12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-03-15 (Fri)
昨日までは議会日程が詰まっていて、今日は宮の台保育園の卒園式でした。

バタバタしているのでなかなかブログ更新できなくてすみません。

非公開のコメントで、「認可保育園を増やせと安易に言うのはいかがなものか?」みたいなコメントも複数来ているのですが、時間はかかりますがいずれ返答します。(お急ぎでしたら、過去のブログで何度か言及していることなので、過去ブログをよ~くご覧くださ。どうしても大至急で返答希望でしたら、090-3988-二千番まで昼間お電話ください)

質問に対して乱暴な回答をしてしまうと、児童福祉法24条により、国民には保育を受ける権利があって、自治体に保育実施義務がある-と定められています。「保育園を作ることは自治体の義務」と法律で決まっているのですから、金がかかろうと何だろうと、作らなきゃいけないんです、というのが乱暴な回答です。

が、この法律も改正される可能性が高くなっていますし、僕自身、法律が作れと言っているから保育園を作れと言っているわけではありません。法律による実施義務があってもなくても、保育園はあった方がいい。待機児童はいない方がいいと思っています。

先日、杉並区の区議会議員が、「子育ては本来家庭で行うべきだ」とブログに書いて物議をかもしましたが、僕も、子育ては本来家庭で行うべきだと思っています。

「子育ては保育園がするべきだ」なんていう考え方の母親っているの?

だけど、いろんな状況で、保育園に預けざるを得ない。その、母親をとり巻くいろんな状況を書いていくと話が広がって収拾つかなくなるので今は書きませんが、女性の社会進出とか終身雇用の問題とか日本の生産力の問題とかいろんな事情があるんです。

保育園とはあまり縁の無い人が、子育ては本来家庭で行うべきなのに、保育園に湯水のように税金を使うのはいかがなものかと考えることもやむを得ないことです。

中野区の、たしか公設公営保育園のゼロ歳児保育には41.9万円のコストがかかっています。それに対して保育料の上限はたしか5万円台ぐらいです。

約42万円の税金を使って子どもを預けて働いて、手にする給料はたぶん20~30万円程度の人が大多数だと思います。この仕組みって何かおかしいんじゃないの????ということは僕も常々感じているのですが、だったらどうすればいいのかということは、簡単には見えてきません。

あと、政治というのは、原則として、最大多数の最大幸福を目指すものです(例外もあります)。

「私は早稲田通りは通らないのに早稲田通り整備に税金を使うのはいかがなものか?」と考える人がいても、私以外の多数の人や、社会全体にとってそれが必要であれば、早稲田通りの整備はしなければなりません。

いろいろとご質問をいただいたのですが、その中で、日本最大の教育上よろしくないサイトであるFC2に公式を置く政治家ってもの凄く信用がおけないのですが、この辺りについてもいかがお考えでしょうか?

という質問がとても面白かったので、この質問について優先的に回答します。

FC2について特にこだわりがあるわけではありませんが、無料サイトであることにはとてもこだわっています。もともとこのブログを始めた当初はお金もあまりありませんでしたし、今は政治家としてお給料をいただいていますが、2回も落選経験がありますので、今後どうなるかはわかりませんし…。

FC2についてしいて言えば、過去に使用したことのある複数の無料ブログサイトの中では比較的使いやすかったということと、写真データ掲載の容量が比較的多かったことと、大手である(=つぶれにくい)ことが、FC2を使用している理由です。

私自身は、FC2が日本最大の教育上よろしくないサイトであるという認識はまったくしていませんでしたが、質問者様は日本にある教育上よろしくないサイトにはとても詳しい方のようですね。

「教育上よろしくない」とは、FC2が、アダルト関連のサイト運営?をしていることを指すものと思われます。FC2の中にはアダルト関連のサイトがあることは、私も決して嫌いじゃないのでそこそこ承知していますが、その規模が日本最大なのかどうかは知りませんし、そう指摘されたからといってFC2のアダルト関連サイトの状況についてわざわざ調べようとも思いません。

本屋にエロ本が置いてあるからといって、「エロ本も売ってる本屋を利用する政治家はもの凄く信用がおけない」と考えるかどうかは個人の自由ですね。私の考え方とはあまりにも異なりすぎているので、あなたの考え方を訂正したり反論したりするためにエネルギーを使いたいとは思いません。

とか言いながら、今日のブログを書くのにはすでに3時間を費やしています。言いたい放題書いているようでいて、実はあげ足をとられないようにそれなりに注意を払って書いているつもりです。

だいたい「ものすごく信頼がおけない」とまで言いながら、そんな相手にどうしてあれこれ質問してくるんでしょうね?その質問を通じて僕を論破したい気持ちはよくわかりますが、僕は論破されないし、論破したところでどうするの???

これまで、ブログに寄せられた質問等には、それが悪意を感じさせるものであっても返事はするようにしてきました。でも、この先、ネット選挙が解禁されると、僕みたいにネット上での口数が多い議員は、あげ足を取られる機会も多くなってしまう…。

たとえば、組織的に、いろんな質問をなげかけてきて、それにまともに対応すれば時間がいくらあっても対応しきれなくなるし、それを無視すれば「有権者の声を無視する政治家」というレッテルを貼られてしまう…。

ネット選挙も、決していいことばかりじゃないんですよね。

将来的に、匿名の質問には答えないなど、何らかの善後策も検討しなければいけない日も来るかもしれません…。
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する