123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-12-24 (Mon)
今日は朝風呂に入ったのですが、着替える際のなんてことない動作をきっかけに、軽いぎっくり腰になってしまいました。

僕はもともと腰痛持ちで、20代後半の頃にぎっくり腰で1ヶ月ぐらい寝たきりになっていたこともあるのです。

このところもう何年も腰痛関連の症状が無かったので油断していましたが、最近の運動不足に加えて、昨日と一昨日、商店街の福引に立ち会って、寒い場所で立ちっぱなしだったのがよくなかったのかもしれません。

急遽、川島商店街のふたば整骨院に行ってマッサージをしてもらい、多少症状はよくなりました。

そのまま帰宅して寝ようかと思ったのですが、僕は商店街の歳末福引の責任者でもあるので、福引会場に顔を出して、帰るタイミングを逃したまま、ついズルズルと午後6時の福引終了まで立ち会ってしまいました…。

でも、福引をしている最中に、思い出洋品店のお客様も何人か電話をかけてきたり会場に来たりして、お店を開けることもできたので、結果として帰宅せずによかったかなと思いました。特に今日のお客様は埼玉とか新宿とか、遠くから来たお客様もいらっしゃったので…。でも明日は家で一日寝ることにします。

今日はクリスマスイブです。

小宮山家では、僕が仕入れ先で見つけてきた雑多なものとか、ブックオフで105円で買ったゾロリの本とか、先日ゾロリランドで買ったゾロリグッズとかをいろいろ詰め合わせにして贈ります。

それはそうと、以前のNHKの「ためしてガッテン」で、切れない包丁でもケーキを上手に切る方法というのをやっていました。

スタジオでケーキがキレイに切れないわけを解説。クリームが包丁にくっつきスポンジを押しつぶす、そしていちごも包丁にくっつきスポンジを押しつぶすためである。ケーキ屋の場合は超音波のカッターでケーキを切っているという。超音波を使用することにより刃にクリームなどがくっつかなく瞬時に断ち切ることが可能に。専門家は振動させて切ると良いと言うのだが…
包丁使いに悩む主婦の登場。主婦は3日前にケーキの上手な切り方を伝授されたという。見事綺麗に切ることに成功!
ケーキものり巻きも!キレイに切れる秘密とは超スライド水平切り。ケーキカットのコツは包丁を温める(45度のお湯に30秒)、ケーキは冷やしておく、ケーキの直径よりも刃が長い包丁を使うこと。のり巻きでも可能。
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/info/120722/index.html

下記のサイトに、より詳しく載っています。
http://matome.naver.jp/odai/2135598926729244401

ケーキは、クリームがはみ出したり、イチゴが落ちたり、スポンジが地滑りを起こしたり…と失敗がつきもの。丸~いケーキをキレイな三角形に切り分けるのは至難のわざです。

包丁を温めると良いとは言いますが、温めることでクリアできるのは、クリームを包丁にくっつかなくさせることだけ。スポンジが崩れてしまうのを防ぐためには、そもそもの切り方にワザを加えるしかありません。

ケーキの上手な切り方
①ケーキの上にのってるイチゴなどのデコレーションを取る。
イチゴなどのデコレーションを最初にすべて取り外して、ケーキだけの状態にします。そのほうが、ケーキを上手に切りやすいです。

②包丁を熱湯に浸ける。
熱湯に、包丁を入れることで、包丁が温まり、切る際に、スポンジや生クリームがつきにくくなります。

③清潔な布巾で、包丁の水気を拭き取る。
刃の切れる部分に軽くチョンチョンと付け、滴る水分だけを取る。適度な温度と、適度に濡れている状態が、綺麗に切るコツです。

④包丁が冷めないうちにカットする。
包丁の側面に指をあてながら、まっすぐ水平に切り込みます 。最初のクリーム部分は包丁の重みだけです~っと垂直方向に進めます。刃がスポンジにあたったら、あとは力をぬいて、そ~っと水平にスライドさせて最後まで切ります。

⑤最後に、イチゴなどのデコレーションを切り分けたケーキの上にトッピングします。


http://matome.naver.jp/odai/2134810965870130901

僕は日常的に料理します。なので、ためしてガッテンを見てから、その後も何度かいろいろ切ってみたのですが、前後にスライドさせながら垂直方向・上下方向の力は入れずに、ゆっくり切るのがコツであるのかなと思いました。

この方法をマスターすれば、トマトもキレイに切ることができます。
スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する