12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-09-06 (Tue)
中野区の社会福祉協議会では、東日本大震災 災害支援ボランティアを募集しています。

活動地域は宮城県東松島市。中野区民でなくとも応募可能です。

下記のうち、第11期に関しては締め切りました。

1.応募条件
・心身ともに健康な18歳以上の男女(未成年は保護者の了承が必要)
・被災地でのボランティア活動への参加を強く希望される方
・現地のボランティアニーズに応じた活動を行うことができる方
 (現在は、泥かき、片づけが主なニーズですが、現地の状況により変化することがあります。)
・参加について、ご家族の了解が得られる方
・出発場所に来られる方(中野区役所東門8:30集合)

2.参加費用
 1,400円(ボランティア保険天災Cプラン保険料)
  ※すでにボランティア保険加入済みの方は参加費はかかりません。
  ※このほか、滞在中の食事や宿泊施設に泊まった場合の料金等は自己負担です。
  ※往復のバス代は当会負担となりますので、かかりません。

3.期日
  ①第11期 平成23年9月 8日(木)~10日(土) 2泊3日
  ②第12期 平成23年9月15日(木)~17日(土) 2泊3日
  ③第13期 平成23年9月23日(金・祝)~25日(日) 2泊3日

4.募集人数
   各20名

5.活動場所・内容
 宮城県東松島市
 活動内容は、ガレキの撤去、泥出しなどが基本です。参加時期や活動場所によって異なります。
現地との調整により、活動先が決定します。

6.宿泊場所・費用
 ①テント泊 ※無料・要テント持参
②宿泊施設利用 
※宿泊費は自己負担(\6,000/1日・朝夕込)、各自現地で清算してください。
※定員男性10名、女性5名まで
※他の参加者との相部屋となります。

7.持ち物、装備等
免許証、保険証、ボランティア保険加入カード、雨具、作業着、汚れても良い服
長靴、タオル、洗面道具、ウェットティッシュ等(テント・寝袋 ※テント泊の人のみ)
  ※平スコップ、粉塵マスク、ゴーグル、手袋、長靴用下敷きは、中野ボランティアセンターよ
り支給・貸与いたします。
 ※上記はあくまで一例です。その他各自必要だと思うものをお持ちください。
 下記サイト(レスキューストックヤード)に水害ボランティア作業マニュアル・持ち物例が掲載されています。http://www.rsy-nagoya.com/rsy/

8.申込み方法
 別紙参加申込書に記入のうえ、FAX5380-6027 へお申し込みください。

9.申込み受付期間
 ①第11期     平成23年9月2日(金)17:00〆切
 ②③第12・13期 平成23年9月8日(木)17:00〆切

10.参加者の選考
 参加希望者が多くなった場合は書類等により選考します。
 参加される方には、①第11期は9月3日(土)、②③第12・13期は9月9日(金)までに連絡いたします。ご参加いただけない方には連絡いたしませんのでご了承ください。

下記の条件の方は優先されます。選考に漏れた方も、次期以降の活動を依頼することがあります。
・中野区在住・在勤・在学の方
 ・被災地でのボランティア活動経験のある方
 ・ボランティア活動の経験がある方
 ・グループでの参加の方

11.問い合わせ
 社会福祉法人 中野区社会福祉協議会 中野ボランティアセンター
 〒164-0001 中野区中野5-68-7 スマイルなかの3F
 TEL 03-5380-0254 FAX 03-5380-6027
 http://nakanoshakyo.com
 (※日曜・祝日・第3月曜日は休み)

※本事業は、旅行業者が実施するツアーではありません。


学生の夏休みも終わりに近づき、参加希望者が、以前よりは減っているようです。
社協の方からも、「聞くと見るとでは大違いですから、小宮山さんも一度現地に行ってみるべきですよ」と勧められましたので、僕もスケジュールが合えば行きたいと思っているのですが、今月は議会があるし、他にも予定があるため行けそうもありません。

こうした試みは旅行代理店も含めていろんな団体がおこなっています。

東京発 ボランティアバス情報
http://www.jpn-civil.net/volunteer_bus/kanto/tokyo/

ただ、たとえば大手旅行代理店だと一泊三日で19800円程度の参加費・宿泊費がかかってしまいますが、中野区の場合は、テント泊を選択すれば参加費は1400円(宿泊施設利用の場合プラス1日6000円)なので、その差額を寄付するなり、食事代にするなり、より有効に使うことは可能です。そのため、中野区外から応募される方もいらっしゃるそうです。

都内の社会福祉協議会が、単独でバスを仕立てて運行しているケースはあまり多くないようなので、その点、中野区社会福祉協議会の積極的な活動は評価できると思います。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。