123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-04-19 (Thu)
久々のブログ更新です!

ポリオ不活化ワクチン承認へ…マヒの副作用回避
読売新聞 4月19日(木)20時27分配信

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は19日、製薬会社サノフィパスツール(本社・東京)が今年2月に申請していたポリオ(急性灰白髄炎)の不活化ワクチン「イモバックスポリオ皮下注」の製造販売を承認しても差し支えないとする意見をまとめた。

 早ければ5月中にも正式に承認される。

 同社のワクチンはポリオ単独で用いる。不活化ワクチンはこのほか、ジフテリア、破傷風、百日ぜきとの4種混合ワクチンを2社が承認申請している。

 現在は、ポリオ予防のため乳幼児に対して生ワクチンを経口投与で接種している。不活化ワクチンは、生きたウイルスの毒性を弱めた生ワクチンとは異なり、病原性がない。不活化ワクチンの導入まで予防接種を控える動きが保護者の間で広がっていたため、厚労省は審査を急いでいた。

 生ワクチンは、手足がマヒするポリオを発症する副作用が、100万人に1・4人の割合で生じている。国内では2001年からの10年間で15件が報告されており、発症の心配がない不活化ワクチンの導入を求める声が高まっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000980-yom-sci

中野区内でのポリオ(急性灰白髄炎)予防接種は、年に2回、(2・3月、9・10月)区の施設での集団接種がおこなわれています。ポリオの予防接種は、計2回受けることがすすめられています。(不活化の場合4回程度が推奨されています)

中野区の場合、ポリオの予防接種の料金は無料です。接種されているのは生ワクチンで、経口接種です。

この予防接種で、数百万回に1回程度、ポリオが発症してしまうケースがあるそうです。

また、「経口生ポリオワクチン接種を受けたお子さんから排泄されたウイルスで、ポリオに対する免疫(抗体)をもっていない家族などが、極めてまれ(投与700万回から800万回に1回)に麻痺を起こすこと(2次感染)がある」そうです。

子どものウンコに触る機会は意外と多いですし、保育園・幼稚園で集団生活をしている場合、予防接種を受けた子から、受けていない子に感染してしまうリスクも無いとは言えません。

ついでに、昭和51年前後に生まれた人はポリオの免疫を持っている人が他の年代よりも極端に低く、特に昭和51年生まれの人でポリオの免疫を持っているのは37%程度というデータもあり、意外と二次感染リスクが高いんです。ちなみに、昭和51年生まれは今36歳です。

たとえわずかな確率であっても、ポリオ感染のリスクがあるものは避けたいという気持ちがあるのはよくわかります。これまでは、1回5000円程度の自腹で、病院が個人輸入した不活化ワクチンを接種する人たちも、少なからずいたようです。

ポリオ不活化ワクチンが記事どおり5月中に承認されるのであれば、中野区の秋の予防接種にも、不活化ワクチンを採用するべきであると私は考えます。

6月の区議会では、このポリオ不活化ワクチンの導入について質問をしたいと考えています。

(といっても僕の質問順番は一番最後なので、誰かほかの人が先に同様の質問をしてしまった場合には、何か別の質問に切り替えます。)




スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する