123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-06-11 (Mon)
今日は宮の台保育園の大吉のクラスの保育参加でした。

「保育参加」というのは、要するに保育参観のことです。

一応、保育に参加するという意味を含めて「保育参加」と言っているのでしょうが、ウチの保育園では、保育士のように子どもたちの世話をあれこれ焼くということは実際はほとんどなく、単に見守っていることがほとんどです。

宮の台保育園の場合、保育参加の時期が1カ月ぐらいあって、その1カ月の中から、各家庭1日だけを希望して、朝から夕方までほぼ終日参加することができます。

今日は小宮山家の夫婦と、あともう一人のママさんが保育参加でした。

子どもたちがお昼寝時間中に担任と主任の先生を交えて個別面談をしました。

大吉は、素直で、親の言うこともよく聞くし、ワガママもあまり言いません。

送迎時に、園での様子を見てみると、室内では一人で本を読んでいることが多いですし、屋外では一人で虫を探していることが多いです。「昆虫博士」と呼ばれたりもしているようです。

自宅で春子とケンカすることはよくありますが、保育園では誰かとケンカをしたり、トラブルを起こしたりすることはまず無いそうです。誰かを攻撃したりすることはなく、やさしい性格と言えばやさしい性格なので、女の子にはモテるそうです(笑)

先生は、「この年頃でいい子すぎるのもよくないと思う。今、保育園で手厚いケアが受けられるうちに、友だちといっぱいケンカしたりぶつかったりして、成長していってほしい」と言ってくれました。

単なる「いい子」扱いされてしまうのはまずいなということは、僕も常々感じていたことでした。ここだけの話ですが、大吉には、「やられたらやり返していいよ」と教えています。僕自身が感じていた課題と同じことを保育園でも考えていてくれたとわかり、嬉しくなりました。

子どもが「いい子」すぎて悩ましいというのは、我ながら贅沢な悩みだと思います。

春子は大吉とはまったく逆で、一度言い出したら聞かない強情なところがあったりするので、これをいったいどう扱って、なおしていったらいいものか、困っています。

いい子でも、そうじゃない子でも、結局子育ては悩ましいです(笑)





スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(0) | TB(1) |















管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【宮の台保育園の保育参加に行ってきました。】
今日は宮の台保育園の大吉のクラスの保育参加でした。「保育参加」というのは、要するに保育参観のことです。一応、保育に参加するという意味を含めて「保育参加」と言っているのでしょうが、ウチの保育園では、保育士のように子どもたちの世話をあれこれ焼くということは... …
2012/06/12 11:26  まとめwoネタ速neo