12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-20 (Thu)
僕は川島商店街振興組合の副理事長をしています。

僕の中では、商店街活動も政治活動の一環であるという位置づけです。商店街は単なる商売人の集合体ではなく、地域コミュニティの核として、地域になくてはならないものだと思っています。地域コミュニティが活性化されるのであれば、その手段が政治であろうと商店街であろうと町会であろうと、何でも構いません。

中野区は、公園やそれに類する憩いの場所が極端に少ない区ですから、この中野区から商店街が消えてしまったら、単なる住宅街だらけの、どこまでもどこまでも味気ない街になってしまいます。

商店街は、街に活気とかうるおいとか安心とか安全とか愛着とか楽しみとかを与えてくれます。

とはいえ、僕も中野区の区議会議員ですから、川島商店街のことだけを考えるわけにはいきません。もっと中野区全体のことを広く考えなければ。

というわけで、このたび、中野区内の商店街の連合体である中野区商店街連合会、略して区商連の青年部に入れてもらって、区商連の活動もしていくことにしました。

川島商店街で独自に始めようとしているフィルムコミッション事業に関して関心のある商店街もあるようなので、区商連の横のつながりを生かして連携をとったり、情報提供したりしていきたいとも思っています。

初仕事として、10月7日に開催される区商連 創立60周年記念シンポジウムに若手商店主代表のパネリストとして参加することになりました。全国商店街振興組合連合最高顧問の桑島さんという、商店街活動をする人にとっては生きる伝説のような人と、同じテーブルで、しかも公衆の面前で言葉を交わすことになります。

僕は頭の回転が遅いので、原稿なしで喋るのはあまり得意ではないんですが…。

初仕事だというのに、これ以上はなかなか無いような大仕事を引き受けてしまいました。僕には荷が重すぎるような気もしますが、がんばりたいと思います。



スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。