123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-10-27 (Thu)
先日Facebookに保育園情報をUPしておいたら、「産後なのに認可保育園だけでも10園も見学しなければならず、体力的にもきつい毎日です」というコメントが寄せられました。

確かに、それだけのスケジュールをやりくり算段して、新生児を連れてアチコチ動き回るとなると、それはかなりの負担になりそうです…。現在就労中の方は、そのような見学を10園もこなすスケジュールはとてもとれないでしょうね。

しかし、認可を見学して、たとえばあまり良くない印象の園を第10志望にしたとします。その第10志望の園にしか受からなかったらどうするんでしょう?大半の方はそのまま入園すると思います。

だとしたら、たくさん見学する意味ってどこにあるのかな??と僕は考えています。認可なら一定の条件はクリアされているはずですし、また、何か問題があっても、30分見学した程度ではなかなかわからないものです…。

現在も就労中の方は、見学時間もなかなか作れませんしね。

もちろん、見学をしておけば、志望時の優先順位を決める参考にはなります。しかし、保育園のランキングを決める際に、たとえば第6志望と第8志望で、明らかな差を、素人がつけられるのかどうか?結局は、通園距離などで判断することになるのではないか?という気もしています。

繰り返しますが、それが良いことではないにせよ、結局のところ、大多数の人は、受かったところに進むしかないのです。なので、産後の大変な時期に、つらい思いをしてまで、認可園を10園も見学する意味が果たしてどれだけあるのか、僕はちょっと懐疑的です…。

下記は東京都福祉保健局の「認可外保育施設(ベビーホテル・その他)一覧の公開と利用する際の留意点」です。

認可外保育施設を利用する際の留意点
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hoiku/ninkagai/babyichiran_koukai.html

 一口に認可外保育施設といっても、その運営実態はさまざまです。
 大切なお子さんが保護者と離れて過ごす時間が、安全でより良いものとなるよう、施設を選ぶ際は、立入調査結果を参考にしてみてください。
 また、事前に施設を見学して、次のチェックポイントを参考に、運営状況や保育内容を確認してください。

主なチェックポイント

○ 保育の様子、施設・設備等
 子どもが落ち着いて過ごしているか、保育をしている人の子どもに対する接し方はどうかなど、保育中の様子を確認しましょう。
 また、施設や設備(子どもの避難に適した2ヶ所二方向の避難階段、子ども一人当たりの保育室の面積、トイレや手洗い場など)を確認しましょう。
 良い保育を行っている施設は、保護者が見学を希望すれば、普段の保育の様子や施設などを、自信を持って見せてくれるはずです。
○ 職員数・有資格者数
 保育をする人や保育士等の資格を持っている人の数は十分でしょうか。
 施設の種類と子どもの年齢・人数に応じ、必要な保育従事者数及び有資格者数が定められています。
○ 保育理念
 園長や保育をしている人に、保育に対する考え方や保育方針、保育内容などについて聞いてみましょう。
 また、それらが言葉だけにとどまらず、実際に保育に生かされているか確認しましょう。
○ 保育料
 保育料は、月極めや時間単位の料金のほか、各種サービスに応じた追加料金があるなど、施設や契約内容によってさまざまです。
 単に料金を比べるのではなく、必要なサービスが適正な価格で提供されるか、契約前にもう一度確認しましょう。
○ 利用者に対する情報提供
 利用者に対し、次のような情報提供がきちんと行われているか確認しましょう。
 1 利用者の見やすい場所に、施設の設置者や施設長の氏名、施設の概要、提供するサービス内容などが掲示されている。
 2 契約内容及びその履行に関する事項について、詳しく説明してくれる。
 3 契約時に、契約内容を記載した書面を交付してくれる。
スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。