12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-01-10 (Thu)
孫の教育資金、非課税に=雇用促進減税も実施へ―政府
時事通信 1月9日(水)12時35分配信
 政府は9日までに、緊急経済対策に祖父母が孫に教育資金を一括贈与した場合、贈与税を非課税とする措置を盛り込む方針を固めた。非課税額の上限を1人最大1500万円とする方向で調整している。
 11日に閣議決定する緊急経済対策では、企業の雇用促進や給与引き上げに向けた新たな減税も検討しており、「あらゆる政策を総動員して、経済再生を進める」(自民党税制調査会幹部)としている。
 贈与税の非課税措置は、高齢者の資産を孫の入学金や授業料といった教育費に活用することで、若年世代への資金移転を進める狙いがある。信託銀行などに孫名義の口座をつくり、将来の教育資金を贈与した場合に一定額を非課税とする仕組みを軸に検討する。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000063-jij-pol

今も親子間で年間110万円までの生前贈与は非課税です。
なので、年間110万円以上の贈与ができる余裕のある人にとってはいいお話なんでしょうね。

いい相続税対策にもなりそうです。

子育てにはお金もかかりますから、祖父母の手元で眠っている資金を流通・流動化させるための景気刺激策としても有効でしょう。

でも、お金の無い人にはあまり関係の無いお話ですね。
こうしてまた格差社会が広がっていってしまうのだろうか…。


…と思っていたら、翌日のニュースで、富裕層の所得税や、相続税を増税するというニュースがありました。

なるほど。あの手この手でいろいろ考えてるんですね~。

スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。