12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-06-28 (Fri)
ブログ更新の鈍っていたここ1~2ヶ月の間に、いろんな動きがありました。

南中野地域を中心に、いろんな地域活動や、子育て支援活動をしている人たちとの結びつきがとても強くなりました。

南中野地域では、ここ半年ぐらいの間に、僕が知っているだけでも5~6個の子育て支援活動や地域活動が、新たにスタートされています。

それぞれがほとんど独自に、同時発生的に活動を開始したのですが、僕は、そういう人達同士の横のネットワークを作りたいと思って、積極的に活動しています。(同じようなコンセプトを持つ「なかの育フェス」にも僕は参加しましたが、育フェスとはまた別の動きでネットワークづくりをしています)

活動の主催者格の人に、「同じような活動をしている人達がほかにも何人もいるので、よかったら情報交換したり、一緒に何かをやったりしていきませんか?」というと、皆さん喜んで集まってくれます。それに、見ている方向がだいたい一緒なので、話していてとても楽しいです。それぞれが、自分一人で団体を立ち上げちゃうようなバイタリティのあるメンバーばかりなので、僕一人ではとてもできないようなことでも、みんなと一緒ならできてしまうような気もします。

あと、僕の場合、いざとなれば写真撮影会を開催することもできるので、単なるコーディネーターとかプロデューサーではなく、イベントの実行者として活動できるのも大きな強みです。

もうね、地域の活性化は中野区に頼るんじゃなくて、さっさと自分たちの手で進めちまおうと…。

もちろん、僕は、中野区議会で、市民活動支援とか、公益活動支援についてたぶんもっとも積極的に取り上げている区議会議員の一人でもあるんですけどね…。

cherrybabe1.jpg

今日はこのチラシを見つけました。まだ立ち上がったばかりの新しいサークルのようです。何か、僕やその仲間と一緒にできることはないかどうか、僕みたいなオッサンがいきなり一人で行ってもアレなので、今回は仲間のママさんに様子を見に行ってもらうことになりました。

otonanogakkou1.jpg
7月5日9時半~@東部区民活動センター
「大人の楽校」
あそびにおける大人・地域の役割

講師 星野 諭さん(一級建築士、地域コーディネーター、イベントプロデューサー) 1978年、新潟の妙高高原生まれ。 大学時代に「子どもと一緒にデザインしよう会」を立ち上げ、2008年に NPO法人コドモ・ワカモノまちing を設立。 路地にある一軒の空き家を借りて子どものたまり場を作ったり、車に乗って移動式子ども基地を各地に届けたりと、子ども・若者が主体的にまちに参画するための環境づくりに取り組んでいる。

東部区民活動センターには地域ボランティアによって運営されているぴよぴよ広場が併設されています。地域で子育てしようという意識の高いエリアなのかもしれませんね。
otonanogakkou3.jpg
毎年恒例U18プラザ中央(元仲町児童館)でのサマーステイ。昼間はイベントで遊んで、夜は近くの神社にテント泊するイベントみたいです。でも、残念ながら申込期限はすぎてしまいました…。普段とは違う場所で泊まるだけでも、子ども達には一大イベントですから、こういうお泊りイベントを何か企画できると面白くなりそうです。

otonanogakkou4.jpg
happy cafeというところが主催している「劇であそぼー」という演劇ワークショップのようです。小学1~6年生対象。

6月30日(日)はU18プラザ中央(旧仲町児童館)
7月7日(日)は朝日が丘児童館

「中野区民公益活動」というのは、中野区からの市民(区民)活動に対する助成金が下りている活動であるということだと思います。

1年以上の活動実績がある区民活動(団体)なら申込可能です。今年の応募は4月に締切りました。

とりあえず、ここ最近のいろんな地域活動情報のお知らせでした。


スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。