123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-04-14 (Sun)
中野区立中央図書館には視聴覚コーナーがあって、そこでインターネットができたり、音楽CDの貸し出しができたりします。

さらに、映画ソフトもたくさん置いてあります。
lib12.jpg
この写真を見るとDVDソフトのようにも見えるんですが、実は、これはビデオテープのダミーを書架に入れてあるだけなんです。

子ども向けのタイトルも多数あります。
lib11.jpg
デ○ズニーのソフトもあったんですが、写すと怒られるかもしれないので写真には撮りませんでした。

繰り返しますが、これはDVDではなく、ビデオテープのダミーです。

別のブログにも書きましたが、図書館がDVDを所蔵するには市価プラスアルファのお金がかかるらしく、高額になるために、DVDソフトを収蔵することは難しいそうです。また、DVDは割れたり傷んだりしやすいため、貸し出しや保管に気を使うし、割ったり傷めたりした利用者に、市価プラスアルファの料金を請求することもしずらいということでした。

でも、これまた別のブログに書いたように、著作権の期限の切れたパブリックドメインDVDならば、たいした予算もかからないし、図書館に収蔵してもいいんじゃないのかなあ???ん、今いいこと言いましたね自分(笑)

小宮山家では今どきビデオデッキも活用しています。ビデオソフトは行くところに行けば二束三文の捨て値で手に入りますから、「今こそビデオ!」だと個人的には思っています。小宮山家には映画ドラえもんのビデオだけでも20本近くありますが、購入価格で考えると、新品DVD1~2枚分の購入価格です。

「今どきビデオなんて、利用者いるんですか?」と図書館の担当者に聞いてみましたが、「それが意外といるんです」という返事でした。

やっぱり今こそビデオでしょ!(笑)仲間がいるんだと知ってちょっとうれしくなりました。
スポンサーサイト
| 特売セール情報 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する