123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-05-07 (Tue)
僕は若い頃から風呂なしアパートに住むことが多く、都内各地いろんな銭湯に入ってきました。これまで、都内だけでも数十ヶ所の銭湯に入ってきたことがあります。

知らない街の知らない銭湯にフラリと寄ってみるのも、ちょっとした温泉旅行気分でなかなかいいもんです。

450円という銭湯料金は毎日気軽に行けるものではありませんが、近所で、ちょっとした時間で、ちょっとしたお金で、これだけの非日常を味わえる空間はなかなかありません。

でも、東京の銭湯はお湯が熱すぎることが多く、子ども達がのんびり入るにはあまり適していない場合が多くあります。子どもがのんびり入れないと、大人ものんびり入れません…。

露天風呂は、外気と接しているせいか、ややぬるめのことも多いのですが、露天風呂のある銭湯は限られています。

ネット検索してみると、「銭湯のお湯は熱すぎる」という意見が多数ある一方で、「熱いお湯に入るのが江戸っ子」「水でうめるのはマナー違反」という声もあるので、水で薄めるのは躊躇してしまうこともあります。

熱すぎる銭湯だと、下手をすると、子ども達が一度も湯船に入らないまま風呂を出ることになってしまったりするので、子連れで知らない銭湯に行くのはちょっとためらってしまう場合もあったりします。

南中野地域の銭湯は5ヶ所ぐらい行ったことがありますが、

清治湯 弥生町2丁目 露天風呂がある。

高砂湯 中央4丁目 露天風呂がある。

大黒湯 本町4丁目 比較的近代的。

には複数回行ったことがあります。

マジック温泉昭和浴場 中央5丁目には先日行きました。店主がマジシャンで、事前に頼めばマジックを見せてくれるらしいです。漫画本が多かったり、いろいろ個性的な銭湯です。浴槽の数が多く、「ぬるめ」とか「熱め」とか表記してありましたが、「ぬるめ」の浴槽でも、銭湯壁面の温度計が壊れてるんじゃないかと思うような温度表示で、やはり熱かったので子どもは入りたがらず、水で埋めたらやっと入ってくれました。

昨日は、大吉と春子と一緒に、小金井公園に行ってきました。
koganeikouen11.jpg
思った以上にたくさん人がいて、子ども向けの遊具などで遊ぶ気にはなれませんでした。
koganeikouen12.jpg
でも、広い公園ですから、遊具や屋台から離れてしまえば、人の数もたいしたことはありません。

僕は、半分は子どもと一緒に遊んでいましたが、
koganeikouen13.jpg
半分は、木陰の芝生の上に寝転がって本を読んでいました。

遊具で遊んだりしなければ、ただの、緑あふれる広い公園ですから、こんなことなら近場の新宿御苑でも同じことだったかもしれません…。

が、どうしてわざわざ電車とバスを乗り継いで小金井公園までやってきたかといえば、そこにスーパー銭湯があるからです。

http://www.supersento.com/kanto/tokyo.html

東京のスーパー銭湯は意外といろいろあるようです。(渋谷区本町の「湯あそびひろば 天龍泉」など、すでに閉店した店もリストに載っているようなので要注意かもしれません)

都心にあるほど狭くて高い傾向があっても良さそうなので、逆に、郊外のスーパー銭湯なら、安くて広いのではないかと考えてみました。

「おふろの王様 花小金井店」なら、料金も他と比べて高くないし(大人休日料金1000円小学生500円幼児400円)公共交通の便はよくありませんが、そう離れていない場所に小金井公園があるので、遊び帰りに一風呂あびることができそうです。(「おふろの王様 光が丘店」も、光が丘公園の近くにあって、料金も高くないので使えそうです。「おふろの王様」の宣伝をしたいわけではありませんけれど…。)

バスぐらいきっとあるだろうと思って現地に行ったら休日はバスが走っていなかったり、いざとなればタクシーでも乗ればいいやと思っていたらタクシーがまったく走っていなかったり、子どもと一緒に長距離歩かざるを得なくなっていろいろと難儀はしましたが、いろんなタイプのお風呂があって、子ども達も喜んでいました。

GWということもあって、湯船に入る空間を探すのにちょっと待ったりしなければならないほど混んでいましたけれど…。

行きは丸ノ内線&中央線で行きましたが、帰りは、19時頃の中央線行きの終バスに間に合うかどうか微妙な時間だったので、「おふろの王様 花小金井店」から、大人の足で徒歩15分程度の西武新宿線花小金井駅まで歩いて、西武新宿線中井~大江戸線中野坂上というルートで帰りました。

ということは、中野区民でも、西武新宿線沿線の人は、このスーパー銭湯まで電車一本で通うことが可能ってことですね。僕はもうしばらくここには行きませんが、電車一本で通えるんだったら、また行ってもいいかもしれません…。

今後も、スーパー銭湯や、スーパーじゃなくても良い銭湯を開拓してみたいなと思います。
スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する