は実際いるのか、その後どうしたのか、区長の特例とは等けっこう聞きましたが、きちんと教えてくれました。

あとは、HPの空き情報だけでなく、希望者数、4月の最低点数もよく見ていました。

保活は何度やっても精神的に辛いです。
うちは結果として毎回なんとかなっていますが、努力もしているつもりです。
だから、何か力になりたい、少しでも改善につながれば、という思いでいます。

うまく書けずお役に立つか分かりませんが、参考になれば幸いです。

A=ソラスト新江古田
スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。