12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-07-17 (Wed)
参議院選挙の投票日が近づいてきました。

前回の都議選では、僕は期日前投票をしました。

中野区で期日前投票をしているのは、

≪中野区役所≫
  平成25年7月5日(金) ~ 平成25年7月20日(土)

  時間は午前8時30分~午後8時 (土・日曜日も同じです)

≪南中野・東部・江古田・野方(新設)・鷺宮の各区民活動センター≫
  平成25年7月14日(日) ~ 平成25年7月20日(土)

  時間は午前8時30分~午後8時 (土・日曜日も同じです)


です。

区のHPを見ると、封書でお送りする投票所入場整理券の裏面に、「期日前投票宣誓書兼請求書」が刷りこんでありますので、こちらにあらかじめご記入の上お越しください。 投票所入場整理券が届いていない場合でも、投票資格があれば期日前投票できます。なんてことが書いてありますが、実は、期日前投票は、手ぶらで行っても受け付けてくれます。しかも、身分証明も必要ありません!

ホントの手ぶらで行っても投票できてしまうのです。これはこれで問題ありそうな気もしますが、そういう制度になっているのです。

他の政党や候補者のことに関しては、以前はいろいろ言っていたこともありましたが、今はあまりアレコレ言わないようにしようと思ってます。

それにしても今回の参院選は決め手に欠けます。僕は基本的に「反自民」なので、自民党に入れる気持ちはまったく無いのですが、では、自民党以外のどこに入れたらいいのか???

あまりにも決め手に欠けるので、朝日新聞ボートマッチというやつで、自分の気になる政策と、どこの政党が一番一致度が高いのか、調べてみました。死票はなるべく入れたくないので、小さな政党は選択肢に入れませんでした。あと、宗教団体と深い関係があると思われる政党も選択肢には入れませんでした。

http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/asahitodai/votematch.html

すると…。

とりあえず僕が選択肢に入れた政党 自民・民主・みんな・共産・維新の中では、

民主党72%
みんな71%
共産 68%
維新 59%
自民 53%

という結果になりました。

民主党かみんなの党が妥当なところみたいですし、まあ、自分自身でも、その結果にあまり異存はありません。

とはいえ、今の民主党はちょっと…ですね。

民主党からはしごを外されてしまった大河原さんを可哀想に思う気持ちもなくはないのですが、大河原さんが当選したら民主党に復党するともしないとも、検索した限りではハッキリしません。政界の慣例からして、当選したら復党する可能性も結構あると思うので、大河原さんはナシです。

一方のみんなの党はどうでしょう?僕は中野区議会でも、公務員給与削減や、議員給与削減に関しては、みんなの党と共同歩調をとって、大幅削減を求める立場から反対してきました。区議会議員は42人いますが、給与の大幅削減を求めている区議会議員はごく少数派で、僕とみんなの党の区議会議員(2人)の計3人程度しかいません。

となるとローランド?

僕もカメラマンの端くれですから、カメラマンとしてのローランド氏の活躍は以前から知っていました。

桐島ローランド氏についてネット検索してみると、

「ボク、まったく政治に興味ないんですよ。関心をもったところで何も変わらないから。
普段の生活が充実してれば政治って別にそんなに重要なものじゃないですしね。もちろん
政治家の人たちにはやってる理由ってあるんでしょうけど、だいたい金儲けとかでしょ。
ボクみたいな芸術家にとって金儲けは優先順位低いし、よくこのままじゃ日本はひどくなる
って政治家はいうけど、そうやって危機を煽って、その恐怖を埋め合わせで金儲けにつなげ
てるんだしね。金持ちが肥えるためのものでしょう。政治なんてボクはどうでもいい」


という婦人公論のインタビューとされるものが出てきますが、何年何月号なのかをちょっと検索してもわかりませんでした。このインタビューがホントにホンモノなのかという確証はありません。

これがデマだとしたら相当悪質ですが、「桐島ローランド 婦人公論 デマ」と検索してもヒットしないので、本当の可能性は高そうです。

僕自身、法学部政治学科&弁論部を出て、若い頃から人並み以上に政治に関心を持っていましたが、20代の一時期は自称芸術家として生きていたこともありましたし、自分の半径5メートルが幸せならそれでいいと思って生きていた時期もありました。でも、結婚や出産を経て、この、子育てしにくい中野区を変えていきたいという気持ちが強く強く芽生えてきました。なので、ローランド氏が過去にどんな発言をしようと、今ちゃんとしていればそれでいいんじゃないかなという気持ちも無いわけではありません。

ただ、出馬会見時の、「政策のことは分からない。まだ勉強中」

というローランド氏の発言は、プロの政治家として聞き捨てならないですね~。

「写真のことはわからない。まだ勉強中」なんていうカメラマンに撮影されたいと思いますか??????
「料理のことはわからない。まだ勉強中」なんていう料理人の料理食べたいですか???????

ネガティブキャンペーンみたいなことはあまりしないでおこうと思っているし、みんなの党は決して嫌いじゃないのですが、それでもやっぱりローランドは無いわ。

今回は、たまたま民主党とみんなの党についてネガティブなことを言及してしまいましたが、その二つの政党以上に「この政党は無いわ」と思っている政党もあります。でもそういうことはもうあまり言わないでおこうと思っているので今回はもうこれ以上言いません…。

いろいろ考えた結果、僕は、東京選挙区では、大政党の候補者には投票しないことにします。でも、死票はなるべく投じたくないので…。となると、消去法で、あの人ってことになるのかな~。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する