123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-10-16 (Tue)
今月初旬、決算特別委員会の総務分科会で、中野区の平成23年度決算資料を調べていたところ、中野区役所にある売店や飲食店の賃料が載っていました。

庁舎1階喫茶コーナー 27㎡       15万6000円
庁舎2階食堂     347.53㎡      204万円
庁舎2階売店     26.19㎡    19万6800円


え~と、これって1ヶ月分ですか???

と思って資料を見ると、平成23年度の1年分でした。

ということは単純計算で、区役所1階の喫茶コーナーの家賃が月1万3千円!?んなバカな!!!
選挙前には多用していた赤文字を久々に使ってしまいました(笑)

まあまあ、家賃を安くしていたとしても、それは福利厚生の一環で、飲食物を安く提供することで、区民や区役所職員の福利厚生を果たしているんじゃないですか?という意見も、同じ委員会で別の委員の発言でありました。

たしかに区役所の食堂では、味はさておき値段は安く、職員や区民に対する福利厚生の役割をそこそこ果たしていると言うこともできそうです。

しかし、1階喫茶コーナーでは、たしかホットコーヒーが330円と、まあ高くはないけど別に安くもないというレベルです。

2階の売店も、安い家賃で借りている割には値段は普通で、ペットボトルの飲み物などは140円ぐらいするものも多く、コンビニより割高な感じすらします。

僕は、「この賃料は近隣の相場と比較しても不当に安いのではないか?自動販売機のスペースを入札にかけたら年76万5000円になったというケースもつい最近あったので、このスペースのあり方について、もっと考えるべきではないか?」というニュアンスの発言をしておきました。

区の回答としては、「今年度末に契約が切れるので、今後のあり方について検討したい」というニュアンスの、あたりさわりの無いものでした。

が…。

今日の総務委員会で、区役所2階の売店と、区役所1階の喫茶コーナーをなくして、喫茶コーナー跡地にコンビニを作るという計画が発表されました。

僕のお手柄!?

いやいや、多分タイミングがよすぎることから考えて、僕の問題提起以前から練られていた計画なのだろうと思いますが、決して悪いアイデアではないと思います。

ただ、今まで、一種の憩いの場とか休憩場所とか待ち合わせ場所とか飲食場所として使われていた1階のテーブルと椅子や、その周辺スペースが無くなってしまうのも困ります。

そこで、「コンビニができると飲食スペースがなくなる可能性があるが、いったいどうするのか?」というニュアンスの質問をしてみると、「飲食は2階の食堂でできる」というニュアンスの回答でした。

「2階の食堂が持ち込み可能なのかどうかはわからないし、コンビニ利用者の過半数は飲食物を買うはずだ。その飲食はいったいどこでしろというのか?」というニュアンスの質問を再度してみると「まだそこまでしっかり計画を練っていないので、今後検討してみる」というニュアンスの回答でした。

まだまだ今後どうなるかはわかりませんが、とりあえず現在の喫茶コーナーの家賃が月1万3千円という状態は、ヘソで茶をわかすぐらいにありえない状態だと思っていますので、その状態が解消されるのはいいことだと思います。

あとは区民の利便性が、今までどおり、もしくは今まで以上に向上するのかどうかを、しっかりチェックしていきたいと思います。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する