12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-10-18 (Thu)
今日は雨の降る中で、学校給食食材の放射能測定を求める区民の方々が、区役所の区議会側で抗議活動をおこなっていらっしゃいました。

僕も、これまで何度か放射能測定を中野区に対して求めています。給食については、今年6月の本会議一般質問において、東京都が開始した学校給食食材の放射性物質検査のための環境整備事業に参加しないのか?という質問をしました。

中野区の回答はいつも誰に対しても同じで、「都内の卸売市場を通った安全な食材を使用している」ので測定はしないという回答です。

同じ質問を何度も繰り返しても結果は目に見えていますから、何か新しい切り口で切り込んでいかなければと思っているのですが、なかなか新たな一手が見つかりません…。

本来であれば、区民の方々が直接行動を起こさなくてもいいように、我々区議会議員が「代議士」として区民の意見を代弁していかなければならないはずなのですが、力不足で申し訳なく思っています。





区が関わるトラブルや事故や事件や裁判や和解や示談などは、僕が所属する総務委員会で報告されることになっています。今回の議会でも、何件かの報告がありました。いくつかを抜粋要約してご紹介します。

1、区立保育園児が保育の一環として公園を訪れた際、園児が集団で公園内の散歩道を走りはじめ、園児のうちの一人が杖をついて歩いていたお年寄りと接触して、左手橈骨(手首もしくは腕の骨)を骨折してしまった。

保育中の事故であり、区の責任は免れないと判断。中野区は相手方に、治療費、通院交通費、通院慰謝料、後遺症慰謝料の合計金約128万7千円を支払った。なお、損害賠償金は、特別区自治体総合賠償責任保険により全額補填される見込みである。

128万円という金額が少し気になったので、慰謝料の金額内訳について僕が総務委員会で質問をしてみたところ、通院慰謝料が約45万円。後遺症慰謝料が約70万円とのことでした。

保育園は善後策を講じたとのことです。

保育中の事故の場合、このように、区が責任をとってくれたりするんですね。

僕は中学生時代に、サッカーの授業中、顔面にヘディングされて鼻の骨を骨折したことがあります。部活は柔道をしていたのですが、頭を強く打って、記憶喪失になったこともあります(笑)今、区内で同様の事故がおきれば、区が加入している保険が下りる可能性もあるということなのかな?

被害者と加害者が直接交渉するとトラブルにもなりかねません。区立保育園や幼稚園や小中学校の授業中の事故に対しては、区が対応してくれる可能性があるということを、知っておいてもいいと思います。

2、区内自転車駐輪場の定期駐車票を偽造し、のべ3年半にわたって、不正に駐輪していた事件が発覚!さらに犯人Aからこの不正駐車票を譲り受けたBが、14ヶ月間にわたって不正に駐輪していたことも発覚!!

中野区は、Aからは3年半分の駐輪代金81700円を損害賠償してもらった。Bからも同様に損害賠償をしてもらった。

中野区が駐車票のデザイン変更をしたのに、不正駐車票は変更されていなかったことから犯行が発覚。

区は、とある方法により、不正駐輪票のチェックを強化したが、とある方法とは何なのかということはここには書きません。

3、中野自転車保管場所のドアガラスを破り、撤去・保管されていた自分の自転車を持ち帰った事件が発生。しかも、同一人物が2010年と2012年の2回、同じ犯行をした。

中野区は、11万7100円の損害賠償を受けた。

区は、防犯カメラの増設などの対応をした。

2番と3番については、悪質な犯行であるが、刑事事件にはしていないのか?という質問を、僕が総務委員会でしてみたところ、「今回に限らず、刑事事件に該当するものは刑事事件にするようにしている」というニュアンスの返事でした。

そしてもうひとつ、区が加害者になった時には100万円を超すような慰謝料を払うケースもあるし、電車のキセルをしたら3倍返しということもある。それなのに、区が被害者になった時は、実費を損害賠償してもらうだけで、罰金のようなものを請求したりできないのか?とも質問してみました。すると、「あらかじめそういう規定をつくっておかないと、罰金請求は難しい」というニュアンスの返事でした。

そう頻繁に起こるような事件ではないので、いちいち規則化するのも難しいと思うが、善処してほしいというニュアンスのことを伝えておきましたが、どうすりゃいいんでしょうね?
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する