123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-02-08 (Sun)
前回区議選の際は、自分の名前を書いたのぼり旗を使っても選管から注意されることはなかったのですが、昨今では選管のチェックが厳しくなっており、自分の名前だけを書いたのぼり旗は使えないそうです。

しかし、たとえば、安倍さんや長妻さんや志位さんとかの、誰かと2人で写っているのぼり旗はOKという、無所属イジメのようなわけのわからない規定もあります。政治家は、自分を縛るルールを自分で作っているので、ときどきよくわからないルールがあるんですよね…。

中野区の政務活動費は1万円以下領主書不要とか…。(改選後から改善されることになりました!)

B (2)
この左側が前回つくったのぼり。

氏名のぼりは禁止ですが、個人の氏名を類推させるものでなければ、のぼりを使ってもOKだそうです。

このところ平日は毎朝街頭演説をしていますが、街頭演説をしても聞いてもらえるのは1フレーズか2フレーズです。聴覚だけでなく、視覚にも訴えていかないともったいないですし、誰が何をしているのかさえ認識されないようでは、街頭演説の意味がありません。

なので、氏名は書かずに、僕の存在をPRできるのぼりを考えています。

本当は「7票差落選男」というのぼりを作ろうかと思っていたのですが、フェイスブック上で意見を求めてみたところ、賛否両論、イチかバチかだったのでとりあえずやめることにしました。

そして、のぼり屋さんにデザインしてもらったのがこちら。
B-1_201502081717052f3.jpg

B-2_201502081718571d8.jpg

やっぱりNO.1は縦書きより横書きの方がいいですね。

フェイスブックに載せたところ、黒枠が喪のイメージだという声もあったので、自分で黒枠を無くしてみました。
B-3_20150208171858e51.jpg

う~ん、やっぱり、黒枠があった方が締まる感じがします。

「中野区議会の文字を少し大きく、それとバランスをとるようにして質問回数NO.1の文字は小さく」
「赤いハンコは中野一番の文字が読みにくくならない範囲で少し大きく」

という注文を出して、再デザインしてもらうことにしました。

こうやって、複数の案を提案してくれて、デザイン代込で2592円。
前回選挙の時から、三光社さんという業者さんにお願いをしています。
http://www.sankounet.jp/nobori/index.html
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する