12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-02-13 (Fri)
今日は一般質問の事前通告の締切日ですが、質問内容がまだ固まっていないため、街頭演説はお休みしてブレインストーミングしています。

いや、サボっていたわけじゃありませんよ。いろんな問題意識や問題が多すぎて、絞り込むことができないだけです(笑)

あと、僕の質問順番は一番最後なので、他の人の質問とカブらないような質問を意識しなくてはなりません。

ちなみに、一般質問の内容は事前にお役人に伝えておくのが不文律になっています。お役人とて何から何までを的確に把握していてすべての質問に即答できるわけではありませんし、質問の内容によっては、部課長クラスの独断だけでは答えられない質問内容もあります。そのため、議員がどんな質問をするのかということを前もって通告しておかなくてはならない、というか、通告しておいてあげるのです。

あと、今議会では、予算特別委員会でも質問機会があるため、そっち用の質問もとっておかなくてはなりません。

★早生まれの子は保育園入園しにくい現状があるが、同点だった場合は優先などの配慮ができないか?

★中野二丁目保育室は「5年程度の緊急事業」として平成23年に開設された。待機児童解消は一向に進んでいないが今後どうなるのか?

★中野区では年齢上限のある保育園を雨後のタケノコのように増設しているが、3歳児の入園枠は少なく、指数が高得点であっても入れない園がいくつもある。1歳児の壁、1年生の壁に加えて、3歳児の壁までできてしまうのではないか?

★杉並区では、1月19日、保育園入園の一次審査の結果発表より10日も早く、認可保育所等の利用申込者数が発表された。中野区では、すでに結果発表は終えているものの、いまだに申込者数は発表されていない。情報を隠すことで不安はつのる。手元にデータがあり、遅かれ早かれ発表するものなのだから、なるべく早めに発表するべきではないか?

★世田谷、品川等では、保育士の家賃補助が発表された。世田谷は上限82000円。(財政負担の内訳は国50%、都25%、事業者と世田谷区が12.5%で、区の実質負担は1万円程度)さらに両区とも、「保育士セカンドチャレンジ」と銘打った研修をおこない、休眠保育士の掘り起しまでしようとしている。一方の中野区は無策だがこれでいいのか?
メモ*国の安心子ども基金事業を拡充した東京都保育従事職員宿舎借上げ支 援事業を活用する。本事業実施においては就業継続支援研修を努力義務としているため研 修費用の補助をあわせて行う。
(でも、この質問は多分他の誰かが先に言いそう…)

★来年度予算案の中で、文化芸術に関わるものは棟方志功展6日間で767万円のみ。サブカルの街、オタクの街、若者の街、中央線文化の入り口であるこの中野で、志功に767万円かけるのはいかがなものか?過去の遺産をよその自治体から借りてきて活用するのではなく、むしろ、未来の棟方志功を生み出すべく、若手アーティストの支援に力を注ぐべきではないか!?

時期が時期だけに保育園の質問がほとんどになってしまいました。これが僕の政治家人生最後の一般質問になるかもしれませんから、悔いの無いように仕上げたいと思います!!
スポンサーサイト
| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。