12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-13 (Sat)
日付変わって今日13日(土)は桃園小学校の花火教室があります。「花火教室」という名前ですが、実際は、PTAが趣向を凝らした打ち上げ花火を何百発?何千発?と打ち上げる花火大会です。

momozonohanabi1.jpg

僕も桃園小学校のPTAのヒラ会員としてお手伝いしたいところではあるのですが、今日は宮の台保育園の夏祭りでもありまして、僕は保護者ブースの撮影係担当で、僕一人で数時間で100人弱を撮らなければいけないので、一年で一番フル回転で撮らなければいけない日でもあるので、お手伝いは名乗り出ませんでした…。

今日(12日)は、新宿に大吉のパスポートを作りに行ってきました。

そのついでに紀伊国屋書店の隣の献血センターで献血をして、それから新宿西口のチケットショップ街に行ったら、ボリショイサーカスのチケットが最安値350円で売ってました。

子どもの城のチケットは最安値150円。

たまがわ恐竜大図鑑展のチケットは100円以下。

ウルトラセブン展のチケットも100円以下。

でした。

都内では、毎年夏になるとどこかしらで大規模な恐竜博が開かれることが多いのですが、今年は大規模な恐竜博は無さそうです。

たまがわ大恐竜図鑑展(玉川高島屋S・C)2013年7月24日(水)〜2013年8月18日(日)

恐竜の実物化石や全身骨格など約50点の展示が一同に会する本展覧会は、恐竜が進化、繁栄を続けた約2億年の壮大な恐竜の歴史をわかりやすくご鑑賞いただけます。
三畳紀、ジュラ紀、白亜紀のそれぞれに生きていた恐竜の、2cmの歯の化石から全長9mの全身骨格まで展示致します。最大の展示物は、白亜紀(約1億3千万年前)に生息していたアマルガサウルスの全身複製骨格です。また、都内初出展となる、全長5mのラブドドンの全身複製骨格や、全長2mのプロトケラトプスの実物化石も展示致します。

展覧会では、化石レプリカを発掘することによって地層の時代を推定するコーナーやアンモナイトや恐竜の歯の化石レプリカをつくる参加・体験型のワークショップも開催いたします。また、期間中、玉川髙島屋S・C本館グランパティオでは「恐竜ライブショー」と題したイベントを7月27日(土)、28日(日)に開催いたします。全長4.5mの恐竜「ラプトル」が、まるで生きているかのようにリアルに二足歩行し、お客様の目の前で動き回る迫力満点のイベントです。

普段目にする機会が少ない恐竜繁栄の歴史を身近にご覧いただけます。お子様はもちろん大人の知的好奇心をも刺激する『たまがわ恐竜大図鑑展』を、この機会に是非ご体感ください。
※「たまがわ恐竜大図鑑展」は、恐竜界の第一人者 真鍋真博士監修の元、開催いたします。

イベント内容: ■
・骨格標本や化石の展示
・恐竜ロボット展示
・恐竜映像放映
・恐竜グッズ販売
・化石レプリカ発掘体験
・化石レプリカ作りワークショップ
・恐竜ライブショー(別途開催)


ワークショップは面白そうですが、混んでいそうなので、多分あまり楽しめないでしょう…。玉川高島屋がどれだけ大きいのかはよく知りませんが、幕張あたりの特設会場や、科学博物館の特別展に比べてしまうと規模も小さいんじゃないかと思われます。

迷ったけれど、ウルトラセブンと恐竜図鑑展のチケットは買いませんでした…。

マザー牧場とか、東武動物公園とか、群馬とかのサファリパークとか、ちょっと遠くの面白そうなチケットもいろいろありました。

夏休みのお出かけ先を決める前に、とりあえず新宿西口のチケットショップ通りを覗いてみるのもいいと思いますよ。思い出横丁の近くです。

スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。