12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-07-14 (Thu)
無所属議員が議会でいくらいい質問をしても、「わかりました!やりましょう!!」みたいな前向きな返事というのはなかなか返ってこないもので、それはもう役所のルールとか不文律とか文化としてそうなっているんじゃないかと、余程のバカでなければ気づきます。

旧中野富士見中跡にできる、南部すこやか福祉センター等複合施設に新設される「一時保育室」が、基本設計上は、建物の中央の空間に配置され、外光がひとつも入らないような密室になっているのではないか?と、僕が議会で質問したのは今から4年前のことでした。

http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-date-20140619.html

○小宮山委員 現在の計画ですと、南向きの部屋、東南の部屋は内科の診察室や健康診断のための計測の部屋となっています。私もそうなんですが、できればあまり明るいところでは体重とかウエストとかを計測したくない。聴診器を当ててもらうためにおなかは出したくないという人もいると思うんです。長い人でも30分程度しか滞在しないような内科や計測の部屋がどうしても明るく日当たりがよくならなければならない理由は特にないと思うんです。その一方で、子どもたちが長時間遊ぶ一時保育室に至っては、窓が一つもないと思われる建物の中央部分に設けられています。計測や内科のためには明るい部屋を用意して、子どもたちのためには窓のない部屋や北向きの暗い部屋を用意する、この設計理念は一体何なのでしょうか。すこやか福祉センターでは子どもたちのすこやかな成長は大して望んでいないということなんでしょうか。

○朝井地域支えあい推進室副参事(地域活動推進担当) 検診室、乳幼児広場ともに適度な採光が必要でありまして、また、区としては乳幼児の健やかな育成のために乳幼児検診の部屋、乳幼児広場を整備するものでございます。一時保育室は隣の相談室から乳幼児の遊びや行動を観察する際にも利用することができるようにしていることから、全体の設計の中でフロアの真ん中の配置というふうに考えております。直接採光がないことに関しましては、廊下との間の壁に窓をつくるなどの工夫によりまして開放感のある設計にすることは可能でございます。開放感を持たせるのか、プライバシーの配慮を優先させるかなど、基本設計の段階で検討をしたいと考えております。

どんな正論を言っても正当には評価してもらえないような会社で仕事するのは、それはもうホント大変で…、僕が、議会活動より草の根の市民活動に注力・尽力している理由のひとつはここにあります。

あの質問から4年。今日、南部すこやか福祉センター等複合施設の開所式がありました。

渡されたパンフレットの中から、ちょっとブルーな気持ちになりながら、一時保育室の場所をチェックしてみると…

DSC_0149.jpg

あれ!?なんと、いつの間にか南向き?の部屋になってるじゃないですか!?写真からも、大きな窓が確認できます。

僕の手柄なのかどうかということは置いといても、ホントよかった。僕が4年前にこんな質問をしたことなんて、もうきっと誰も覚えていないのだろうけれど、ひとりでジワジワと喜びをかみしめる今日の開所式でありました。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する