123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-04-13 (Sat)
これまでも何度か紹介していますが、中野区松が丘の清掃事務所にあるリサイクル展示室では、粗大ゴミの中から、まだ使えそうなものを整備して、区民に無償提供しています。

月始めから、20日前後までリサイクル品を展示し、1人につき二つまでの抽選を受け付け、当選者に無償で提供をしています。

たとえば今月の展示品はこちら。

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/474000/d001374.html

でも、このリストを見ても、まったくわかりませんよね…。

recycle11.jpg

こうやって写真を見れば一目瞭然なんですが、「座卓」「衣装ケース」「整理棚」とだけ書かれても、あまり食指は動きません。

一番右側の白いやつは、たぶん、「整理棚」という名前でリスト掲載されているものなんですが、これ、買えば結構高そうです。思い出洋品店の店内に置いても素敵なんですが、商用利用していいかどうか微妙なことと、そんなものを置くスペースは無いのであきらめました…。

真ん中にあるミッフィーのチェストも、これも買えば数万円はしそうです。

実際の作業をしているのが、シルバー人材センターの方々なので、写真を撮ってネット掲載をするという作業工程をゼロから覚えるのも、大変なのかもしれません…。

recycle12.jpg

子ども用品の掘り出し物もたまにあります。子ども用自転車や三輪車などがあることもあります。

recycle13.jpg

今月の家具は結構小ぶりなものが多く、掘り出し物もあまり多くなかった気がします。

僕は抽選には応募せず、本棚にあった子ども向けの本を2冊いただいて帰りました。

ここの運営方法が、果たしてこのままでいいのかどうか、僕は疑問を持っています。

★あまり便利とはいえない場所にあって、すべての区民に平等にチャンスがあるとは思えないこと。
★リサイクル活動の啓発・促進という、本来の建物の機能が十分に生かされていないこと。
★1ヶ月に1回転というスペースの使い方が、費用対効果に見合っているのかどうか。
★杉並・新宿・渋谷などの近隣区では、区民から寄せられたリサイクル品を有償販売する区営施設があるが、中野区でもそうした施設を作って有償販売すれば、運営経費にもなるし、リサイクル活動全般の促進になるのではないかということ。

などを、リサイクルのプロの視点から(笑)、3月に行われた予算委員会で指摘しました。

会議録が公開され次第、このブログにも掲載しますね。



スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する