123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-07-25 (Wed)
そろそろ大吉のランドセルを買いたいと思っています。

僕が狙っているのは、去年の高級モデルの型落ち品。なので、数に限りがあるはずなので、そろそろ買っておかないといけません。

でも、ランドセルもいろいろあってよくわかりません。

たとえば、TVコマーシャルをやっている「天使のはね」というのは、商品名なのか?機能名なのか?機能名だとすれば、A社でもB社でも「天使のはね」を採用しているランドセルを発売しているのか??そもそもその機能は本当に役に立つのか??

調べていくうちにだんだんめんどくさくなってきて、「とりあえず高いの買っとけば大丈夫だろ!」みたいな気にもなってしまいます(笑)

小宮山家は本郷小学校の学区内にありますが、桃園小学校ともほぼ等距離にあります。本郷は「のびのび」してるが、桃園は「しっかり」しているという噂を聞いたことがあり、複数の父兄に確認をとってみましたが、「ああ、そう言われればそうなのかもしれない」という反応が多くありました。

となると、桃園小学校も悪くなさそうです…。中野区では学区制をとっているため、基本的には居住する学区内の小中学校に進学しなければいけないことになっています。しかし、過去の例からすると、小学校の越境はそれなりの理由があれば柔軟に認められることも多いようです。ここには具体的には書けませんが大吉もいろいろとそれなりになんだかんだあれこれさまざま特殊な事情があって、そういう状況には親としても心をとても痛めておりますし、妻や僕の通勤経路からすると桃園小学校の方が便がいいので、そういう理由で越境を申請すれば、認められる可能性は高いのではないかと思われます。

でも、今のところ、多分、本郷小学校に行く可能性が高いかな。

中野区の小学校の中には、棚のサイズが小さくて、大きなランドセルが入らないところがある」という噂も耳にしたことがあります。

ランドセルについていろいろ調べていくと、年々サイズが大きくなっており、最近のランドセルでは、「A4ファイル」が入ることがひとつの売りになっているランドセルも多くあるようです。

A4ファイルが入るランドセルと、A4ファイルが入らないランドセル、どちらが欲しいかと言われれば、そりゃ、A4ファイルが入るランドセルが欲しくなっちゃいますよね?

でも、大きなランドセルを買うと、小学校の棚に入らないかもしれない…。

というわけで、本郷小学校に直接電話をして聞いてみることにしました。

「棚のサイズが小さいので、ランドセルの革がやわらかくなるまでは、収納に苦労することがある」
「一度棚を見に来てから買った方がいいかもしれない」


と言われました。

「一度見に来い」と言われても、手ぶらで空っぽの棚を見に行っても仕方ありません。「今いる子ども達のランドセルが棚に入っている状態を見たいのですが、それは学校公開日なら可能ですか?」と聞いてみると、その通りであるようです。

桃園と本郷を比較検討するためにも、学校公開に行ってみる必要がありますね。と思って調べてみると、今月の学校公開は7月14日に終わり、次の学校公開日は夏休み明けの9月8日です。頼み込めば棚ぐらいは見せてくれるかもしれませんが、まあ、そこまでしなくてもいいか…。

でも、これが本郷小学校だけの問題ではなく、区内全域にある古い建物の小学校に共通する問題だとしたら、ちょっとこのまま放置しておくのはよくなさそうです。

子どものためによかれと思って大きなランドセルを買ってあげたのに、そのランドセルが棚にはすんなりおさまらないとしたら…。ランドセルを買いなおすわけにもいきませんし、不便な思いを6年間続けなければならなくなるかもしれない…。

そういう大事なことは、ランドセルを買う前に知らせてくれよ!というのが親の気持ちですよね。

というわけで、中野区教育委員会に、とりあえず全校調査をしてもらうことと、もしそういう小学校が多いようであれば、保育園や幼稚園を経由して入学前の保護者に状況説明のようなものをしてもらうなど、何らかの対応をしてもらうように求めておきました。

いずれ回答をいただけるはずなので、回答が届いたらまた報告します。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する