12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-03-01 (Tue)
来年度から、特別支援教育のあり方が大きく変わります。
これまで、児童が通級で指導を受けていたものが、来年度からは、教師が各校を巡回指導していくことになります。

★来年度からの巡回指導にあたり、児童一人当たりの授業時間は、何時間を想定しているのでしょうか?

★東京都の指針としては、上限何時間までの授業が可能なのでしょうか?

★そもそも、この特別支援教室の対象となるのは、発達障害や情緒障害の児童であります。発達障害というのは疾患ではなく障害ですから、基本的に治ることはありませんし、そう簡単に改善するものでもありません。週1~2時間の授業で、どれだけの効果を見込んでいるのでしょうか?

★今現在の通級の授業は、週2~4時間だと聞いております。通級指導が巡回指導になることのメリットは大きいと思うんですけれども、肝心の授業時間が半減してしまうのでは、そのメリットも帳消しどころかむしろマイナスです。今後、巡回指導の授業時間を、増やす予定はありませんでしょうか?

★今、区内では、発達障害の子も増えております。また、中には、知的な障害は無いものの、普通学級にはなじめない子もいます。しかし、区内には、知的障害の固定級はあるものの、普通級にはなじめない情緒障害の子の受け皿がありません。情緒障害の固定級の新設をされてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する