123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-09-30 (Mon)
どうして、僕のひそかな楽しみであった別荘探しの記事なんて書いたのかというと、実は昨日、「金谷ベース」という、クリエイターを中心とするコミュニティスペースを運営している人に出会ったからなのでありました。

http://kanayabase.com/

このプロジェクトは、

まちの中心にある10年間放置されていた旧ホテル&フラワーハウスを

活動の場を求めているアーティストや、二拠点生活を試みたいクリエイターたちの

シェアアトリエ&coworkingスペース“KANAYA BASE”に生まれ変わらせ、

“まちおこしの拠点”にしようとするものです。

kanaya.jpg

アーティストやクリエーターだけでなく、

老若男女関係なく、

金谷に住むヒト、訪れる全てのヒトが、

つどい、つながり、つくることを通して、

人がもつ知恵や技術が継承され、循環していく

持続可能なコミュニティを目指ています。



kanaya2.jpg


地域で採れた穀物を地域で賄うことや

地域で仕事をつくり地域の人で仕事をまわすことや

地域の特性を活かした地産地消型のエネルギーをつくりその地域で消費することや

国や自治体に頼りすぎず、

自分で出来る事を増やしながら、

自分と次の世代の暮らしについて考える事で、

持続可能な社会が作り出せると考えます。





こういった思いを実現させるため、

まずは移住や二拠点など金谷に滞在する人を増やし、

人が集うコミュニティを形成するため、

様々なイベントやプロジェクトを行なっています。




今後は、KANAYA BASEをコミュニティの中心とし、様々な取り組みをおこなっていきます。


僕も、20代後半の頃には、人生をかけて真剣にアーティスト活動をしていたことがあります。いろいろとヨゴレれてしまった今でも、こういう若いクリエイターとかのピュアな気持ちには共鳴するところがあります。

知る人ぞ知る目黒のクラスカみたいにオシャレすぎると、人種が違う感じがしてしまうのですが、金谷ベースにはそういうとっつきにくさも感じませんでした。

でも、そもそも金谷ってどこよ?地名?人名?何それおいしいの状態です。

kanaya3.jpg

金谷があるのは千葉の富津市で、最寄駅は浜金谷駅。

路線検索をすると、鉄道や高速バスを乗り継いだり、特急を使ったり、いろんなルートが出てくるけれど、東京駅からの運賃は1880~2790円程度で、所要時間は1時間40分~2時間20分程度。

ところが、路線検索には出てこない裏技で、もっと安く行けるんです。

新宿~品川経由~京急久里浜 950円

京急久里浜から東京湾フェリーで金谷まで640円(往復割引適用)

片道合計1590円。所要時間は乗り継ぎ時間を考えなければ2時間程度。

フェリー船に乗ることができるのは、子ども達にとっては単なる移動手段ではなく、レジャーとしても楽しめるのではないでしょうか。


ちなみに、中野坂上のニコニコレンタカーなら、1万円で2日間借りることも可能です。
http://www.2525r.com/store-00646-002.php

で、ここ金谷ベースに、一昨日、古民家を利用したゲストハウスができたそうです。一泊いくらなのかはわかりませんが、たしか、素泊まりで2000円程度と聞いたような気もします。

その古民家利用のゲストハウスに宿泊する以外にも、いろんなプランがあるようなのですが、付近の民宿を利用した場合でも、豪華料理コースで一泊1万円強のようです。

http://kanayabase.sakura.ne.jp/blog/kbgashukutry/

http://kanayabase.com/blog/news/colemancamp/
キャンプ用品のレンタルも安くできるのですが、9月10月は予約でいっぱいといいますから、人気あるようですね。

海があって、山があって、自然があって、中野区からもそんなに遠くなくて、宿泊も高くないし、交通費もほどほど。

近くにマザー牧場がある程度で、特別何があるというわけではないようですが、そういうなんでもない海とか山とかの自然と触れ合える機会って、中野区の子どもにとっては結構貴重なんですよね。

これから先しばらくは七五三撮影や年賀状撮影の繁忙期になってしまうのですが、近いうちに、子どもを連れて、金谷ベースに行ってみたいなと思いました。

移動費と宿泊費を抑えることができれば、コストパフォーマンスが悪い別荘を持つ必要ってあまり無いんだよね。

中野区の子ども達を金谷に連れて行くというイベントとかも、企画すればできるんじゃないかなあ?
いろいろ夢がひろがりんぐです。

スポンサーサイト
| 中野区をどげんかせんといかん! | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。