123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-09-02 (Tue)
先日取材を受けた週刊ポストが自宅に届きました。微妙に本意と違っていたり、微妙に事実誤認があることも載っていますが、思ってたより分量が大きく載ってました。

僕自身ライターをしていたこともあって、作り手側の気持ちもわかるので、微妙なニュアンス違いがあっても、大筋で間違っていなければ、そんなに気にしませんけどね…。
posto2.jpg
『東京・中野区の区議、小宮山たかし氏は過剰な”安全対策”に疑問を呈する「中野区のケースでいえば、経年劣化や安全性の問題により木製アスレチックなど昔からあった遊具が次々と撤去されています。一方で、新設の公園には遊具が一切ありません。 作ったとしても、滑る部分が1メートルほどしかない滑り台が置かれるくらい。滑ろうと上に腰掛けると、小学生でもあっという間に足が地面につくような代物です。アリバイ的に遊具を設置してごまかしているのでしょう。これでどうやって遊べというのか」そしてこう続けた「安全性の確保は大事ですが、昔からある遊具は子どもの運動能力や危機察知能力を伸ばすという点で有益なものだったはず。すでにあるものを活かすための改善策を考えずに、すべて規制してしまうことは決して良いこととは思えません」昔は小川があって水遊びが楽しめた公園が、Oー157騒動でポンプを止めて涸れたままという例もあるという。』
posuto1.jpg

文中に出てくるすべり台はこれのことです。
kiyoharahiroyuki7.jpg
ここは中部すこやか福祉センターの庭で、厳密に言えば「公園」じゃないということは取材中にも説明はしておいたんですけどね…。
kiyoharahiroyuki8.jpg
このすべり台のサイズも、「1メートル…いや1メートル50cmぐらいかな」と説明しておいたのですが、記事中では1メートルになってしまいました。

小川の水が涸れたままというのはこちら。宮前公園です。ここに水が流れていたら夏場は楽しい公園になるでしょうね…。
miyamaekouen2.jpg
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。