123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-06-02 (Mon)
川島商店街の近くに違法な「あの植物」が…
ano3.jpg
といっても、麻薬とかではありません。

特定外来生物として栽培・譲渡・販売・輸出入などが法律で原則禁止されている「オオキンケイギク」のことです。僕もこの植物の名前をもともと知っていたわけではなかったのですが、「コスモスみたいな 黄色い花」というキーワードで一発ヒットしました。
ano1.jpg
近所の空き地に群生しているのですが、間もなく草刈されてしまうそうです…。キレイな花なので、何か有効活用できないものだろうかと考えたりもしていたのですが、特定外来生物なのであれば、下手に広めないほうがよさそうですね…。

ここの空き地は、もともと「都営川島町アパート」という都営団地があった空き地です。

この空き地を含む弥生町三丁目周辺地区について、中野区は平成25年6月に、東京都の不燃化推進特定整備地区(不燃化特区)の指定を受け、災害に強く安全なまちの実現などに向け、平成32年度までに不燃領域率70パーセント達成を目標とし、防災まちづくりに取り組んでいます。

道路の拡張と、不燃化建築への建て替え促進などがそのメインメニューなのですが、この都営川島町アパート跡地の都有地を、中野区とURで、有効活用していこうという計画になっています。

★道路拡張に関連して立ち退きしなければならない人のための代替地として使われます。
★近隣にあるパンダ公園よりもう少し大きいぐらいのサイズの公園ができます。

公園と道路に関しては、中野区が東京都から土地を購入します。その他の代替地利用等については、URが東京都から土地を購入し、中野区と連携しながら主導をしていくそうです。現時点では、集合住宅ではなく、複数の戸建てが建つのではないかと想定されているようです。
ano2.jpg

この空き地、もう何年も放置されてるんですよね…。今からでは遅いかもしれませんが、こんなに何年も放置されているんだったら暫定利用・暫定開放を提案しておくんだったと悔やんでいます。こんな草原は中野区にはなかなかないですし、ここで写真撮ったらきっといい写真撮れますよ。

といってもここはまだ現在は都有地なので、区議よりは都議の仕事なのかな…。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する