12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-27 (Sun)
沼袋の百観音公園の焼き芋大会に大吉と春子を連れて行ってきました。

ここでは、地域の方が、例年、公園内や隣接するお寺の落ち葉を集めて焼き芋大会をおこなっており、250名ほどの参加者がいるというお話でした。

実は、焼き芋大会開催にあたり公園内や落ち葉の放射線量を測定してほしいということで、1カ月ほど前に、僕が、直接測定に行ってきたのでした(落ち葉上の空間線量を測定してきました)。測定結果は平均して0.12程度で、現在の中野区内ではまあ標準的な数値でしたので、「とりあえず、ビックリするような数値ではありません」ということを、主催者の方には伝えておきました。

僕が子どもの頃は、家庭で出た燃えるゴミを庭で燃やしたりしていました。秋になれば、あちこちで落ち葉焚きもされていました。なので、人工的なものではないナマの火には日常的に触れていたのですが、今、大吉や春子が、ナマの火に触れる機会は、ほとんどありません。

ナマの火に触れるいい機会なので、ウチの自宅から沼袋まではちょっと遠いのですが、電動自転車に2人を乗せて、行ってきました。

行ってみると、焼き芋大会は中止というか、そもそも企画そのものを断念されていたようで、そのかわりに、子ども向けのいろんなイベントをおこなっていました。

そのイベントの報告はまた後日できればします。

イベント会場で「小宮山さん!?おめでとうございます!」と、絶世の美女に声をかけられ、「毎日ブログ見てます」と言われてしまったので、ホントはそのイベントのことは今日書くつもりはあんまりなかったんですが、とりあえずここに書いておきますね。


今日のブログは明日正午に締切りのギャップモデルコンテストについて。

GAPは、毎年キッズモデルのコンテストをしています。

ウチの子も可愛ければ応募するんですが、今の大吉はこんな感じですし、
maric1.jpg

去年の春子はこんな感じでした。

nikonikopa3.jpg
nikonikopa6.jpg

親のひいき目で見ても、これじゃ受からんだろうと思っていたのですが、この1年で春子もだいぶ可愛らしくなってきました。

hoikusankaharuko1.jpg

今年は、公式サイトに上半身の写真を送信して、必要事項と簡単なアンケートを書くだけで簡単に応募できるようなので、大吉はともかく、春子を応募してみることにしました。

今年の応募者は締切り日の今日現在で約39300人。(その後5万人弱まで増えました)

babyGap部門(0~5歳)6名
GapKids部門(6歳~12歳)4名
のモデルが選ばれて、世界的に有名なカメラマンが撮影してくれるそうです。

そして、今年はもう間に合いませんが、来年に向けて、このコンテストの傾向と対策を少し考えてみようと思います。
http://gap.co.jp/star/index.html

それにしても、このコンテストは、上半身の写真1枚だけで、当選者を決めているのでしょうか?去年は全身写真も必要だったような気がしているのですが…。2次審査とか面接審査とかいうのは、公式サイトを見る限りでは無さそうですね…。

となると、写真のクオリティがとても大事になってきそうです。

公式サイトにはこれまで応募された写真がたくさん載っているのですが、美醜はさておき、写真のクオリティが低すぎます。写真で選ぶコンテストなのですから、ピンボケ写真なんかで応募するのはもう論外・門前払いです。写真のクオリティが低い=表情や美醜がハッキリわかりにくいというだけで、僕が見たところ、半数の応募者は即落選です。

あと、写真のほかにアピールできるところといえば、一言コメントを書き込む欄がありました。

ここでは何をアピールすれば受けるのか???可愛いかどうかなんていうことは写真を見ればわかることなので、あえて可愛いと書く必要はありません。ここでアピールするべきことは、

・人見知りをしないこと。
・場所見知りをしないこと。(積極的で物おじしないこと)
・表情が豊かであること。

でしょうね。

春子の場合は写真が好きなので、「写真好きのパパがいつも撮ってくれます」と、撮影に慣れていることもアピールしてみました。

子どもの撮影は大人の撮影の何倍も大変です。審査をする人たちも、そのことはよく知っているでしょうから、扱いやすい子であることをアピールしておくといいでしょう。

初期審査で門前払いされてしまう人たちを除き、実質的な応募者は2万人。そして当選者は10人。2000人に1人ぐらいしか選ばれないことになります。学校で一番の美女・美男子を選ぶよりもさらに厳しい基準です。

GAPモデルコンテストに落選して、世界的に有名なカメラマンに撮影されるチャンスを逃してしまった方は、中野区のごく一部で有名なカメラマンが日本一安く撮影してくれますので、思い出写真館までお問い合わせください。
スポンサーサイト
| 男だって子育て | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。