123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-08-08 (Fri)
youbou1.jpg
なかの区報7月20日号 区民意識・実態調査結果報告より。
区の施策への要望ランキング。

「防災・高齢者福祉・防犯」がトップ3であることはほぼ不変だが、2013年になって「子育て支援」が圏外から突如4位にランクイン!

5位の「みどり・公園」も、子どもや子育て世代にとっては切実な問題。

さて、この結果をどう読み解くべきか…。

”現在の少子化を放置しておいたらこの国が滅ぶ””子どものいない国に未来はない”というのが、僕の政治理念とか政治信条の一番の根っこの部分にあります。

国の存亡という大きなカテゴリーに比べたら、「中野区をもっとよくしたい」とかなんとかいうのは小さな問題なんです!!!!!(号泣)とさえ考えています。

とにかく子どものことが一番大事。子どもの数さえ増えれば、高齢者問題だって解決します。だって高齢者を支える人が増えるんだもの。

高齢者のことは高齢者の政治家に任せておけばよいけれど、
子どもたちのことを、子どもたち自身に任せることはできません。

中野区議会には42人の区議会議員がいます。あ、先日一人やめたので今は41人か。
すべての議員のプライベートを把握しているわけではありませんが、
中高生のお子さんを含めて子育て真っ最中なのはたった10人強ぐらい。

宇宙に行ったことがなくても宇宙について語ることが自由であるように、
「当事者でなくては発言をしてはいけない」とは決して言いませんが、
僕自身は、当事者ならではの目線や発言を大切にしたいと常に考えています。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する