123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-06-08 (Fri)
本日は中野区議会の本会議一般質問で、僕も一般質問をいたしました。

下記の原稿は、下書きの原稿で、与えられた時間に対して文字数がオーバーしているため、実際はここから1~2割ほど削った原稿を読み上げたのですが、下記の原稿の方が自分の言いたいことをそのまま書いてあるので、あえて下書きを公表することにします。

最終稿を知りたい方は中野区議会HPにいずれUPされるのでそちらをご覧ください。

役所側の答弁については、いつものことながら、あまり画期的な答弁はありませんでした…。




第二回定例会にあたり、小宮山たかしの一般質問をさせていただきます。

そもそも、私が区議会議員になったのは、わが子が待機児童となってしまったことが、最大のきっかけでありました。こと待機児童に関しては、私も他人事とは思えず、私の最優先政策のひとつであると考えております。

中野区の今春の待機児童数、新定義と旧定義の両方を教えてください。

他の議員の質問にもありましたが、ここ数年、中野区の待機児童対策としては、認証保育園の誘致、区立保育室の新設、保育ママの充実など、認可保育園以外の方策によるものが目立っております。保育園の根拠法であります児童福祉法24条によると、保育所以外の場所での保育は、やむをえない事由のある場合に限られており、専用の庭があって、保育費も安い認可保育園を望む保護者が多いのは当然のことであります。中野区での、認可保育園の充実による待機児童対策方針についてお聞かせください。

中野区の待機児童数は、どちらかと言えば南中野地域の方が多い傾向があります。新しい中野をつくる10ヵ年計画第二次によりますと、朝日が丘児童館、弥生児童館、南部すこやか福祉センターなど、南中野地域だけでも複数の区有施設が、将来的に廃止され、売却される計画になっています。南中野地域に限った話ではありませんが、区内全域で、こうした売却予定の区有施設を、保育施設に転用して活用していくことはできないでしょうか?


次に、放射能汚染対策について質問をさせていただきます。

福島第一原発事故は未だに収束しておらず、今後も引き続き警戒が必要であります。中野区では、新宿区百人町の東京都健康安全研究センターの測定値を参考にするので、中野区内での測定はしないという立場をとっております。しかし、放射線はその特性上、まだらに広がる場合も多く、たとえば一箇所の公園内でも、線量の高い場所と低い場所があったりします。新宿区のある一点が安全だからといって、中野区全体が安全であると言い切れるものではありません。これまでも多数の人が求めてきたことではありますが、あらためて、中野区も、独自の、定期的な放射線量測定をするべきであると求めますが、いかがでしょうか?

中野区では、これまで定期的な測定はしてこなかったものの、1年前の6月末に、1度だけ、試測をおこなったことがありました。区のホームページによると、「放射線の測定については、広域的・継続的、かつ十分な精度管理に基づいた対応が必要である」と、継続的な対応と、十分な精度管理が必要であることに言及をしております。1年前の6月に試測した数値が、1年後の今、いったいどうなっているのか?高くなっているのか低くなっているのか、安全なのか危険なのか、そういったことを客観的相対的科学的に判断するためには、継続したデータの蓄積が必要となります。

前回の試測から、すでに1年を経過しようとしております。前回の測定で使用した機器は、東京都から貸与された「DoseRAE2 PRM-1200」という機器でした。私も同じ機器を、個人で2台所有しているのですが、そのうちの一台は、充電機能に問題が発生したため、交換をしてもらったということがございました。中野区は「十分な精度管理」が必要であるということを言っています。であれば、いざという時にすぐに使えるように、せめて1年に1回ぐらいはた充電をして、計測数値の正しさを確認して、機器のメンテナンス、つまり「十分な精度管理」をしておくことも大切なことです。

以上申し述べましたように、データの蓄積、過去の数値との比較、そして機器のメンテナンスのために、あらためて区内放射線量の再試測をするべきではないでしょうか?

最後に、他の議員の質問にもありましたので簡潔にいたしますが、東京都が学校給食食材の放射性物質検査のための、環境整備事業を開始しました。区として、この事業を活用し、検査申し込みをする予定はありませんでしょうか?


次に、中野区を南北につなぐ公共交通機関の整備について質問をさせていただきます。
現在、中野区を東西につなぐ公共交通機関は多数ありますが、中野区を南北に一本でつなぐ公共交通機関は、大江戸線がわずかに中野坂上と新エゴタをかすめている程度です。

たとえば、新中野在住の私が、子どもを連れて哲学堂や平和の森に遊びに行こうとすると、中野駅でバスを乗り継がなければなりませんので、往復のバス代だけで820円もかかってしまいます。

また、私は中野区の南端の川島商店街というところで商売をしています。区内に同じ業種はなく、我ながらいいものを安く提供しているんですが、中野駅の北側からウチのお店に来るためには、やはり、往復で820円のバス代がかかってしまう。

往復820円のバス代をかけて区内を南北に移動するよりは、電車に乗って、往復300円程度で新宿まで行ってしまう。これはもう人として仕方のない選択であると思うんです。

こうして、新宿区やその他の地域が栄え、中野区内での経済交流、人的交流は分断されている。これまで、こうした状態が長年続いてきました。

文字通り、区民のこころをひとつにつなぐために、中野区を、南北に、一本でつなぐための公共交通機関が必要であると私は考えます。
公共交通機関であり、南北移動の料金が安く抑えられる乗り物であれば、その手段は問いませんが、既存の交通手段と、路線を使ったもっとも現実的な方法として、たとえば、現在、中野区の北側だけを走っているコミュニティバス「なかのん」の路線を、南側まで延長してはいかがでしょうか?



次に中野区公式ツイッターの運用についてお伺いします。

第4回定例会での一般質問でも取り上げましたが、中野区のツイッターは、昨年11月1日の立ち上げ以来、30回しかつぶやいておらず、5月中にいたっては一度もつぶやきが無いまま現在にいたっております。中野区は公式ツイッターの運用をやめてしまったのでしょうか?

中野区の公式ツイッターは「主に防災に関する緊急情報や、ホームページ掲載の注目情報」をツイートすると、これまでの複数回の質問でご答弁いただきました。私が第一回定例会で、凶悪犯人逃走中などの緊急事件情報も流してはどうかとお尋ねさせていただきましたところ、「その他の情報を頻繁にツイートすることは考えていない」というご答弁でした。
しかし実際の運用を見ますと、「拳銃のようなものを持った可能性のある男が逃走中なのでご注意ください」というツイートがされていたり、「ブリヂストンサイクル株式会社が販売した自転車に装着している丸型ステンレス製のかごの最上部枠の線材に、放射性同位元素が混入しているものが見つかりました。ブリヂストンサイクル株式会社は、自転車バスケットの無償交換をしています」というツイートがされていたり、また、その一方で、5月3日に中野区で発令された洪水警報についてはツイートされていません。

注意報は時々発令されますが、警報というものは、今年度になってまだ二回しか発令されていないもので、これは明らかに、中野区が言うところの「防災に関する緊急情報」であります。5月3日、連休中の休日に、防災情報を出せる体制が本当に整っていたのかどうかも気になるところです。

ツイッターの情報というものは、ひとつひとつはとても軽いものです。なので、数多く情報を出すことと、日々のツイートを通じて数多くの人にフォローしてもらうことが重要です。私自身は、区民にとって大切な情報は、それなりに吟味してセレクトした上で、何でもかんでも流してしまえばいいと考えているのですが、中野区の見解をあらためて教えてください。

ツイッターと同じソーシャルネットワークの活用という観点から、フェイスブックの活用についてもお伺いさせていただきます。

日本でのフェイスブック利用者数は、昨年1千万人を突破いたしました。個人的な感想ではありますが、最近、社会の第一線で活躍するビジネスパーソンを中心に、フェイスブックを活用する動きが広がっていると感じることも増えてきました。また、外務省・文部科学省・財務省防衛省など、官公庁でもフェイスブックページを持つところが増えてきてしました。

フェイスブックのいいところは、何といってもタダであるということ、そして相互交流が可能であるということです。
中野区では、パブリックコメント・住民説明会・意見交換会などの形で、区民の声を募集したり、区からのお知らせを伝えたりすることがあります。

たとえば、昨年1月、南部防災公園の意見交換会に私が出席したところ、参加者はたった6名でした。また、最近、説明会を開催したのに、参加者が一人も現れなかったことがあるなど、区民の声を聞く機会と場所が、必ずしも効果的に運営されていない場合が見受けられます。

区民と区との交流や、意見を交換する一手段として、フェイスブックを活用してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(1) |















管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【中野区議会本会議最終日。待機児童対策・放射能汚染対策・なかのんの南北一貫運行などを一般質問しました!】
本日は中野区議会の本会議一般質問で、僕も一般質問をいたしました。下記の原稿は、下書きの原稿で、与えられた時間に対して文字数がオーバーしているため、実際はここから1~2割ほど削った原稿を読み上げたのですが、下記の原稿の方が自分の言いたいことをそのまま書い... …
2012/06/10 09:11  まとめwoネタ速neo