123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-09-08 (Sun)
2020年オリンピックとパラリンピックの開催地が東京に決定しました。

僕はこれまで、積極的な賛成はせず、反対もしないけれど、むしろ被災地の復興に直接投資するべきであるという意見を持っていました。

しかし、いったん開催地に決定したとなれば、今後は、東京のみならず日本のため、被災地復興のために、五輪を、復興の起爆剤としてうまいこと活用できるように、しっかりチェックをしていきたいと考えています。

さて、このオリンピックで中野区はどうなるか?

現段階で、中野区で何かの競技をしたり、施設を利用したり、新設したりという予定はないようです。

間もなく、9月末から、国民体育大会と全国障害者スポーツ大会が東京で開催されます。

中野区では、正式種目は行われませんが、「デモンストレーションとしてのスポーツ行事」として、「躰道」「フラッグフットボール」という競技が、中野体育館で行われます。

国体ですら、正式種目をおこなえない=大規模なスポーツ大会をできるだけの場所がない、中野区ですから、オリンピックの正式種目会場になることは今後もまず無いでしょうね。

では、たとえば選手村とかの、バックアップ施設の設置はどうでしょう?
いかんせん中野区には広い場所や大きな施設がありませんから、そちらも期待薄です…。

僕は、今「Meetrip」とか、「couchsurfing」のような、外国人旅行者に対して現地人が宿泊やガイドなどのサービスを提供するためのサイトに、サービス提供者として登録をしています(詳しいことは検索してみてください)。

たまには英語を使ってみたいということと、これまで、自分が旅行をした時にいろんな人に親切にされた恩返しを(間接的にではあるけれど)したいという気持ちからです。

こうした草の根交流のための何かを、今後中野区でできないかどうか?市民同士の交流をすることで、お互いWINWINの関係を築いていけるのではないか?

ということを、これからしばらく考えてみたいと思ってます。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する