12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-10-24 (Fri)
少し前のことになりますが、新潟市の「スーパー児童館」の視察に行ってきました。
今回は公費を使っての委員会視察でしたので、FBやブログ等でキチンと報告もしたいと思います。

本来の目的は「スーパー児童館」だったのですが、それと隣接していた「動物ふれあいセンター」もなかなか興味深い施設でした。
niigata2.jpg

ちなみに、中野区の近隣区では、渋谷区立施設でポニー乗馬がほぼ毎日できるほか、板橋区立の動物園が板橋区内2カ所にあります。

sibuyapony3.jpg
sibuyapony1.jpg

渋谷区のポニー乗馬については下記をご参照ください。
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-entry-1124.html
http://nakano1188.blog10.fc2.com/blog-entry-1111.html

ちょっと話はそれますが、板橋区内には区立の動物園、つり堀、交通公園、昆虫公園、ボート乗り場、絵本図書館、美術館、教育科学館、エコポリスセンター、植村記念財団・植村冒険館、郷土芸能伝承館、郷土資料館、熱帯環境植物館(ミニ水族館)、赤塚植物園、ホタル飼育施設などの区立施設があります。

中野区にある、上記と類似した区立施設と言えば、歴史民俗資料館ぐらいでしょうか?

中野区でも、かつて、江古田の森でホタルの幼虫を1000匹放流したことがあったのですが、3年連続1000匹放流して、成虫を確認できたのは各年たったの50匹という、かなり悲惨な結果に終わっています…。子どもたちに命の大切さを教える目的もきっとあったと思うのですが、それにしては命を粗末にしちゃったんじゃないかと…。
http://kugikai.city.nakano.tokyo.jp/siryo/kensetsu/pdf/2012/20120313/20120313-kensetu-14.pdf

前置きが長くなりましたが、新潟の動物ふれあいセンターについて。
ここは、動物について1、学ぶ 2、触れ合う 3、飼い主になれる という施設です。
niigata4.jpg
動物園的な公共施設は全国津々浦々にありますが、ここで特徴的なのが動物の飼い主になれるという点です。

ここでは保健所と連携して、飼い主のいなくなった犬猫を、新たな飼い主に紹介するという事業をしています。
この事業の結果、新潟市の犬猫殺処分数は、全国の政令指定都市の中でも最低クラスだとか…。

僕自身も猫を飼っていたことがありますし、地域の野良猫を捕まえて避妊去勢する「地域ネコ」活動に関わったこともあります。また、今後も、いろんなタイミングや条件が許せば、保健所等、ペットショップ以外のルートで犬の譲渡を受けたいとも考えています。

区議会議員になるまでは、「とにかくいいものは何でもかんでも作っちゃおう!」と思っていたのですが、実際区議会議員になっていろんなことが見えてくると、やはり、限られた税金の使い道についての費用対効果をしっかりと検証して、優先順位を考えながら、使途を決めなければならないと考えるようになりました。

でもね、命の大切さとか、子どもたちの未来とかっていうのは、費用対効果では測れない問題だと僕は考えています。新潟市とまったく同じ取組を今すぐ中野区でおこなうことは困難だとは思いますが、中野区でも何かできないか?僕自身にできることはないか?引き続き考えていきたいと思います。
niigata1.jpg
niiigata5.jpg
スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。