12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-02-22 (Wed)
小宮山たかしの一般質問をさせていただきます。

質問に先立ちまして、ちょうど一年前、この一般質問におきまして、私はタイケン学園のマンガアートコートの運営について質問をいたしました。

証拠がなかったのでハッキリ転貸とは指摘しませんでしたけれど、どうも様子がおかしいよということは指摘したつもりです。

結果論ではありますけれども、あの時もうちょっとキチンと対応していただいていれば、こんなことにはならなかったのになあと、私自身の力不足も含めて、後悔をしております。私もたまにはいいこと言いますので、ぜひ、前向きなご答弁をお願いいたします。

さて、間もなく3月となります。3月と言えば、私の誕生日です。私は桜の花咲く3月30日に生まれました。

早生まれであったため、幼少期は同級生より劣ることも多く、劣等感やコンプレックスを感じることの多い幼少期を過ごしました。
早生まれの不利は人生においてイロイロとあるのですが、いわゆる保活、保育園への入園活動においても、早生まれは不利とされております。

たとえば、平成25年度の資料ですが、中野区の認可保育園の在園児童生まれ月別構成比データを見てみますと、2月3月生まれの子の割合は、他の月に比べて、約2.6%も少なく、認可保育園に入るハードルが他の生まれ月に比べて明らかに不利な状況に置かれていることがうかがえます。

保育園に入園できるのは生後57日以降からです。妊娠中であっても、12月初旬の入園申込はできますが、出産後、4月1日の時点で生後57日経っていなければ、入園資格はキャンセルされてしまいます。

つまり最終出産期限は2月3日となっており、それ以降に生まれる子には、応募資格さえありません。中には、「生後57日の壁を考えて、予定日より二週間以上早く、帝王切開で出産した」という区民もいます。
早生まれの子の不利は、そうした、出産日の不利だけにとどまりません。

入園審査の点数が同点の場合、納税額の多寡が大きな決め手となります。早生まれの子の保護者は、前年度フルに働いている場合がほとんどです。前年度にすでに産休や育休をとっており、通常より収入を減らしている遅生まれの保護者と比較した場合、どうしても不利になってしまいます。

また、中野区では、認証や認可外に入園し、6月に仕事復帰していれば2点、9月に復帰していれば1点の加点がありますが、保活が激化する中で、認証や認可外も早いもの勝ちで埋まってしまい、年度途中に空きのある認証や認可外は決して多くありません。

さらに、受け入れ先となる認証や認可外の保育園側でも、手間のかかる低月齢児の保育を避けたがる傾向があるようです。

こうして、認可園のみならず、認証や認可外での保活においても早生まれは不利になっており、ポイントが稼げないことから、認可への入園が翌年もまた不利になってしまう、そういうアリ地獄のような状態に、早生まれの子と保護者は置かれているのです。

行政サービスに、不公平があってはなりません。

早生まれの子が置かれている状況が不利であることを、区としてどう認識していらっしゃるのでしょうか?

たとえば、4月1日の時点で生後57日経っていない場合は、入園をキャンセルさせるのではなく、生後57日経ってから、年度途中の入園を認めるとか、

たとえば川崎市のように、「生まれ月が1か月遅れるごとに、認可外保育施設等に預けている期間と見なして1か月を加える」とするとか、

あるいは、2月4日以降生まれの0歳児専用の入園枠を、年度途中に設けるとか、
保活において、明らかに不利な状況に置かれている、早生まれの子と保護者に対する優遇・救済措置を検討されてはいかがでしょうか?

次に、遠距離通園の解消についてうかがいます。

近年の待機児童数の増加・保活の激化にともない、とにかくたくさんの園を希望するのが、いわゆる保活必勝法のひとつとなっております。

その結果、2駅離れた保育園に決定したとか、徒歩25分の園に決定したというケースが、今春もまた、区内で生まれているそうです。また、遠くの保育園に決まったので、その近くに引っ越したというケースもあるそうです。

朝の慌ただしい時間帯に、雨の日も風の日も雪の日も、時としてグズることもある幼い子を、遠くの保育園に毎日毎日何年も何年も、上の子も下の子も連れて通園することは、保護者にとっても大きな負担となりますし、仕事の効率も落ちますし、交通事故リスクは高くなりますし、災害時のお迎えなどにも支障をきたします。
また、中には、AさんはB保育園を、BさんはA保育園を利用しているが、それぞれ自宅から遠いので、AさんはA保育園に、BさんはB保育園に転園の希望を持っているというケースもあると思われます。

豊島区では、自宅から園まで直線距離で1.2キロ以上の場合の転園希望にあたってはプラス一点の加点をおこなっていますし、練馬区でも同様に、2キロ以上の場合2点の加点をおこなっています。

公共交通機関による南北の移動がしにくい中野区。マイカーの所有率が高くない中野区。エリアによっては案外坂道の多い中野区。こうした中野区ならではの特性もふまえ、豊島区や練馬区のケースなどを参考に、遠距離通園の解消に取り組むべきではないでしょうか?

次に、掲示板について質問します。昨年の11月に、私の地元の川島商店街で、東京行灯祭という大きなお祭りがありまして、私は、区内各地の掲示板にお祭り開催のチラシを貼って回りました。すると、中野駅周辺などのごく一部ではありますが、掲示板にチラシを貼るスペースがまったく空いておらず、難渋したということがありました。

たとえば昨年11月下旬、中野駅北口のガード下の区民のひろば掲示板には30枚前後のチラシが貼ってありまして、新たなチラシを貼るような空きスペースは、やはりまったくありませんでした…。

そこにどんなチラシが貼ってあったのかと言いますと、

オスプレイの配置や辺野古新基地の建設や原発の再稼働に反対する千代田区での集会の告知が複数枚
選挙制度やスウェーデンの消費者動向や日米外交に関して、千代田区や新宿区での勉強会や講演会を告知するチラシが複数枚
参加費36000円を支払って、練馬区で農業をやりましょうという、営利活動の可能性も疑われるチラシ
実に3分の1近くが、中野区の市民生活とは、間接的には関わる場合もあるのかもしれませんが、直接的な関係の薄いチラシで埋められていたのです。

しばらく時間を置いて、2月上旬にも掲示板を確認してみました。イベントごとの少ない季節なので、掲示板の余白が足りないということはありませんでしたけれども、やはり、中野区内で開催されるイベントや習い事のチラシが6割、千代田区等での政治的集会のチラシが4割と、状況は同じでした。

区民のひろば掲示板は、「中野区区民等専用掲示板」という正式名称で、中野区在住在勤在学者のみが使える掲示板であると位置づけられています。しかし、前述のチラシを貼った人たちが、本当に中野区在住在勤在学者なのか、それを確かめるすべはありません。

前述のチラシは反体制活動に関わる集会のチラシが多くありますが、たとえその内容が反体制的であったとしても、それを言う権利は守られる。「私はあなたの意見には反対だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけても守る」というヴォルテールの言葉が象徴するように、
言論の自由や、集会・結社の自由を担保するのが民主主義の原則であると私は理解しております。

しかし、区民のひろば掲示板という、区民のために設けられた限られたスペースのかなりの部分を、前述のような、区外で開催されるイベントのチラシが占めている現状はいかがなものか。この現状を放置しておいたのでは、私自身がそうであったように、本当にその掲示板を使いたい、私のような純粋な志を持つ純粋な中野区民が、使いたい時に使えなくなってしまいます。

現在、区民のひろば掲示板には、営利や選挙や宗教に関わるもの、個人や団体を支持したり誹謗したりするものは貼ってはいけないとされていますが、現行の運用ルールでは、たとえ前述のようなチラシであっても、貼り手が中野区民でさえあれば、何を貼ってもいいとなっています。

そこで、まずは、中野駅周辺などの一部だけで結構ですので、掲示板の面積を広げたり、数を増やしてはいかがでしょうか?そうすれば、どんなチラシでも貼ることができるようになります。

それが難しいのであれば、中野区やその隣接エリアを開催地や発着点とするものに限るなど、現在の掲示板運用ルールの見直しを、してはいかがでしょうか?

千代田区で開催される政治的集会の宣伝のために、中野区民のための掲示板を、中野区民が使えなくなっている。この異常事態の解消を望み、私のすべての質問を終了します。ご清聴ありがとうございました。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |
2017-02-22 (Wed)
【基本情報】
・住所:中野区南部
・子:0歳、第一子
・親:共働きフルタイム、42点
・希望園:認可1園≧認証2園>>認可>認証>認可外
・結果:認証1園入園承諾


【2017年以降保活をする方へ】

STEP1:認可に入れるか分析しよう
別の方のレポートにもあったように、保活で最初に行うべきことは
「我が家は認可に入れそうか/入れなさそうか」を見極めることだと思います。
中野区の場合、同点の世帯間での優先順位は区民税所得割額のみですので、
収入以外の要素を加味する自治体よりは予想しやすいはずです。

STEP2:認可が難しい人は素早く切り替えよう
いくら本人が希望しようとも入れないものは入れません。
認可の望みが薄いと判断される場合、次にすべきことは
「行きたい認証or認可外の入園方法・審査について把握すること」です。
認証・認可外は園ごとに入園プロセスが異なりますので、
自分自身で動いて正確な情報をできるだけ早く収集してください。
4月でも5月でも、妊娠中でも構いません。今すぐ電話してください。

STEP3:何度も電話しよう
2016年度、5月あたりは認証・認可外共に見学会の受付はまだ余裕がありました。
「余裕がある」ということは逆にいうと「すでに予約が入っている」ということでもあり、
新年度が始まったばかりですが次年度の保活は既に始まっているのです。
また秋口にならないと受付が始まらない園もあるので、
そういった園は定期的に電話して情報漏れがないか確認することも大切でした。
一方、夏を過ぎると一気に見学会すらも予約が取りにくくなります。
保活は情報戦、そして早く動いたもの勝ちだと今回痛感したので、なるべく早く動くことをオススメします。


【保活記録の詳細】

■見学受付
保育所側の新年度のバタバタが一段落する4月下旬から保活開始。
我が家は点数的にも標準報酬月額的にも認可はかなり厳しいことが予想されたため、
認証、認可外も積極的に見学する方針で情報収集&問い合せ架電を実施しました。

電話すると各園ごとに多少対応は異なるものの
・見学受付開始日/見学受付方法
・申込開始日/申込方法
を教えてくれます。
電話対応の雰囲気も大事な評価ポイントでした。
なお、問い合せに際しては妊娠中でも全く問題なかったことを補足いたします。

また同時に区公式サイトの保育所リストを印刷してチェックリストとし、
電話をかけたか、見学受付時期はいつかなどをメモしていきました。
さらに見学でもらったパンフレットやパパママ学級でもらった資料などと合わせて
専用の保活ファイルを作成して整理しました。


■見学
各園の見学はできるだけ夫婦揃って行きました。
父親母親で評価するポイントやチェックポイントが異なるためです。
その擦り合わせをする意味でも一回ぐらいは二人で見学することをオススメいたします。

母親が妊婦検診の際は父親だけで見学に行くことも何度かありました。
その場合は事前に質問事項をリストアップし、漏れがないように気をつけました。
またその場で許可を得て保育所内外観を撮影し後ほど共有の材料にしました。


■希望園以外の入園金支払
秋までで初回の問い合せや見学はひと通り終了。
その間に認可外2園に入園金(計30,000円)を支払っておき、
「育休が明けるまでにどこにも入れない状態」を回避しました。
※2園に支払ったのは先に見学し入園金を納付した園の後に、
より条件が良いと感じた認可外に出会ったためです。

結果的にその2園にお世話になることはなさそうですが、
母親が安心して育休期間を過ごすための(そして心置きなく復帰するための)必要経費として割り切りました。


■最終候補の絞り込み〜入園承諾
通園可能な範囲に1園を除きめぼしい認可がなかったこと、
母親がフルタイムで復帰することから融通の利く認証の方がむしろメリットが大きいことから、
第一希望は自宅最寄の認証2園となりました。
そのうちの認証1園から入園承諾をいただき、認可も無事(?)落選したことにより我が家の保活は無事終了しました。


【参考にしたwebサイトリンク集】

夫→妻に送ったメールをそのままお送りします。
小宮山さんに関することもそのままです笑

ーーメールここからーー

もう知ってる情報あるかもだけど、中野区の子育て情報まとめ。
参考にしてるサイトなどあれば教えて。

中野区子育てナビ
http://tokyo-nakano-city.mamafre.jp/
中野区が運営するサイト。
保育園の情報とか区の公式サイトの中から1ページずつ探しだして読んでたけど、
このサイトにリンクがまとまっていて分かりやすい。
(ただ最終的には区のサイトに飛ばされる笑)

ファミリー・サポート事業
http://tokyo-nakano-city.mamafre.jp/archives/service/family-support-center/
保育園の送迎が間に合わないときの保険として。
一時間800円でサポート会員の自宅で預かってもらえる。
細かい規則は自治体によって違うみたい。
屋外活動の制限とか車の送迎の可不可とか食事は保護者支給のものしか与えられないとか。


東京都福祉サービス第三者評価
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/hyoka/hyokatop.htm
都の事業として公益財団法人東京都福祉保健財団が運営するサイト。
そこに第三者機関が調査した福祉サービスに関する評価が年度ごとに公開されている。
.htmlじゃなくて.htmなんだね。

サービス分類:子ども・ひとり親
サービス種別:認可保育所、認証保育所A型・B型、認定こども園
地域:中野区
でソートしたページ
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/controller?actionID=hyk&cmd=hyklst&S_MODE=service&SVCDBR_CD=22&STEP_SVCSBRCD=031&STEP_SVCSBRCD=032&STEP_SVCSBRCD=332&H_NAME=&J_NAME=&DISP_YR=&SVCDBRCD=&SCHSVCSBRCD=&SVCSBRCDALL=&NAME=&AREA1=&AREA2=&AREA3=&HYK_YR=&SCHHYK_YR=&HYK_ID1=&HYK_ID2=&HYK_ID3=&HYK_ID4=&HYK_ID5=&JGY_CD1=&JGY_CD2=&JGY_CD3=&JGY_CD4=&JGY_CD5=&MODE=multi&ROW=&MLT_SVCSBR_CD1=&MLT_SVCSBR_CD2=&MLT_SVCSBR_CD3=&MLT_SVCSBR_CD4=&MLT_SVCSBR_CD5=&MLT_SVCSBR_CD6=&MLT_SVCSBR_CD7=&MLT_SVCSBR_CD8=&COLOR_FLG=&COLOR_HYK_ID=&BEFORE_FLG=&TELOPN001_NO1=&TELOPN002_NO1=&TELOPN003_NO1=&TELOPN001_NO2=&TELOPN002_NO2=&TELOPN002_NO3=&TELOPN001_NO3=&TELOPN003_NO2=&TELOPN003_NO3=&MLT_AREA=13114
各園に実際に通わせている保護者のレポートが読めてすごく参考になる。
あとURL長過ぎ。


産後がはじまった
http://konagona1050.hatenablog.com/
個人ブログ。0歳児で認証園→1歳で認可園に転園できた人。
本人曰く「認可園に通う権利を金で買った」。
ふつうに文章がおもしろいので読み物としてもアリ。

「保活」はマジでクソ
http://konagona1050.hatenablog.com/entry/2015/04/22/124750
上記ブログを見つけるきっかけになった記事。
クソな理由第三が参考になります。



中野区議会議員 小宮山たかし ベビー用品&子ども服リサイクルショップ 思い出洋品店&思い出写真館店長ブログ
http://nakano1188.blog10.fc2.com/
川島商店街で子ども用品のリサイクルショップを営み、現役中野区議員・小宮山さんのブログ。
中野区の子育て支援とか行政の問題点とかこれを読むとわかる。
中野区の保育園入園手続きはこのブログが一番詳しいと思う。

中野区保活講座2016 ~初級編~
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-entry-1745.html
初級編とあるけど中級編も上級編もない。*小宮山注 誰も気づいてないと思ってました(笑)
しいていうなら次のリンクが続編。

保育指数が20点台でも、保育園に入れる裏技が実はあるんです。
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-date-201510.html
どちらかというと番外編?
上記2エントリは2015年秋の投稿。*小宮山注 2015年なので、一部の情報が古いです。

2015年度保活を振り返って「これを言っておけばよかった」という反省など
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-entry-1752.html
これが中野区保活事情の最新動向かな。

ーーメールここまでーー

皆様の保活が親子にとって実り多きものになるようお祈り申し上げます。


| 待機児童問題 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。