123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-05-26 (Sun)
中野駅近くの四季の森公園 中野セントラルパークで行われた、「太陽と星空のサーカス」に、大吉と春子を連れて行ってきました!

大人も子供も同じ目線で、一緒になって楽しめる世界。 それが「太陽と星空のサーカス」です。
太陽と星空の下、みんなでおいしいものを食べて、 好きなものを作って、見て、聞いて、触れて、みんなで楽しもう!
大人も子供も楽しめるワークショップ、選りすぐりのプロダクトマーケット、ライブパフォーマンス、フードマーケットやマルシェ(野菜市場)も開催。
大きなテントを映画館にした「太陽と星空のシアター」では影絵やアニメーションなどを上映します。
taiyokaze1.jpg
taiyokaze2.jpg

こじゃれたお店がたくさんあって、高価有料のこじゃれたワークショップとかも複数あって、今までの中野とはちょっと違う、こじゃれた空気を感じました。

なんだかんだ魅力的なイベントもたくさん用意されてはいるようですが、結局のところ、このイベントは、物販のお店が中心の商業イベントであるようです。セントラルパークで行われるイベントには、どうも、一見魅力的だけど、お金がないと楽しめないようなイベントが少なからずあるような気がしないでもありません。まあ、セントラルパークは商業施設ですから(四季の森公園は区立公園)、そこで商業イベントを行うのが当たり前と言えば当たり前なんですが、好きなものを作って、見て、聞いて、触れて、みんなで楽しもう!なんて宣伝文句を鵜呑みにしてしまってもいけないのかなと…。

僕が志向しているような手作りの地域活性化イベントの参考になればと思って出かけたのですが、資本力の差も大きく感じましたし、あまり参考にはなりませんでした…。

「つまらなかったね」というのが、大吉の感想でした。僕は公人なのでそういうことはなかなかハッキリ言えませんけどね。

とりあえず、手作りのキャンドルを売っていたアーティストに声をかけて、よかったら川島商店街の行灯祭に参加してくれと言って、連絡先を聞いたのが唯一の収穫でした。

スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する