123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-05-09 (Sat)
大吉の靴を新調しようと思っていくつかの靴屋に行ってみたのですが、子ども用の23.5cmの(安い)靴がなかなか見つかりません。

小学校3年生の標準的な足のサイズがどのぐらいなのかはよくわかりませんが、多分、標準よりも大きいんじゃないかと思われます。ちなみに僕の足は成人して、太るとともに成長を続けw今は28cmあります。若い頃は26.5のはずだったんですが…。

23.5なら大人レディース物でもいいかなと思ったのですが、子ども用のブランド(といっても「瞬足」レベル)スニーカーが2000~3000円ぐらいの価格帯であるのに対して、大人用の有名ブランドスニーカーとなると安くても5000円ぐらいします。

ならばと思ってアマゾンに行ってみました。商店街の副理事長がアマゾンで買い物する時代ですから、商店街が衰退してしまうわけです…。
kutu1.jpg

実店舗では見つからず、「ひょっとしてそのサイズはメーカーが作っていないんじゃないか?」とさえ思っていた23.5の靴が、いとも簡単に見つかりました。
kutu2.jpg
しかし、この値段表記はいったい何なんでしょう?

試しにサイズを入力してみると、
kutukutu3.jpg
値段が出てきました。1644円。

そして、別の色を選んでみると…、
kutu3.jpg
同じデザインの色違いなのに、2873円。

サイズと色によって、値段がバラバラです。

在庫処分なのか何なのかよくわかりませんが、細かくチェックしていけば、掘り出し物もあるんじゃないかと思われます。
スポンサーサイト
| 特売セール情報 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。