123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-01-29 (Wed)
中野区の病後児保育について意見を募集したところ、フェイスブックページの方で、いろんな反響がありました。

https://www.facebook.com/takashi.komiyama.50

中野区や近隣区にお住まいの方ならほぼ100%承認しますので、お気軽に「いいね!」をしてみてください。

ただし、美人すぎる人からの申請はちょっと警戒するようにしていますので、美人な方は、「美人ですが悪い者ではありません」と一言添えてください(笑)


Aさん 
登録はしていますが、人数枠な問題で5歳になる今まで使用していません。医療専門職を常駐させるのに、お金がかかるのは百も承知ですが…
ファミサポも、家庭支援センターのヘルパーも、いざという時にお願いできない。色々と悩ましいですね。

小宮山 たかし 人数枠の問題というのは、問い合わせたらすでにその日の定員がいっぱいだったということでしょうか?ウチも夫婦二人で寝込んだ時にファミサポに電話したら、「ファミサポ会員でも、面接を済ませていないとお迎えには行けません」と言われて、泣きたくなりました。「電話応対してる暇があったらアンタが来てくれ」と言いたくなりました(笑)

Aさん
人数枠は、前日でもいっぱいでした。ファミサポの病児預かりは、おっしゃる通り面接がネックです。まず、面接するための時間を確保するのが困難で…。泣きたくなりますよね。もちろん、基礎疾患や何らかの特別な事情を持つお子さんは必要だとは思うのですが。

小宮山 たかし 前日でもいっぱいだったとなると、一人ぐらい定員が増えたところで焼け石に水かもしれませんね…。稼働率を調べてみたいと思います。病後児保育といえばフローレンスとかの方がむしろ知名度が高く、病後児保育を区立保育園等で区がやっているという認識自体があまり浸透していないでしょうから、その認識度が上がれば、需要はもっとたくさんありそうな気もします…。

Bさん
病後児保育より病児保育を求めます!出来ないですかね中野区に。

Cさん フローレンスもファミサポも高いし、事前登録が大変ですよね。(駒崎さんには悪いですが)
あれは、ほぼ保険と同じですもんね。

聖オディリアは、あれ、前にファミサポの研修で行きましたが駅から遠すぎて不便すぎますよ~。
ほとんど依頼は無く、空きがあるみたいでした。

ワタシは、自分の都合が合えば病児保育してますけどね!一時保育ドットネットでの依頼に対してですが、ファミサポで受けた研修内容が役に立っています。ファミサポの研修システム内容、外部にも提供して欲しいです。

Cさんは中野区の南側を中心に、一時保育ドットネットというサービスを立ち上げて、ママ同士の、実質無償の預け合いサービスなどを展開されている方です。

http://ichijihoiku.net/

Aさん
小宮山さん、色々とご丁寧にありがとうございます。
皆さんの経験や知識を次世代の親子につないでいきたいですね。

Dさん
私はファミサポの病児保育、働いているときは使わずに乗り越えられましたが登録だけはしていました。仕事していないと使えないのがネックですね~。4月から復帰するにあたって、また登録予定です。

知人は病院連れて行ってくれる初日はフローレンスさんにお願いして、その後は、ファミサポの病児保育、と使い分けている方がいましたよー。

中野区外の方に、ファミサポの病児保育がある、というとかなり羨ましがられますよ~。対外的に自慢していいセーフティーネットです。制度としてはないけれど信頼のおけるファミサポさんにお願いしている、という区外の方も知ってます。


僕もツイッターやフェイスブックやブログなど、いろんなメディアを使っていますが、意見交換をするのに一番便利なツールはフェイスブックですね。

たぶん、中野区の区議会議員の中で、ネット上での発言や情報発信が一番多いのは僕です。

「式典やパーティーに出席したり、お神輿かついだりお餅ついたりしてきました。」というのが従来の政治家の情報発信スタイルですが、そういうアホ丸出しの無意味な情報発信は、僕は(たまにはすることもあるかもしれませんが)なるべくしたくないと考えています。

ホントは中野区の病後児保育の現状について書こうと思ってたのですが、それはまた次の機会に…。




スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。