123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-07-22 (Fri)
区議会議員になりましたので、早速、

区議会議員に月15万円まで支給される政務調査費(=公金)でガイガーカウンターを買うのはアリかナシか今考えています。以前自己計測した感触では、中野区内ではビックリするような数値は出ず、どこでも低位安定でした。公式計測も不十分ながら一応始まったので、今から購入する必要あるかな?

ということをツイッターに書いてみました。

区議会議員は誰でも年間180万円の政務調査費を使うことができます。1ヶ月15万円が支給されるのですが、たとえば1ヶ月で100万円使い切っても(政務調査目的であれば)別に構わないようです。

一般区民にはその存在があまり知られておらず、まともな監査もされていないため、いろんなあやしい使い方をしている議員がいるということは過去のブログにさんざん書きましたが、今後は議会のパワーバランスを考えて立ち回らないといけなくなると思うので、あまり敵をつくらないように、本人と会っても気まずくならないように、何度も何度も同じことをここに書いて古傷を掘り返すようなことはしないでおこうと思っています。(新たに問題が発生した時は遠慮なく告発するつもりですが…)

それはさておき、僕は、以前、行政によって公式発表されている数値と、民間人が独自に計測している数値に大きな差があることを非常に心配し、借り物のガイガーカウンターで区内のあちこちを計測したことがあります。そして、どこでもたいてい低位安定の数値が出たことによって、ある程度、納得して、気が済んでいます。

自分の計測結果も行政発表とは大きな差がありましたが、それは、機種の特性や性能による差である可能性が高いことがだんだんとわかってきました。

特に、自分が借りたガイガーカウンター、アロカ社の「GM式サーベイメータ」(TGS-121)は、もともと高めの数値が出る特性があったようです。

メーカー側も、その後、この機種で測定すると高めの数値が検出されることを認めました。
http://www.hitachi-aloka.co.jp/images/product/radiation/SurveyMeters.pdf

アロカ社の製品は10万円以上する機種ですが、安物のガイガーカウンターの中には数値があまり信用できない機種もあるようです。

なので、どうせ買うなら、気軽に個人調達はできないような10万円以上の高級品を買った方がいいのかな?とも考えていました。

15万円まるまる使えるなら、低線量でも空間放射線量が測れて、エネルギー補償もできるような機種があるので、悪くはないとは思います。でも全部そこにつぎ込んじゃっていいんでしょうかね。

というご心配もツイッターでいただきました。

でも、どうせ棚ボタのような当選ですし、選挙に大金は使っていませんし、そういえば僕は区議報酬半減を公約にしていたのですから、政務調査費が足りなくなれば自腹を切っても別にいいんです。「自腹」と言っても、元は税金ですからね。

区議報酬半減を公約にしていた僕が、一千万円の区議報酬を丸々ポケットに入れていたら、それもおかしな話です。政治家が選挙区内で寄付をすることは法律で固く禁じられていますが、法律違反にはならないような形で、区民への還元を積極的にしていきたいと僕は考えています。

ホントは僕も、政務調査費でノートパソコンや携帯電話やカメラも欲しいんですが、そういうものはブログには書かずにこっそり買ってしまおうか、または使途を公開しようか、これもまた迷うところです(笑)

10万円のカメラ買っちゃダメかな?やっぱダメだよね~(笑)

他の区議会議員が政務調査費でいったい何を買っているか?政務調査費をいったい何に使っているかということは、中野区としては一般公開していません。情報公開請求があった場合のみ、公開することにしています。

しかし、杉山さんという区民の方が情報公開請求をして、その詳細をウェブにまとめてくれています。

http://nakano-seimu.tank.jp/

これを見れば、区議会議員が政務調査費を何に使っているのかがよくわかりますので、興味のある方はご覧ください。

(なお、いずれ、10万円程度のカメラを買う可能性はかなり高いと思うのですが、その場合、半分ぐらいを政務調査費から支出して、半分ぐらいを自腹で支出しようかと考えています。5万円の一眼レフカメラなら、そんなに非常識な金額ではないような気がしますし、僕の政務調査報告活動にカメラは必要不可欠ですので…)
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(9) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する