12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-04-25 (Thu)
今はデコ上履きがマイブームなんですが、たまには中野区のことも書かなくちゃいけませんね。

3月中に、中野区に対して、2件の調査依頼をしておきました。

1、中野区の保育園入園審査の点数の分布について
2、中野区の保育園児の生まれ月について

1件目は入園審査において、何点なら受かって何点なら落ちたのか、区民への情報提供を最大の目的とするほか、不正の監視を目的としています。

2件目は、早生まれの子の保育園入園が不利な状態にあるということが容易に想定されるため、それを数字で裏付けることによって、問題を明確化したいということです。僕自身3月30日生まれで今までいろいろと損したと思うことがありますし、明らかな問題点があるならば是正するための措置も必要であると考えています。

こうしたデータは、今まで一度も公表されたことのなかったデータでありました。

先日、結果を聞こうとしたのですが、担当副参事(課長クラス)がいなかったので、別の係長クラス?の職員さんに話を聞きました。

すると、1に関してはシステム変更したため、集計が困難なのですぐには出せないのでもう少し待ってほしいという返事でした。2に関しては、そういうデータは区では持っていないので、出せないと言われてしまいました。

今日はあらためて担当の副参事と直接話をしてきました。

1についてどうなっているか?

2について、区はデータを把握していないと言うが、保育園ではお誕生日会をすることもあるし、保育園がデータを持っていないわけがない。

区がそれでもデータを持っていないと言うのならば自分が各保育園に直に問い合わせて調べようと思うが、「個人情報がどうのこうの」言われるのは面倒くさいので、区議の政務調査ということで、保育園側にすんなり対応してもらえるようにはからってもらえるかどうか?

4月から新しく新任の副参事になったので、あらためて、どこまでできるかを調べていただき、結果報告をいただくということになりました。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(5) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する